巨大食道症掲示板を作ってみました。(2006年作成時は掲示板が存在しましたが、掲示板サイトが運営を終了してしまったため、こちらに掲載しています。2018年)

 

 

当ブログには、毎日のように「巨大食道症」で検索した訪問者が訪れます。それだけ悩んでいる人がいるということです。

 

ブログにコメントを入れるのは、なかなかできないかもしれないけど、巨大食道症掲示板なら書き込めるのではないでしょうか。

 

メールもたくさんいただきますが、掲示板のほうがたくさんの人からアドバイスをもらうこともできると思います。

(もちろん、メールも全然OKっす♪)

 

相談・質問・情報交換をして、巨大食道症に立ち向かいましょう!

 

 

◆巨大食道症アンケート◆

 

【名前】

【種類】 (例 シーズー、アビシニアン、フェレットetc)

【性別】 ♂(オス)or ♀(メス)

【年齢】  才

【体重】  kg

【発病時期】 先天性 or 後天性(生後何年目に診断されたのか)

【1日の食事回数】  回

【1日の摂取量】   g

【1日の水分量】   cc

【ご飯の種類】

【栄養補助食】 与えていない or 与えている(何を与えているか。)

【与え方】

【食後の抱っこ時間】  分

【おやつ】 与えていない or 与えている(何を与えているか。)

【薬の種類】 現在何を飲ませているか。または、過去に何を飲ませたことがあるのか。

【吐出の頻度】 ○○に○回(例1週間に3回)

【対処方法】

【備考】

 

Re^1: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-05 02:48
【名前】 ティアラ

【種類】 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

【性別】 ♀

【年齢】 8才(2008年現在)

【体重】 13kg

【発病時期】 後天性 (生後5年目に)

【1日の食事回数】 2回

【1日の摂取量】 120g

【1日の水分量】 560cc

【ご飯の種類】 ウォルサム・セレクトプロテインライト (コッド&ライス)

【栄養補助食】 ニュートリスタッド・粉ミルク・牛乳

【与え方】 60gのフードに ぬるま湯を120cc入れて、ラップをして15~20分かけてふやかします。
(熱湯だとフードがビチャビチャになってしまいます。人肌ぐらいで十分です。)
テーブルに手をついて、立った状態で食べるのですが、その前に、ミルクを少しだけ飲ませて喉を潤します。
(ミルクは「森乳ドライミルク はぐくみ」を150ccのぬるま湯に対して さじ3杯)
http://www.hagukumi.ne.jp/products/hagukumi/hagukumi.shtml
立った状態で食べさせたあとは、ミルクを飲ませて流し込ませるようにしています。

【食後の抱っこ時間】 60分

【おやつ】 タマゴボーロ

【薬の種類】 ブレドニゾロン・プリンペラン・ガスター・鎮咳去痰剤

【吐出の頻度】 1ヶ月に1回位

【対処方法】 吐出中に抱きかかえたりすると誤嚥する可能性があるので、
無理に我慢させずにそのまま吐かせる。膝の上に45℃くらいにしてあげて
喉を揉む。吐出や嘔吐が続いてグッタリしているときは、獣医師と相談して、
場合によっては点滴をする。。。

[20] アステカ
編集 | △

 

 

Re^2: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-05 09:22
【名前】 クロ

【種類】 ネコ(ミックス)

【性別】 ♂(オス)

【年齢】 たぶん 1才

【体重】 800g 前後です

【発病時期】 先天性

【1日の食事回数】 5~6 回

【1日の摂取量】  50~80cc

【1日の水分量】   ??cc

【ご飯の種類】  クリニケア・リバウンド・ウォルサムの栄養サポート
今は無理ですが、ムース状のフードが好きでしたょ。

【栄養補助食】 ネコ乳にサーモンオイルを垂らして与えます

【与え方】    15㎝程の箱の上にお皿を置いて与えてます

【食後の抱っこ時間】  30分程、時間が許せば何時までも!
たまにクロが嫌がる時は10分程

【おやつ】 今は与えてませんが、少し前には牛乳ゼリーを喜んで
食べてました。口にするとすぐ溶けるのでお腹に空気が
入り難くてOKでした。

【薬の種類】 寝る前にプリンペラン・場合によって整腸剤・消化剤・食道の
炎症を抑えるお薬・甲状腺のお薬(名前がわかりません)

【吐出の頻度】 1日に1回程ですが、酷くなると5~6回にもなります。

【対処方法】 誤嚥するといけないのでそのまま吐かせ、後出来るだけ水分を与えます。
体重が少ないので、すぐに脱水症状になり命取りになりかねます。
時間が許せばすぐに皮下点滴をして貰います。

[21] クロちゃんママ
編集 | △

 

 

Re^3: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-05 22:21
【名前】 マロン

【種類】 カニンヘン・ダックスフンド

【性別】 ♂(オス)

【年齢】 1才 8ヶ月

【体重】  3.4~3.5 kg

【発病時期】 最初の病院では先天性との診断(4ヶ月の時)。今現在お世話になっている先生によると、何かを誤飲して食道が詰まっているところに食べ物を与えた為、食道がどんどん拡張してしまった、という可能性もなくはない、とのこと。

【1日の食事回数】  4回

【1日の摂取量】   a/d 1缶強

【1日の水分量】   500~600cc

【ご飯の種類】  ヒルズ a/d 缶 ウォルサム 高栄養・免疫サポート

【栄養補助食】 特に与えていない。普段の食事自体が高栄養の処方食だから。

【与え方】 a/d 缶 1/4缶にウォルサムのパウダーを小さじ1杯くらいが一回分、薬3種類と一緒にぬるま湯 or 水で溶き、サラサラの状態にする。マロンを膝の上に立たせて左手で体を支え、右手にご飯の入った小皿を持って、飲ませてやる。ご飯が液体だから、一人で食べさせるとほとんどこぼしちゃうからこの方法をとっていますが、3㌔ちょっとという軽いマロンだからできちゃうんだろうなぁ~。

【食後の抱っこ時間】 30~45 分

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】・食道の運動を助ける薬(名前忘れたっ!)
・ビタミンB剤(神経に作用するらしく、これも食道の機能回復を狙ったものらしい
・胃液の分泌を抑える薬(ガスターのようなもの。やっぱりこれがなくなると、気持ち悪そうなのよ・・・)

【吐出の頻度】 10日に1回くらい・・・かな?

【対処方法】 何かきっかけや原因があって吐出があるとは限らない。いつも通りの生活でいつも通りのご飯をいつものようにあげていても、ものすごく吐くときは吐く。「今日はダメな日」だと割り切って、胃に落ちないものは吐かせる。そんな日はご飯も気持ち控えめ、お散歩はお休み。早めに夜のご飯を終わらせて様子を見ます。。。

[23] marron
編集 | △

 

 

Re^3: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-05 22:28
【名前】 レオン

【種類】 ラブラドール・レトリーバー

【性別】 ♂

【年齢】  2才

【体重】 17 kg

【発病時期】 先天性

【1日の食事回数】 2 回

【1日の摂取量】   適当どんぶり1杯位

【1日の水分量】   適当cc

【ご飯の種類】炊飯米、玄米微粒粉、大豆微粒粉、缶詰フード 少々

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】  立ち食い

【食後の抱っこ時間】  なし

【おやつ】 たまに気が向いたら

【薬の種類】 現在過去無し

【吐出の頻度】 この1年間は無し記憶にないくらいです。

【対処方法】
1回分の食事を小皿に1口づつ、じらしながら
立ち食いしてます。
7ヶ月位の頃はおじや状態でしたが1歳あたりから
は人間が食べるくらいの硬さでも大丈夫になりました。

[24] レオンの親父 | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^5: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-05 22:45
【名前】 雷(ライ)

【種類】 ミニチュアダックス

【性別】 ♂(オス)

