クッション
(ティ「あぁ~!これ懐かしいぃ!」
お~!覚えてたぁ~~!このクッションは、実はティアラが子供の頃に使っていたものとまったく同じなのだ!当時はよっぽど気に入ったのかほとんどこのクッションの上で寝ていた。久しぶりに家具センター?のニ○リに行ったんだけど5年前と同じクッションがまだ売っていたのである!思わず2個買っちゃったー^^ティアラはこのクッションを見た瞬間佐藤琢磨もびっくりのスタートダッシュを見せクッションを陣取ったのである!覚えてたことにちょっと嬉しくなったアステカでした^^

コメント一覧
  1. より:

    お薬、気になりますね。
    私もアステカさんと同じように考えて、悩むかもしれません。
    それでも、そのお薬に効果があるのなら・・・
    やはり私も、『フェレット君のお母様』と同じように薬を取り寄せると思います。
    フェレット君は大変残念な結果になってしまったけれど、お母様の行動をこうしてアステカさんの文章から知るだけでも、『本当に心から愛されていたんだなぁ』って感じます。
    それだけで『全てが幸せで丸く収まる』なんて絶対に思わないけれど、そのお母様の愛情を窺い知ることが出来ただけでも、私には今回の事が大きな意味を成す気がしてなりません。
    ここはアステカさんのサイトですけれど、私にもこの場えお借りてお祈りさせてください。

  2. shino0411 より:

    私も同じ立場だったら効くかも?って薬は医者の判断でオッケーをもらったらすぐ試してみるかもしれない。自分が極貧になってもやはり。。。って思います。みんな我が子が可愛いのは同じだし、自分が変われたら、なんぼもいいのになぁって思いますよね。う~ん。憎き病気・・なくなってしまえばいいのに・・

  3. アステカ より:

    ★Aさん★
    そうですね。気になるのはたしかです。でも、今はフェレット君のママが少しでもショックから立ち直ってもらえることを祈ります。

  4. アステカ より:

    ★shino0411さん★
    巨大食道症のわんちゃんを家族にもつ飼い主さんは、ほとんどの人が薬で効果がなかったと言います。我が家は、病気発覚以来、いまだに薬を飲ませているけど、効果のほどはわかっていません。薬を飲むのを止めたら、吐出がひどくなるかもしれないし。薬漬けになるのは可哀相だけど、いろんな可能性を信じたいんですよね。

  5. うい より:

    こんばんは~。
    巨大食道症で亡くなったフェレット(みーちゃんっていうんです)の事、記事にしていただいたんですね。
    ありがとうございます。
    薬の件ですが、今日みーちゃんママさんから情報を貰いました。
    2種類(西洋医学とホメオパシー)あります。
    一番手に入れやすい所で西洋医学のほうですが、こちらは犬用で実験段階だそうです。
    「抗コリンエステラーゼ剤」↓を見てください。(こちらは動物病院でもあるか取り寄せできるのかも、とのこと)
    後天性重症筋無力症罹患犬に-られた胸腺腫および多発性胸腺嚢胞(短報)
    http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/03_Journal/abstract-j/64-07j.html#Anchor-46919
    長くなりましたので、一度送ります。

  6. うい より:

    こんばんは~。
    先程投稿してみたのですが、どうも長すぎて^^;
    フェレット君のママさんから早速情報を貰いました。
    みなさんのお役に立つならと。何文字なら大丈夫なのかな?
    薬の名前は「抗コリンエステラーゼ剤」
    これは動物病院にあるか取り寄せできるかもとのこと。
    効果のほどはこちらを見てください。
    http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/03_Journal/abstract-j/64-07j.html#Anchor-46919
    補足があれば後でします。一度送ります。

  7. うい より:

    続きです。
    次はホメオパシーです。
    友人のメールをそのまま載せます。
    「材料は、健康な牛などの食道とのことでした。
    nrx vomica-homaccord これは毎日一度
    oesophagus suis-injeel と coenzyme compositum これは週二回
    食道筋の重度麻痺または完全麻痺の場合
    plumbum metallicum injeel 毎日一度
    土曜処方されたものです。
    治療期間は23ヶ月とあります。」
    ホメオパシーは2種類?ありまして、イギリスとドイツに別れます。
    今回のホメオパシーはドイツホメオパシーです。
    取り寄せに時間がかかったそうです。
    治療期間が長いので即効性はないのかもしれません。

  8. うい より:

    またしても続きです。
    ドイツホメオパシーについてはこちらへ問い合わせてみてください。
    http://homepage3.nifty.com/japan-heel/index.html
    問い合わせフォームがありますので、そちらから。
    質問は有料(以前は有料で1000円かかりました)になると思いますが、とても親切に教えてくれます。
    今回友人に処方したのはホメオパシーを扱っている動物病院で取り寄せたそうです。(取り寄せに時間もかかったとのこと)
    ですので、同じ物が取り寄せできるのかどうかは不明です。
    以上が友人からの情報でした。
    まだフェレットが亡くなって間もなかったのですが、同じ病気で苦しんでいるワンちゃん達のお役に立つならと、すぐに情報を送ってくれました。
    みなさんのワンちゃんに効果があればいいのですが。
    西洋医学の方はかかりつけ医で詳しく聞いてみてください。

  9. うい より:

