逆くしゃみ?
ティアラはたまに、鼻をすするような行為をするのだ。グゥジュウ~~~。って!凄く苦しそうなんだよなぁ。先生曰く逆くしゃみだとか。
ここで逆くしゃみを説明しよう(先生からいただいた資料)

■症状■
逆くしゃみの特徴は、10秒間から2分間くらいにわたって、大きな音をたてて無理矢理息を急激に吸い込み続けることです。この発作は散発的に起こるもので、いつ起こるか予測することはできません。犬の場合は、発作が起こると、頭を前に伸ばして、その場に立ち尽くします。この病気がある犬は、発作を起こすことを除けばまったく正常そのものに見えます。発作の現場をまのあたりにすればちょっとうろたえるでしょうが、ペットが意識を失ったり虚脱状態になることはありません。この症状がみられる犬の多くは、生涯を通じて発作を起こし続けます。
■治療上の注意点■
1.発作がそう頻繁には起こらず、また、発作の起こり方にも規則性がないときは特に治療をする必要はありません。
2.家庭で行った治療法のうちで効果があったと報告されているものは、喉をマッサージすること、鼻に息を吹き込むこと、胸部を軽く素早く圧迫することなどがあります。
う~ん。やっかいな病気になったもんだなぁ。夜中にも苦しそうに鼻をすすってるときがあるけど、先生はそんなに気にしなくてもいいって。。。
気にするわっ!!!

おすすめの記事