【年齢】  4才

【体重】  5.4kg

【発病時期】 先天性

【1日の食事回数】 2 回

【1日の摂取量】   約80g

【1日の水分量】   約250cc
適当なんではっきりした量はわかりません

【ご飯の種類】  ニュートロ ナチュラルチョイス
ラム&ライス  小粒

【栄養補助食】 与えている(ヤギミルク)

【与え方】  フードは熱湯を入れて15分位ふやかす
そこにミルで砕いたいりこやチーズをトッピング。
高さ30センチ程の台の上に置き立った状態で食事。
食後は立て抱き

【食後の抱っこ時間】 30 分

【おやつ】与えている(クッキーやボーロ)

【薬の種類】 無し

【吐出の頻度】 平均すると1週間に2、3回

【対処方法】途中で慌てたり脅かしたりすると
誤嚥の恐れがあるので
吐き終わるまで静かに見届ける

吠え続けると吐くことが多いです

[25] non | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^6: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-06 00:38
【名前】 クレオ

【種類】 シェルティー

【性別】 ♂(オス)

【年齢】  4才

【体重】  やっと10kg になりました。

【発病時期】 後天性(生後3.5年目に診断)

【1日の食事回数】  4回

【1日の摂取量】   adを2.5缶

【1日の水分量】   缶詰にも水分が多く含まれてるので220~240cc

【ご飯の種類】  最近ヒルズのad缶のみにしましたが、それまではadとカケシア(粉ミルクみたいなの)を混ぜていました。

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】  adを水で流動食にして、胃のチューブから流します。

【食後の抱っこ時間】  1分  流れる間は抱っこをして逆流しないようにしていますが食後の抱っこはチューブになってからはなくなりました。

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 デリパン(副腎皮質ホルモンの薬)
唾液をサラサラにする薬(ツブツブの)
胆嚢の薬

以上が今与えてる薬で、誤燕して肺炎になるたびに抗生剤を飲ませています。

【吐出の頻度】 3日に1回

【対処方法】  クレオは通常生活で吐出、嘔吐をしなくても唾液などを少しずつ誤燕する傾向にあるので、胃ろうチューブです。食後すぐに興奮して吠えると吐き戻すことがあるので、できるだけ静かにさせています。

とにかく、チューブを自分で抜いてしまうのでその管理が大変です。

あと寝るときに頭が低くなるとちょっと苦しそうになるので、気が付けば少し高くしてあげています。

[26] なっこ | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^7: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-06 02:46
【名前】  小雪

【種類】 W.コーギー.P

【性別】  ♀(メス)

【年齢】 6才

【体重】 11kg

【発病時期】 先天性
(検査で判明したのは2才の時)

【1日の食事回数】 3回 (吐出が落ち着いていた頃は2回)

【1日の摂取量】  120?130g

【1日の水分量】  不明cc

【ご飯の種類】 ナチュラルナース
吐出後はナチュラルハーベストアクティブ缶

【栄養補助食】 犬用クロレラ、バイタルサポート。

【与え方】    吐出が落ち着いていた頃は、
毎食2回ドライフードを食べていました。
今は吐出が続いてしまっているので、
フードをお水でふやかし潰して豆乳を混ぜたものを
脚の長い専用テーブルに置き、台に前足を置いて
立たせ食いをしています。

【食後の抱っこ時間】 夕ゴハン後に30分、就寝前に20分 。

【おやつ】  吐出が落ち着いている頃は、豚の耳や馬アキレス
デンタボーンなど…。現在は止めています。

【薬の種類】 胃液の分泌を抑える『ガスター錠』(一日1回)。
度重なる吐出と誤嚥で肺が真っ白になっているため、
肺の炎症予防に『オーレキシン』(一日2回)。

【吐出の頻度】先月後半から3?4日に1回。
(以前は3ヶ月に一回)

【対処方法】 吐出があるときは、そのまま吐かせます。
歯茎の蒼白や発熱がないかを確認して、
低血糖や低体温で震えが出てしまうときは、
吐気が止まったのを確認してから
ハチミツを舐めさせて様子を見ます。
肺に爆弾を抱えているので、発熱があるときは
速やかに病院へ連れて行きます。

[27] mina | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^8: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-06 08:43
【名前】 ジャイアン

【種類】 ブルドッグ

【性別】 ♂(オス)

【年齢】 3才

【体重】 18kg

【発病時期】 先天性

【1日の食事回数】 3回

【1日の摂取量】  235g 位

【1日の水分量】  ?

【ご飯の種類】・アズミラ(ライフスタイル・フォーミュラ ラム&バーレイ)
・アズミラ(オーシャンフィッシュ缶詰)

【栄養補助食】 与えている
・ヤギミルク
・ソリッド・ゴールド(Dザイム)消化酵素サプリ
・  同   上  (サンゴールド)消炎・鎮痛作用。
肝臓・腎臓を洗浄
・初乳
後は足腰用のサプリ。

【与え方】  アズミラのドライフードをぬるま湯で1時間かけてふやかす。
(熱いお湯などでふやかすと、フードのビタミン等が壊れてしまうためです)
ふやけたら、軽く水切りをして、缶詰と混ぜる。
一口の量が多いので、少しでも食道が伸びないように
わんこそば状態で、立たせてあげています。
その後、立たせ抱っこを20分。
ミルクは1日3回、立たせてあげて、ゲップするまで立たせ抱っこ。

【食後の抱っこ時間】 20分

【おやつ】 与えている
ヤギミルクボーロ

【薬の種類】 現在何を飲ませているか
過去に何を飲ませたことがあるのか-ガスター
プリンペラン

【吐出の頻度】 最近ほとんどなくなりました。
でも油断すると怖い。

【対処方法】 食後の立たせ抱っこは、垂直か、前かがみでさせています。
こっちが楽をして、椅子に寄りかかるとゲホゲホする事が
多いので・・。吐きそうな時は無理せず、下ろします。
落ち着いたらまた抱っこですね。食後は最低2時間は安静にさせます。
吐出したら、休ませます。

[28] ジャイママ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^9: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-06 12:54
【名前】ミュウちん。

【種類】日本猫。

【性別】♀

【年齢】5才でお星様になりました。

【体重】亡くなる2日前は1.76kg。

【発病時期】たぶん先天性。生後3年目に発症。予兆はこの1年前に。

【1日の食事回数】4~7回

【ご飯の種類】ドライフードをふやかせたものと猫缶。

【栄養補助食】クリニケア、他いろいろ試しましたが名前が思い出せず。。

【与え方】 すり鉢で擂り潰したもの。少しでも粒が残るようなものはNGでした。
台の上に器を置いて、なるべく胃にご飯が流れやすいようにしていました。

【食後の抱っこ時間】その時によって違いましたが、背中を撫でたり
優しくトントンして、なるべくゲップさせていました。

【おやつ】プレーンヨーグルト、免疫ミルクなど。

【薬の種類】最終的には、ガナトン50・タガメット(シメチジン)・ムコダインに落ち着きました。

【吐出の頻度】吐かない日もあれば、1日に3回ぐらい吐く時もありました。

【対処方法】吐きたいだけ吐かせていました。座椅子を工夫して
斜め45度ぐらいになるベッドを作りました。
ミュウちんもその方が楽だったようで好んで使ってくれてました。

[29] ちこ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^10: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-06 14:45
【名前】ショコラ

【種類】ミニチュアダックス(レッド・スムース)

【性別】 ♀(メス)

【年齢】 3 才

【体重】 4.8 kg

【発病時期】 先天性か後天性かまだ分かりません

【1日の食事回数】 3~4 回

【1日の摂取量】 150  g

【1日の水分量】 200  cc

【ご飯の種類】ウォルサム セレクトプロテイン

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】大匙2杯のお湯に50gのエサを混ぜて、30cmぐらいの台に
お皿を乗せて食べさせてます

【食後の抱っこ時間】20 分

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】名前が分からないので、調べておきます!