    アステカさん、何度も投稿(失敗もあり)ですみません。
    情報は以上です。
    お役に立つかはわかりませんが。
    巨大食道症と戦っているみなさん、毎日大変だと思いますが、頑張ってください。
    みーちゃんママさんはみーちゃんに負担をかけたくないと言うことで、かかりつけ医の診療をやめホリスティック診療に変えました。
    そこではアニマルコミュニケーション(動物との会話)でペットの気持を聞きながらの診療をしていました。
    高額診療になりますが、一度そう言うことをやってみてワンちゃん達の話を聞いてみるのもいいですね。

  10. アステカ より:

    ★ういさん★
    こんばんは。記事にしたことによって返事を急がせてしまったかもしれませんね。ごめんなさい。でも、ありがとうございます。
    「抗コリネステラーゼ剤」検索してみました。これはもともと、人間が重症性筋無力症になったときに服用するものなのでしょうか。副作用もあるみたいだけど、実験が成功することを祈りたいですね。また、病院の先生にこの薬について質問してみたいと思ってます。
    コメントは、長くなるとエラーになっちゃうんですよね。ということで続きへ

  11. アステカ より:

    ★ういさん★
    「ホメオパシー」って凄い療法ですね!
    想像もしたことないような治療法にびっくりしてます。ママは鍼治療などを調べているときに「ホメオパシー」のことを知ったそうです。(俺は全然知りませんでした^^;)
    みーちゃんママのかかりつけの病院がドイツから取り寄せたということですよね。現在、我が家は2種類の薬を飲ませているので、主治医の先生に相談して この2種類の薬・療法のことも検討してみたいと思ってます。
    質問は有料とのことですが、是非質問してみたいです!
    ママはどちらかというとホリスティックに興味があるようで、セカンドオピニオンも視野に入れているようですが、今の先生が親切丁寧に対応してくれるので、もう少し様子をみると思います。

  12. アステカ より:

    ★ういさん★
    今回は、貴重な情報をありがとうございました。この療法を実行するか否かは人それぞれだと思いますけど、少しでも情報を得ることで選択肢の幅が広がるのは大変喜ばしいことです。みーちゃんは本当に残念でしたが、この死を無駄にすることなく、他の巨大食道症で苦しんでるわんちゃんの今後に、活かすことができたらいいです。
    どうもありがとうございました。
    みーちゃんママさんにもよろしくお伝えください。

  13. く- より:

    病院通いが続いたのと、私の後追いばかりしていた時期に、
    フラワ-レメデイ-でしたら、使ってみました。ウィスキ-のような香りで、ちょっぴり酔う感じなのかな?(1.2滴なめるだけ)効果は、、、時間が解決してくれたのか?レメディ-効果なのかは、よくわからずに、落ちついてくれたので、やめました。
    痛感します、戦いは情報戦だということも。
    アステカさんのココで、こころも身体も元気になりましょう。

  14. うい より:

    こんにちは。補足です。
    友人のメールそのまま転載します。
    「■犬重症筋無力症の自然寛解:ヒト重症筋無力症療法の評価に対するかかわり
    自己免疫性犬重症筋無力症の自然経過を、筋肉薄弱でアセチルコリン受容体抗体
    価陽性の犬53頭で調査しました。免疫抑制剤を使用せずに、抗コリンエステラ
    ーゼで治療しました。自然に臨床、免疫学的寛解が平均6.4ヶ月以内に53頭
    中47頭で見られました。自然寛解しなかった6頭には腫瘍を確認しました。こ
    の研究は、免疫療法の効果を評価するための研究に、犬重症筋無力症を使用する
    価値を疑問視するものです。」
    重症筋無力症は自己免疫性疾患で、免疫抑制剤による治療が行われま
    すが、この文献を読む限りでは、自然寛解するようですね。
    とのこと。

  15. アステカ より:

    ★く-さん★
    「フラワーレメディー」いろんな種類があるんですね。これは俺も使ってみたいな^^

  16. アステカ より:

    ★ういさん★
    補足ありがとうございます!
    約半年間で53頭中47頭に効果がみられたということですよね!これはすごいですねぇ。「抗コリンエステラーゼ」を半年間使用して、副作用がどのくらいなのかは少し気になるところですが、これほどの確率で寛解しているなら成功といってもいいかもですね!寛解ということは、継続しなければ 元に戻ってしまうのかな。

  17. うい より:

    こんばんは~。
    抗コリンエステラーゼ剤の使用で副作用が出ていますね(人間)
    http://www.power.co.jp/tm/MGOSK/files/chiryou.html
    補足で紹介した文面まだ続きがありました。
    こちらです。
    http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Lucky/4641/zyusyoukinmuryoku.htm
    まだ研究段階であるようですので、主治医に相談された方がいいような気がします。
    ホメオパシーは副作用はありませんが、巨大食道症に効果があるかは残念ながらわかりません。

  18. アステカ より:

    ★ういさん★
    こんばんは!やっぱり、難病の治療薬ですから、副作用は当然といえば当然ですよね!研究段階でもすぐに使用しなければいけない重い症状のわんちゃんもいると思います。専門的なことは先生に相談するのが一番いいですよね。
    ホメオパシーについても俺なりに調べてみます!!

コメントを残す

TIARAの関連記事
おすすめの記事