【吐出の頻度】1日に3~10回

【対処方法】出来るだけ食後は膝やクッションを使って、傾斜を作って、
ご飯が胃に流れるように、喉をさする。

[30] ナツキ姐サン | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^11: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-06 17:46
【名前】 バムセ

【種類】ボルゾイ

【性別】  ♀(メス)

【年齢】 2 才

【体重】  27kg (ボルゾイのメスの標準体重にはなれたようです)

【発病時期】 先天性  生後半年 頃にレントゲンで発覚

【1日の食事回数】 3 回 か、最近調子が良ければ2回。

【1日の摂取量】 3カップ強

【1日の水分量】 こちらも量った事はないですが、ふやかしてひたひたになるくらい。さらさらすぎると吐出する確率があがります。水だけでは吐くのでほとんど与えません。

【ご飯の種類】  野菜を細かく切ってご飯と煮たものとフード(ナチュラルバランス)を混ぜます。
ヨーグルト、鳥ささみ、魚を細かく砕いたもの。

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】以前は高い位置に手をつかせていましたが、腰の負担を考え、
今はオスワリでたべさせています。

【食後の抱っこ時間】  なし(オスワリのままゲップが出るまで待ちます)

【おやつ】ビスケットやジャーキーなどだいたい何でもあげます が!
食前に限りです。(おやつをゴハンで押し流すように)

【薬の種類】 発覚直後はプリンペラン&胃薬(ガスター?)
それも1ヶ月で効果がない事が分かり、それからは何も飲んでいません。

【吐出の頻度】 1週間に1、2回 (非常に波があります。全くの時もありますが続く事もあります)

【対処方法】吐きそうな時あえて食事させると落ち着く事が多いです。
吐いてしまった時はそっとしておきます。

[31] とろろ
編集 | △

 

 

Re^12: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-06 20:37
【名前】 扶希(ふき)

【種類】 猫 MIX)

【性別】 ♀

【年齢】 6ヶ月

【体重】 1.5kg

【発病時期】 先天性 (生後4ヶ月に診断)

【1日の食事回数】 多分5~6回

【1日の摂取量】 ?g

【1日の水分量】 ?cc

【ご飯の種類】 ドライフード C/D

【栄養補助食】 与えている(子猫用ミルク)

【与え方】 ドライフードはそのまま

【食後の抱っこ時間】 0分

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 飲ませていない。過去に飲ませたこともない。

【吐出の頻度】 今のところは、ゲコゲコやっても吐かない。

【対処方法】 特になし

[32] kajumamiのママ | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^13: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-06 23:29
【名前】 プリン

【種類】 ワイヤーフォックステリア

【性別】 ♀(メス)

【年齢】  3才

【体重】  6.5kg

【発病時期】 後天性(生後3年目)

【1日の食事回数】 4回 (幽門機能不全があるため)

【1日の摂取量】 120g

【1日の水分量】  約500cc

【ご飯の種類】  ウォルサム ベッツプラン セレクトスキンケア

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】  ぬるま湯250ccにフードを入れふやかして
ミキサーにかけドロドロにしてからあげています。
1日分まとめて作って冷蔵。

【食後の抱っこ時間】 3~5分
吐出や嘔吐がひどかったときは30分くらい

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 現在はなし
ひどいときにはプリンペラン

【吐出の頻度】 今日現在は1ヶ月以上吐出なし!
調子の悪かったときは1日に何度も・・・

【対処方法】 食事を4回に分けているので1回分はかなり少なめ
立たせて給餌し、食後はゲップがでるまで抱っこ。
食後しばらくはおとなしくさせてます。

[33] プリンまま | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^14: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-07 22:30
アステカさんこんにちは。
BBS開設おめでとうございます。
回答参加しますのでよろしくお願いします。

【名前】 花水木(通称ハナちゃん)

【種類】 猫 雑種

【性別】  ♀(メス) 避妊手術済み

【年齢】不明ですがたぶん10歳(保護したとき既に成猫)

【体重】  現在2.4kg

【発病時期】後天性 (2年3ヶ月前だから約7歳半ぐらいの時)

【1日の食事回数】  3から4回

【1日の摂取量】流動食で約150から180CC

【1日の水分量】流動食と別で20CC、あと皮下補液cc

【ご飯の種類 ウォルサムの高栄養免疫サポート

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】2年3ヶ月前の発病時に胃ろうチューブ設置、以後ほとんどチューブよりの灸治のみ。

【食後の抱っこ時間】  適当(だっこよりは右下にして数分以上寝かせておく)

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 ビクタス10(抗生物質)1日1回、プリンペラン錠1/4を1日2回、塩化カリウム錠1/6を1日2回(いずれも食事に混ぜる、あるいは事前に投与)

【吐出の頻度】 1日に1,2回

【対処方法】 胃にガスがたまるので随時チューブからガス排出してます。しかし仕事で留守時間があるとその間にどうしても吐いてしまうことが多いです。最近、腎機能が低下してきているせいで食べさせてもやせてきているのが悩みです(給与量は以前と変わってないのに減ってしまっている)

[34] さんどぴいぷる
編集 | △

 

 

Re^14: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-07 22:45
【名前】 タロ

【種類】 ジャーマン・シェパード

【性別】 ♂(オス)

【年齢】 5才

【体重】  約33kg

【発病時期】 後天性(生後3年目)

【1日の食事回数】  3回

【1日の摂取量】   約500g

【1日の水分量】   1.5ml~2.0ml

【ご飯の種類】ニュートロ ラージブリード

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】 お湯でふやかして揉み解したフードを少量の水で溶き、テーブルの上に食器を置き、首が下がらない状態で。

【食後の抱っこ時間】 現在はなし。過去は約20分位。

【おやつ】 与えている(ビスケット・最近ジャーキーでも少量なら大丈夫なことが判明)

【薬の種類】 過去=オメプラール・ガスモチン・胃薬
現在=なし

【吐出の頻度】 2ヶ月に1回? ほとんど吐きません。

【対処方法】 姿勢を正せて胸を撫でながら話しかける。

[37] Sachi
編集 | △

 

 

Re^15: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-07 22:51
【名前】 アースラ

【種類】スコティッシュフォールド

【性別】 ♀(メス)

【年齢】享年6ヶ月

【体重】 1.5 kg (亡くなった頃は1.2キロ)

【発病時期】 先天性

【1日の食事回数】 4,5 回

【1日の摂取量】a/d缶1/2かNRF缶1/3ぐらい

【1日の水分量 適当量(自由飲水)

【ご飯の種類】 a/d またはNRF缶

【栄養補助食】 与えていたこともあった(フェロビタ)

【与え方】  手に食事を持って手のひらから与える。少しずつなめることで少量ずつ食事がとれる。

【食後の抱っこ時間】  だっこが嫌いな猫だったのでできませんでした

【おやつ】 与えていなかった

【薬の種類】 当時はシサプリドの在庫が残っていたのでシサプリド1日3回

【吐出の頻度】 1日から2日に1,2回

【対処方法】生後2ヶ月でもらった猫でしたが、生後4ヶ月に吐出するようになり発病が判明。ちなみに親猫、姉妹猫も同時に引き取ったのですが、他の猫には発病はありませんでした。生後4ヶ月ぐらいまでは吐く回数がやや多い程度で普通に食べていました。しかし体重はこの時点で他の猫と500グラムぐらい差がついていました。
何とか成長できるようにがんばって管理していましたが、ある日激しい吐出後に倒れ意識不明に。レントゲンで裂孔ヘルニアの発症が確認されましたが意識不明により外科手術できず、1日後亡くなりました。

画像はこの子のはちょっと見つからなかったので、存命中の姉妹猫です(現在6歳)。

[39] さんどぴいぷる
編集 | △

 

 

◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-07 23:13
【名前】 ましゃ

【種類】 w・コーギー・ペンブローク

【性別】 ♂(オス)

【年齢】 1才11ヶ月

【体重】 15kg

【発病時期】 先天性 (生後半年に宣告されてしまった)

【1日の食事回数】 2 回

【1日の摂取量】  220 g

【1日の水分量】  700 cc

【ご飯の種類】  ウォルサム ベッツプラン+ヨーグルト(腸内環境改善)

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】  流動食⇒現在の病院通院から、高い所から普通に食べさせている

【食後の抱っこ時間】 0分

【おやつ】 パン

【薬の種類】 ? 毎食後、病院から調合された薬を飲んでいる
気管支拡張剤と抗生物質…等々

【吐出の頻度】  1,2回/週(食事の後半に水をあげすぎると吐いてしまう)

【対処方法】 吐き出しが続くと、食道が炎症を起こしている可能性が高いので、コルセット内側に保冷剤を入れて冷やすようにしている。
夏は、エアコンで25℃以下になるように注意している
08/1現在

[40] ましゃパパ | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^17: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-07 23:15
【名前】 アスラン

【種類】 シーズー

【性別】 ♀(メス)

【年齢】 3才

【体重】 4.3kg

【発病時期】 先天性(生後8ヶ月頃に診断)

【1日の食事回数】  2 回

【1日の摂取量】 100g

【1日の水分量】 約 200CC

【ご飯の種類】Naturaha メンテナンス ソフトモイスト

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】 立て抱きに抱っこして一口ずつスプーンで。

【食後の抱っこ時間】3分

【おやつ】  与えている(ボーロ)

【薬の種類】投薬なしです。

【吐出の頻度】 1週間に2~3回(例1週間に3回)

【対処方法】立て抱きにして背中を上から下に向かってやさしく撫でる。
(獣医師からのアドバイスです)

[41] (なお) | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^19: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-07 23:28
【名前】 柑太郎

【種類】 パグ

【性別】 ♂(オス)

【年齢】  5歳10ヶ月

【体重】  8kg

【発病時期】 先天性 (この病気だと判明したのは2年前。それまでは『幽門狭窄症と診断されていた。)

【1日の食事回数】  3回

【1日の摂取量】   120g

【1日の水分量】   適量

【ご飯の種類】  ウォルサムphコントロール(尿結石のため)以前はナチュラルバランス

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】   フードを熱湯で20分程度ふやかし、玄関の段差を利用して立たせて食べさせている。最後に少量の水を飲ませる。

【食後の抱っこ時間】  30~60分(ゲップの回数による。)

【おやつ】 ごくたまに与えている ボーロやジャーキー

【薬の種類】 現在は飲ませていない。過去には、『シサプリド』を飲ませていた。

【吐出の頻度】 3日に1回程度(季節による。冬は頻度が高い。)

【対処方法】 食後に抱っこをして、必ずゲップをさせるように心がけている。しかしどんなに気をつけていても、吐出は避けられない。吐出しそうなときは吐かせる。また過度に興奮させないように気をつけている。

[43] わかば | メール
編集 | △

 

 

Re^20: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-07 23:56
【名前】サリー

【種類】シェルティー

【性別】♀(メス)

【年齢】14才

【体重】10kgぐらい

【発病時期】後天性(生後10年目に診断されました)

【1日の食事回数】4回

【1日の摂取量】70g

【1日の水分量】470cc(フードふやかし分の水も入れて)

【ご飯の種類】ウォルサムのPhコントロール・茹でキャベツ

【栄養補助食】与えていない

【与え方】水でフードをフワフワになるまでふやかし、ヘラで潰します。そのフードの上にキャベツをのせて食べさせています。
食べ終わると抱っこをしながらお水を飲ませて胃に流し込んでいます。

【食後の抱っこ時間】5分

【おやつ】ヨーグルト(大さじ2杯)

【薬の種類】気管支拡張剤(1日に2錠)

【吐出の頻度】半年に1回ぐらい

【対処方法】食道に締まりがないので興奮すると胃に空気が入りやすく、1度胃拡張を起こしました。なので興奮はさせないよう気を付けています。

[46] こうしゃんママ
編集 | △

 

 

Re^21: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-11-12 01:48
【名前】  しおん

【種類】  イタリアン・グレイ・ハウンド

【性別】  ♀(メス)

【年齢】  4ヶ月

【体重】  1.7kg

【発病時期】 先天性、または頻繁な嘔吐による食道の炎症による可能性も。

【1日の食事回数】  2回

【1日の摂取量】   30g

【1日の水分量】   ?cc

【ご飯の種類】  ナチュラルチョイス パピー小粒 ラム&ライス

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】  お湯で完全にふやかす。座卓の上にフードボウルを置き、立った状態で。

【食後の抱っこ時間】  20~30分

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】  病気判明前にガスター錠を処方されるが、全く吐き気がおさまらなかった。

【吐出の頻度】 生後1.5ヶ月~3ヶ月は1日に3~7回。
現在約2週間なし。

【対処方法】  吐いたら落ち着くまで待ち、立たせ抱き。
震えがあるときは、とりあえずあっためる。

[55] Aya | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^22: ◆巨大食道症アンケート◆
2006-12-02 14:25
【名前】 ウェンディ
【種類】 犬 ウェルシュ・コーギー

【性別】 ♀(メス)

【年齢】 2才

【体重】 7.8kg

【発病時期】 先天性か後天性かは不明。 1才前後で発覚。

【1日の食事回数】  2回

【1日の摂取量】   170g

【1日の水分量】   ???

【ご飯の種類】 朝-ドライフード(イーグルパックのアンチョビ)
晩-馬肉などの生食+サプリなど

【栄養補助食】 ビール酵母、カルシウム、こうじ菌など
特に巨大食道症とは関係ありません。

【与え方】    食事にトッピング

【食後の抱っこ時間】  15分

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 現在飲んでいません。

【吐出の頻度】 最近、ほとんどありません
症状があったときは、一ヶ月くらい毎日数回。

【対処方法】 吐きたいときは、無理して抱っこせず吐かせます。
一番気を付けている事は、心拍数の高いときに水を飲ませ
ない事。 つまり運動した直後。
うちは、ドッグスポーツ(ディスク)をやらせていますが、
運動後30分以上たってから、水をあたえています。
なので、ドッグランなど水がいつでもすぐに飲める
ような環境なので極力行かないようにしています。

[71] ジュリーママ | メール
編集 | △

 

 

Re^23: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-01-07 01:01
【名前】 むく

【種類】ポメラニアン

【性別】 ♂(オス)

【年齢】 11才

【体重】 5.3kg

【発病時期】後天性(10才の時発病)

【1日の食事回数】 3回

【1日の摂取量】  370g缶1缶弱

【1日の水分量】  ?cc

【ご飯の種類】  ヒルズ サイエンス・ダイエット シニア(缶)

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】適量をお湯で溶いて、机に手をつかせて食べさせる。

【食後の抱っこ時間】最初は5分ぐらい缶に入れて立たせていたが、今は2分ほど

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 なし

【吐出の頻度】発病してから1年半の間、吐くことはほとんどありませんでしたが、最近また調子が悪くなり昨日、今日と1回ずつ吐いています。

【対処方法】吐きそうな時は外に出してそのまま吐かせる。

[90] むくむく
編集 | △

 

 

Re^24: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-01-31 22:27
【名前】 伊万里

【種類】 Mダックススムースヘア

【性別】 ♂(オス)

【年齢】 生後48日

【体重】  1.4kg

【発病時期】 先天性でしょう生後43日ごろ気がつく

【1日の食事回数】  4-5回

【1日の摂取量】   不明

【1日の水分量】   飲むだけ

【ご飯の種類】    アナメイト 鶏肉生ミンチ 粉ミルク 牛乳

【栄養補助食】   与えている(アナメイトインパクト)

【与え方】 ふやかしたフードとミンチなどごちゃまぜのぶちゃぶちゃご飯

【食後の抱っこ時間】  ゲップするまで

【おやつ】 与えている(時々、砕いたクッキー少量)

【薬の種類】  なし

【吐出の頻度】 1日に1回あるかないか。。。まだわかったばかりで把握できず。

【対処方法】 吐きそうになったら好きなだけ吐かせる。

[115] HOTDOGCLUB | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^25: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-03-02 23:30
【名前】 小春

【種類】 チワワ

【性別】 女の子

【年齢】 2才6ヶ月

【体重】 1.7kg

【発病時期】 先天性

【1日の食事回数】 3回

【1日の摂取量】 40g

【1日の水分量】 50ccくらい

【ご飯の種類】 スーパーゴールド フィッシュ&ポテト

【栄養補助食】 ニュートリースタッド
与えてから抵抗力が付き肺炎になりにくくなりました。

【与え方】 ドライフードを1時間くらいふやかして潰してます。前は台に      乗せて食べてましたが今は抱っこしてあげてます。

【食後の抱っこ時間】 60分くらい

【おやつ】  今はあげていません

【薬の種類】 誤嚥性肺炎になると抗生剤を飲ませています。

【吐出の頻度】 1日に2~3回の時もあれば、まったく吐かない時もあり        ます。熟睡すると逆流しやすいようです。なるべく頭を高くして寝せています。

【対処方法】 吐出して咳き込むと抱っこして落ち着くのを待っています。
息が荒くなり肺炎の状態になると抗生剤を飲ませます。

[129] カルー
編集 | △

 

 

Re^26: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-03-13 19:46
【名前】 ヘリオス

【種類】 バーニーズマウンテンドッグ

【性別】 ♂

【年齢】 7才

【体重】 44kg

【発病時期】 後天性(生後5年目に)

【1日の食事回数】  2回

【1日の摂取量】   カップ4杯

【1日の水分量】   ?

【ご飯の種類】 アイムス ラム&ライス

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】  カップ2杯のフードにお湯を200cc位入れふやかし、柔らかくなったところでさらに50ccほどの水を加える。今は4つ足状態で食べても吐出しないので、お皿をテーブル(床面から30~40㎝くらいの高さ)に置いて食べている。

【食後の抱っこ時間】  なし

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 吐出していたときは、炎症を抑える薬と吐き気止めなどが処方された。

【吐出の頻度】 現在は吐出していません。発症した時は食べるとすぐ。まだ発症してから1ヶ月ほどしか経っていないので…

【対処方法】 とにかく吐かせるしかないような…からだが大きいのでダッコしてあげられないし、足腰もあまり強い子ではないので立たせるのも限界があります。吐いたら絶食、散歩も禁止、すぐに病院へ、とかかりつけの医師に言われています。
現在、膀胱癌になってしまい、吐出もほとんどなくなったので癌との闘いがメインとなってしまいました。

[150] sun母 | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^27: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-03-18 00:29
【名前】乱丸(らんまる)

【種類】猫(Mix茶トラ)

【性別】 ♂

【年齢】 7才

【体重】 4.8kg

【発病時期】 先天性 (生後3~4ヶ月頃)

【1日の食事回数】  回

【1日の摂取量】   g

【1日の水分量】   cc

【ご飯の種類】

【栄養補助食】与えている(クリニケア)

【与え方】  食事は・・・クリニケアと言うミルクみたいな栄養補助の缶詰を、テーブルに手をつかせ立たせた状態で食べさせました。(今は粉ミルクみたいなもので、もっと良い物があるそうです。)少し成長してきたら、次に・・・a/d 缶をお湯でトロトロにし、粗めの茶漉しで漉して与えました。成長に合わせ、茶漉しで漉すのを止め、お湯の量も少なくしていきました。1才を迎える頃には、カリカリをコーヒーミルで粉にして、お湯でトロトロにしたものと缶詰にお湯を少し入れ、すり鉢で擂った物を与えていました。。。

【食後の抱っこ時間】  0分

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】1日おきにラキサトーンを与え、毛玉を作らないようにしています。

【吐出の頻度】 ○○に○回(例1週間に3回)

【対処方法】 嘔吐したら、鼻に吐出物が詰まってないか気を付けてから病院に連れて行き〔吐き止めの注射と消化不良止めの注射〕を打ってもらっています。吐き始めると、消化不良も起すみたいで、下痢になってました。。。昨年の12月頃までは・・・吐き始めると酷かったのですが。。。突然の様に、カリカリを食べ始め・・・嘔吐の回数も減ってきたのです。それまで凸凹だったカリカリから、球体のカリカリに変えたからカナ?とも思いました。

【備考】 昨年の12月頃までは・・・吐き始めると酷かったのですが。。。突然の様に、カリカリを食べ始め・・・嘔吐の回数も減ってきたのです。それまで凸凹だったカリカリから、球体のカリカリに変えたからカナ?とも思いました。この病気は、治る事は無いのだそうです。ただ・・・らん丸の場合は、〔血管輪〕が成長と共に広がったのでは?と言うことでした。でも!飼い主にとってはそれでも、治ったと同じ事です。普通に、カリカリを食べて、嘔吐しない!こんな嬉しい事はありません。

[162] ばぁや | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^28: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-03-19 17:54
【名前】  アレック

【種類】 ゴールデンレトリーバー

【性別】 男の子

【年齢】 享年12歳9ヶ月

【体重】 健康な時は40kg 以上ありましたが、ガンだったので最後は30キロをきりました

【発病時期】  後天性  ガンの末期も末期で、甲状腺の機能が衰えたことにより発症しました。

【1日の食事回数】 3回 (くいしんぼうな子だったので、元気な時と回数は変えませんでした)。
食事は、病院で購入したプロテインフードを、ふやかしてつぶしたドッグフードにまぜて与えていました。

【与え方】 実家ではこんなふうでした。イラストをご参照ください。
http://blogs.dion.ne.jp/itdkms/archives/cat_206748.html

【食後の抱っこ時間】15分程度 大事なスキンシップの時間でした。ゲップを1、2回出して、少しもどすのがひとつの目安になってました(どんどん食べたものが下にいき、胃の中に、流れていくことがわかるから)

【おやつ】 もうお年で、食べるものをなるべく制限せず与えたかったので、そのつど、流動食になるようにミキサーを使いました。とくによくあげたのは、リンゴジュースとヨーグルトをまぜたりしました。

【薬の種類】食道が荒れるのを防ぐお薬をあげていました。

[163] itdkms | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^29: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-04-04 16:04
最近少しですが改善が見られたので、
内容を変更します。

【名前】ドン

【種類】フレンチブルドッグ

【性別】♂

【年齢】1歳半

【体重】約11kg

【発病時期】1歳半で診断され、特発性と言われました。

【1日の食事回数】2回

【1日の摂取量】 200ccカップ約1杯
元気な時の1/2量になりました。

【1日の水分量】 約300cc食餌の時のみです。

【ご飯の種類】 ソリッドゴールド・フントフラッケン

【栄養補助食】 基本的には与えていません。

【与え方】ぬるま湯で15分以上ふやかし、約20cmの高さに手をついて更に少し高めに設置した食器から食べています。その後、ミルクを60CC与えます。
【食後の抱っこ時間】40分以上

【おやつ】現在は与えていません。
今まではササミ系の柔らかいものが中心でした。

【薬の種類】具体的な名前は分かりませんが、粘膜保護のシロップ薬を食前に与え、胃酸を抑える薬・抗生物質を食餌に混ぜています。

【吐出の頻度】1日1回以上、多い日は4回~8回でしたが、フードを変えてから急に減り、殆んどなくなりました。

【対処方法】吐きたい時は全部吐かせ、落ち着いたら数分抱っこしています。

【備考】元々与えていたフードは15分ふやかすと手でボロボロに崩れましたが、今のフードは同じ時間ふやかしても表面が柔らかくなるだけで、中まではふやけません。それが吐出と関係があるかは判りませんが、吐出は減りました。

[196] ふーたろう | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^30: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-04-05 03:09
【名前】 ダッシュ

【種類】  ミニチュア ダックスフント

【性別】  ♂(オス)

【年齢】  4ヶ月

【体重】  2kg

【発病時期】 おそらく先天性 (生後10週目で診断)

【1日の食事回数】  4回 (まだ子犬なため)

【1日の摂取量】   1 1/4 カップほど

【1日の水分量】   200 cc くらい

【ご飯の種類】  Chicken Soup for the Pet Lover's Soul Puppy Formula

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】  スクワットした飼い主の足に、自分で前足をかけて立ってくれるので(かなり直立姿勢)、その状態で、まず水を、その後ドッグフードを一粒一粒手から与えています。食後に再度水を与え、そのままだっこ状態へ。

【食後の抱っこ時間】 45 分

【おやつ】 与えていない (が与えたい)

【薬の種類】 なし

【吐出の頻度】 食事の方法を変えるまでは毎日5回ほど。現在は先住犬と取っ組み合いの遊びをした後に水状のものを少量吐く程度でそれ以外はほとんどなし。

【対処方法】 吐こうとしたときは、抱きかかえないで、そのまま吐かせます。水だけを飲んだときも、15分ほどだっこ。 特に食後、水を飲むときに急くので、こちらでお皿をはずしたりして、ゆっくり飲むようにコントロールしています。あとは、特に最初のころ、こちらが神経質になると敏感に反応して余計に具合がわるくなったりする傾向があったので、吐いてしまったときなどもこちらがパニックにならないよう、”はいはいー、大丈夫だからねー”とかいいながら、おおらかに対処するように心がけています。

【備考】いろいろ試しましたが、うちのワンの場合は、やわらかいご飯よりも、ドライフードのほうが反応がよいようなので、ずっとドライです。

[203] Madoka | メール
編集 | △

 

 

Re^31: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-04-23 23:02
【名前】 ヤックル

【種類】コーギー

【性別】 ♀(メス)

【年齢】 8才 と1ヶ月

【体重】 9.7kg

【発病時期】  後天性 7歳のとき

【1日の食事回数】  2回

【1日の摂取量】   120g

【1日の水分量】   700cc

【ご飯の種類】  ウォルサム(ベッツプラン エイジングケア:中高齢犬用)

【栄養補助食】 与えている(ニュートリスタット・黒ゴマきなこ・山羊ミルク)

【与え方】  プラスチックの大きめのゴミ箱の中に枕を詰めて立たせ、食べさせます。ご飯はふやかしてつぶしたもの。果物もそのときにあげています。朝は黒ゴマきなこを混ぜています。食べ終わったらぬるま湯に山羊ミルクを混ぜて飲ませ、流し込むようにしています。

【食後の抱っこ時間】 30分箱に入れたままにしています

【おやつ】 与えている(果物:バナナやいちごなど)

【薬の種類】 クラリシッド抗生物質(朝一回)
胃薬(朝・晩)
胃酸を弱める薬(朝・昼(ニュートリスタッドで飲ませてます)・晩)

【吐出の頻度】 かかった当時は一日10回位
今は半年位殆ど吐いていません。

【対処方法】食べさせ方。食べさせた後はなるべく伏せをさせないようにしています。食後に散歩に行っています。

【備考】1日3回の薬にしてからあまり吐かなくなった気がします。また、「今飲んでいる抗生物質は半年くらい飲み続けないとなかなか効いてこないと思うので続けてください。」と動物病院の医師に言われ、ちょうど半年位から吐かなくなったので、それも効いてきたのかもしれません。

[257] テラカド | メール
編集 | △

 

 

Re^32: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-04-25 14:16
【名前】 おこめ

【種類】 フレンチブルドッグ

【性別】 ♀(メス)

【年齢】 1才 10ヶ月(07年4月現在)

【体重】  7.6kg

【発病時期】 おそらく先天性
(生後7ヶ月頃から症状が出始め、診断されたのは9ヶ月の時)

【1日の食事回数】  2回

【1日の摂取量】   およそ250g

【1日の水分量】   基本的に飲ませてません。

【ご飯の種類】  手作り食(ペースト状)

【栄養補助食】  与えている(ニュートリスタッド・犬用粉ミルク)

【与え方】  テーブルに前足をつかせて立たせ、
後ろからスプーンで補助しながら食べさせています。

【食後の抱っこ時間】 1時間 ちなみにうちはおんぶです~

【おやつ】  与えている
(わかさぎを1回3等分ずつくらい小さくちぎったものやたまごボーロなどの小さなもの)

【薬の種類】 つい先日まで1年以上ずっとかかさずプリンペランを飲ませていました(汗)こちらを拝見し、止めました。

【吐出の頻度】 普段は興奮しすぎた時や体を舐めた後にむせた拍子によく戻します。頻繁ではありませんが、調子が悪く吐出が一時的に増える時期があります。

【対処方法】  水は運動の後や暑い日のような場合以外は極力与えていません。手作り食にしてから、食事から充分水分がとれるようになったのか、水を飲まなくなりました。

[259] えりか | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^33: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-06-21 11:49
【名前】アイン

【種類】Wコーギー・P

【性別】 ♂

【年齢】 もうすぐ3ヶ月

【体重】  2kg

【発病時期】 先天性 生後65日のときに診断された。

【1日の食事回数】  5回

【1日の摂取量】   60g ~70g

【1日の水分量】   ?cc サークルに給水機をつけています

【ご飯の種類】  ロイヤルカナン 幼犬用+やぎミルク30CC

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】  すり鉢ですり潰したドッグフードを大さじ2杯のぬるま湯でふやかして、立たせ食い。
そのあとにやぎミルクをあげてます。

時間のないときに手抜きしてフードをミキサーでつぶしたものを同じく大さじ2杯のぬるま湯でふやかしたものをあげたら、吐く回数と量が激増しました。

【食後の抱っこ時間】 30 分

【おやつ】 パピーボーロ

【薬の種類】 なし

【吐出の頻度】 1日4~10回かそれ以上

【対処方法】

【備考】

[347] ヤギコ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^34: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-06-29 17:05
【名前】 スニフ

【種類】 ミニチュアダックスフンド

【性別】 ♂

【年齢】 享年13才5ヶ月

【体重】 4・88kg (亡くなる当日)

【発病時期】 後天性(生後12年目に診断)

【1日の食事回数】 3回

【1日の摂取量】  大さじ2杯

【1日の水分量】  ?cc

【ご飯の種類】  レトルトフード⇒バンビーニ・ラム(マンマリゾ)

【栄養補助食】
ふりかけ⇒シャカシャカ(Kitchen Dog)
サプリメントオイル⇒オメガペット(Omega Nutrition)
有機ゲルマニウム入り天然水⇒ポチタマの水プラチナ(チヨペット)

【与え方】
レトルトフードにお湯を入れて冷汁のようにして、
ふりかけ・オイル・天然水・薬をいれ、台の上に手をかけて
立ちながら。水は横においてあるので食べ終わると自ら飲む。

【食後の抱っこ時間】15~30分

【おやつ】
スモークレバー・イチゴ・その他果物や野菜
栄養スープ(須崎動物病院)・豆乳(須崎動物病院)
フリーズドライのササミ、レバーを粉状にしたもの など
※果物・野菜は小さくカット、その他はぬるま湯で溶いて

【薬の種類】
1.ノイロビタン(ビタミンB群配合剤)
2.プレドニゾロン(神経を刺激する薬)
3.クロロマイセチン(抗生物質)
4.粉薬(粘膜を保護する薬)
5.白い錠剤1/2(粘膜を保護する薬)
6.粉薬(抗生物質)←膵臓の炎症を抑える?
※亡くなる前は3.4.5のみでした。

【吐出の頻度】 亡くなる1週間くらい前から毎食後・夜中1~2回

【対処方法】
吐いているときは無理に抱かず、ある程度落ち着いたら抱く
丸まって寝ないように気をつけ、寝起きは吐きやすいので頭を上にし
斜めになるような感じで仰向けに抱っこして少し揺らす。

【備考】 2007年6月9日(土) PM5:10 天に旅立ちました。

約1年間の闘病生活の末、亡くなる1~2週間前から病状が悪化。
気管と食道へ繋ぐ弁のような機能が麻痺していたようで、食道の状態を見ようと検査でバリウムを飲んだところ誤嚥し亡くなりました。

皮肉な事に6月24日(日)の獣医学会で
『巨大食道症の症状が進行すると弁の機能が麻痺し誤嚥を起こしやすい』と発表されたようです。

[359] zakii | メール
編集 | △

 

 

Re^35: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-07-28 07:21
【名前】たま

【種類】 ジャックラッセルテリア

【性別】 ♀(メス)

【年齢】 1才4ヶ月

【体重】5.6 kg

【発病時期】
先天的に持っていたものが、生後一年たって、現れたということです。
丁度、初めてのヒートと重なって、先天的に持っていた神経伝達の持病と一緒に発病したようです。出産希望でしたので、避妊手術をしておりませんが、次のヒートが来る前に、何とか手術を・・・と、チャンスを待っています。たまの場合、その持病自体に、ヒートの影響が悪く作用する可能性があるからです。巨大食道症を患う子にとって、全身麻酔自体が心配の種が尽きないために、タイミングを逃さないように手術をできればいいのですが。ステロイドをなかなか切ることができないのも、手術には心配の種です。

【1日の食事回数】 3から4回

【1日の摂取量】 300g

【1日の水分量】 400cc

【ご飯の種類】walthamのダック&ライス

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】発症前は、ドライフードでしたが、発症後は獣医さんの勧めもあり、必ずウエッティな缶詰もしくは、ドライフードを水分で完全にどろどろにしたものを体調に応じて、30g~100gまで調整しながら与えています。缶詰の場合も、できるだけ体温に近い温度に調整しています。グラム数に応じて、水を加え食道停留時間をできるだけ少なくするように、工夫。もちろん、立ち食いでーす。

【食後の抱っこ時間】 15~20分
ジャックですから、拘束が苦手。どうしても魚みたいにクネクネして、逃げようとします。そういうときには、お台所のお掃除しやすいシンクの壁に、無塩バターを塗り塗りします。そうすると、勝手に立っていつまでもなめています。

【おやつ】 基本的に与えていない

【薬の種類】 現在は、プレドニゾロン2.5mg,メスチノン1/4錠朝晩
神経伝達を良くするメスチノンは、腸管などの消化器の蠕動運動を促進するので
どうしても下痢傾向になります。整腸剤をご飯と一緒に混ぜて飲ませることも多いです。下痢がひどいときには、ブスコパンを1/4錠頓服で。ブスコパンは、内臓の過剰な運動を(人間ですと、胃痙攣などに効きます)抑制しますが、神経の伝達をよくするためのメスチノンと拮抗作用があり、のませるタイミングに悩みながらの投与です。

【吐出の頻度 ほとんどないです。発症当時は、毎日数え切れないほどでした。
今は調子が悪いと、咽頭の反射も悪くなって、唾液や分泌物の飲み込みが悪くなり、鼻水を垂らしていたり、顔を振ったときに水分が飛びます。口をくちゃくちゃさせているときも、食道に停留した分泌物がどうにも気分悪いようです。

【対処方法】吐出してしまったときには、静かに見守り、すばやくふき取ります。鼻から出てしまったときは、口で吸いとることもあります。聴診器は、毎日聴いていると、誤嚥性肺炎の発見にとても役立ちます。聴診自体は、とても技術と年季のいるものですが、『いつもと違う音』の早期の発見は飼い主さんでもできることです。続けていると、必ずわかります。おすすめです。

【備考】いつもと違う・・・寝る場所が違う、散歩の調子が変、顔つきが違う・・・ちょっとしたことですが、飼い主にしかわからないことが診断、治療への早道になります。躊躇せずに、かかりつけの獣医科で診てもらってよかったです。食道のガス、蠕動の悪さをすぐに見抜いたその眼も素晴らしいですが、自分で抱え込まずすぐに大学病院へ紹介をする謙虚な診察に一層信頼感を持ちました。大学病院での対応も、すばやく正確、納得の行く説明に不安が晴れていくのを実感しました。

[398] たま母
編集 | △

 

 

Re^36: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-08-31 11:31
【名前】クー

【種類】 ミニチュアダックスフンド

【性別】 ♀(メス)

【年齢】 生後63日

【体重】750g

【発病時期】
6月28日に生まれ、8月26日にペットショップにて出会い、その時から嘔吐ある。
店員の説明では食が細いから食べ過ぎると すぐ吐いてしまうから、数回に分けてあげてと言われ、
その後自宅にて少量でも毎回か吐いて3日後の29日に病院に連れて行き、血液検査、X線、バリウム造影
にて巨大食道症と判明。

【1日の食事回数】 3回

【1日の摂取量】 30CC(流動食)

【1日の水分量】 10CC

【ご飯の種類】Hillsの精製された缶詰をぬるま湯で溶かした物(現在自宅でない為、品名不明)

【栄養補助食】 なし

【与え方】ぬるま湯で缶詰を溶かした後、立たせて食べさせ、そのご直立状態でだっこしてます

【食後の抱っこ時間】 30~45分

【おやつ】 なし

【薬の種類】 炎症止めの薬(詳しい内容は不明)1日2回の粉薬をエサに混ぜて上げてます

【吐出の頻度】食後5分ぐらい~3時間の間に 5回ぐらい吐きます

【対処方法】吐いた物はそのまますぐ食べるので、食べさせてあげてます。

【備考】子犬の体で、一回のゴハンも缶詰小さじ1杯ぐらいをお湯に溶かしてあげてますが、何回も吐いて
ほとんど、胃に入っていないのかと思います。このままでは確実に栄養不足で餓死してしまう気が
します。まだ買って5日、この先どうしようかと今まさに悩んでいます。ペットショップで初めに
あの様な説明をされた以上、おそらく返品や交換には応じてくれるとは思いますが、返したら
きちんとした対応は期待されず、そのままこの子死んでしまうんじゃないかと思って、だけど
このままなら、生後3ヶ月4ヶ月でも生きるか心配です。色々なHPを見ましたが、完治や改善の
報告はあまりなく、他の方は1歳~3歳で発見されているケースが多く、立たせたまま食べさせて
その後抱っこして、それでなんとか維持しているような感じに思います。しかしこの1kgにも
満たない体で、ほとんど吐いて夜12時にご飯を上げて3時までの間に5回吐いて朝8時の段階でも
ゴホゴホいってるのをみるととてもじゃないけど、このまま成長するには不安があります。
改善、完治の可能性があるのなら正直、この子をずっと育てて生きたいですが、半年でお別れ
になったり3年でもそうですが、その時は今よりも辛い思いをすると思うとどうしていいかの
わかりません。今まさに、悩んでいます。

[440] マックス
編集 | △

 

 

Re^37: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-09-16 03:51
【名前】小太郎

【種類】フェレット

【性別】 ♂(オス)

【年齢】 享年3才7ヵ月

【体重】 亡くなる前日は1.5kg

【発病時期】 後天性(亡くなる一ヶ月前に判明)

【1日の食事回数】  5回

【1日の摂取量】   ティースプーンで5~7さじ程度

【1日の水分量】   25~40CC

【ご飯の種類】 イースター社のフェレットセレクション『テクニケア』、ヒルズa/d缶

【栄養補助食】 ゴートミルク

【与え方】ふやかしたフードをつぶしてペースト状にし、a/d缶と半々に混ぜる。
抱っこしたまま、もしくは膝の上に乗せて、ゴハンでつるように上を向かせながら食べさせる。
食べ終えたらすぐに水を飲ませて流れやすくする。

【食後の抱っこ時間】  最初30分抱っこしていたが、30分だと吐出してしまうことが多かった。 最低でも40分抱っこ。60分抱っこできれば吐出することはまずなかった。

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 アルサルミン、シサプリド、ガスター、ビタミンB群、肺炎を起こした場合にそなえてタリビットとプレドニゾロン

【吐出の頻度】 一日に2~3回、多い日は5、6回くらい

【対処方法】 誤嚥をふせぐためそのまま吐かせる。
落ち着いたら水を飲ませていた。吐き気が酷い場合には、        すぐに病院で注射・点滴を受ける。

[464] 栄華
編集 | △

 

 

Re^38: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-09-22 00:34
【名前】      バンビ

【種類】     ミニチュアダックス

【性別】     ♀(メス)

【年齢】   7歳7ヶ月

【体重】   4.6kg

【発病時期】  先天性

【1日の食事回数】   2回

【1日の摂取量】    100~200g

【1日の水分量】   ?

【ご飯の種類】     フローズンフード、ミンチ状の生肉、                         すりおろした野菜や果物、
おから、ミキサーにかけた肉類

【栄養補助食】    体調不良時にはちみつ
アウレオforペット、メシマコブ

【与え方】       高さ調節ができるテーブルで

【食後の抱っこ時間】  30~60分

【おやつ】      ヨーグルト、すりおろしりんご

【薬の種類】     無し

【吐出の頻度】    今はほぼ無し

【対処方法】     吐いてるときは動かさない。
食後の立てる角度と流動食の緩さの
コツをつかんでから吐出が激減しました。

【備考】       フードをグゥードという生食のフードに
変えたところ体重が増え2ヶ月に1度の
誤嚥性肺炎が半年に1度ほどになりました。
現在元気食欲はありますが気管支拡張の為か
咳がひどいです。

[473] ばんびママ
編集 | △

 

 

Re^39: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-09-29 03:52
【名前】BACHバッハ

【種類】 チワワ
【性別】 ♂(オス)
【年齢】 10才

【体重】 3.9kg

【発病時期】 後天性 10歳と6ヵ月

【1日の食事回数】 2回

【1日の摂取量】 80g位

【1日の水分量】 20cc位

【ご飯の種類】 半生タイプドックフード+ささみ又は鶏ムネ肉

【栄養補助食】 与えていない or 与えている(何を与えているか。)

【与え方】肉をボイルしスープは冷まして別の容器に、ドックフードと肉をミキサーで粉にし、冷ましたスープをかけて流動食にする。

【食後の抱っこ時間】15分(今は殆どしなくても良くなった)

【おやつ】 与えている
以前から与えていたビーフジャーキーをミキサーで粉にし、牛乳や鶏のスープでペースト状にして。

【薬の種類】 薬の名前は分からないけど、甲状腺ホルモンの低下を防ぐ薬

【吐出の頻度】 発病した時は1時間半毎、今は咳だけで吐出はなくなった

【対処方法】 咳をしたらすぐ抱く。とにかく抱く。それの繰り返しを続けていたら改善された

【備考】10歳でいきなり発病し治らない病気と診断され当初はお先真っ暗でしたが、バッハの場合症状が軽かったからなのか、又は薬が効いたのかは分かりませんが僅か10日で改善され、今は食事療法だけで元気なバッハになりました。
少しでも、同じ病気のワンちゃんのお役に立てば幸いです。

[479] バッハ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^40: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-09-29 21:36
【名前】 ショコラ

【種類】 シェットランドシープドッグ

【性別】 ♂(オス)

【年齢】  4才

【体重】  11,4kg

【発病時期】 後天性(4歳の夏になりました。)

【1日の食事回数】  4回

【1日の摂取量】   170g(1日4回に分けてあげています。)

【1日の水分量】   700cc(フードをふやかす水分を含めて)

【ご飯の種類】     吉岡油糧のドライフード。(悪い時はヒルズa/d缶)

【栄養補助食】    与えていない

【与え方】       フードをミルサーで粉にして、ぬるま湯をかけて、ぽってりした感じのフードを小皿に一口づつ入れてあげています。(早食いなので・・)
ケージの中に立たせるスペースを作って食べさせています。

【食後の抱っこ時間】 立たせたまま食べさせて、そのままの状態で立たせています。時間は今は10分ですが、どんどん縮めていく方向です。

【おやつ】      与えていない

【薬の種類】     現在はなし。一番ひどかった時(毎日点滴二回していた時)は抗生物質、吐き気止め(名前はわからないが強い吐き気止め)、タガメット、アルサルミン。
その次はタガメットだけ→そしてガスターだけになって、良くなって薬が終了しました。

【吐出の頻度】 最初は一週間に2回位。急に悪くなり1日に5,6回吐出していた時もありました。
今は吐出は全くなし。

【対処方法】
吐いた時は最低2,3時間は水分や食べ物は与えてはいけないと先生に言われました。(吐いた後、すぐにあげても負担になってしまうらしい?)
続けて吐いてしまう時は、病院に連れて行って、点滴で水分補給してもらっていました。

[480] きよ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^41: ◆巨大食道症アンケート◆
2007-11-03 18:10
【名前】クゥー
【種類】MIX
【性別】男の子
【年齢】もうすぐ2歳
【体重】6.5キロ(8㌔までいきましたが痩せた)
【発病時期】不明(生後3ヶ月位に保健所から保護した為)
【1日の食事回数】2~8回くらい(日によって変わる)
【1日の摂取量】30g~400g
【1日の水分量】?
【御飯の種類】肉類 以前はad缶・腸管アシスト・ウォルサム
【栄養補助食】トランスファーファクター
【与え方】その日、その時によって食べれる量、物も変わるので毎回飲み込み方や、様子を観察しながら、1口ずつあたえる。
【食後の抱っこ】たまに(抱っこしたらゼコゼコ言い出す時がある)
【おやつ】与えていない(食べれなくなりました)
【薬の種類】抗生剤・炎症止め・ガスター・痰きり(ダーゼン・スカノーゼリン)セサミンE・ノイロビタン
過去に何度かプレドニゾロン
【吐出の頻度】まったく吐出しないときもあるが、酷い時は30回以上
【対処方法】吐出してるときは、そのまま吐かせる。
【備考】生後3ヶ月くらいに保健所から来ました。当初、喉の所にコブがあり、両脇腹も腫れていて、背中はラクダみたいでした(全体的におかしい)家に来て一週間くらいから吐出しだし、だんだん酷くなりましが、良い先生に出会い落ち着いてたのに・・
今は吐出も問題ですが、ネバネバしたヨダレガ多く窒息しそうになります。対処法が分からず、毎日毎回御飯を食べさせるのも怖いです。
食欲もあるのに食べれないのが可哀想で・・
今は点滴を毎日、自宅で流しています。

2007年11月6日、クゥーはお星様になりました・・・
今まで、水も御飯も思うように摂れないし、体も不自由だったので普通に歩くことも走ることも出来なかったけど、今頃は2年前に虹の橋に逝ったブーと駆け回ったり、おいしい御飯を沢山食べてると思います。

[495] MARU
編集 | △

 

 

Re^42: ◆巨大食道症アンケート◆
2008-01-24 11:17
【名前】 みかん

【種類】 ダルメシアン

【性別】 ♀(メス)

【年齢】 6才10ケ月

【体重】 11kg

【発病時期】 先天性(生後6ケ月目に診断)

【1日の食事回数】 4回

【1日の摂取量】  800g

【1日の水分量】  800cc

【ご飯の種類】  犬缶(ビーフ&緑黄野菜)800g+水800ccを加えたものをミキサーにて細かく砕き、流動食を作る

【栄養補助食】 与えている(ルンワン)

【与え方】  粉末状に砕いて流動食に混ぜシリンジで注入

【食後の抱っこ時間】 0分

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 誤嚥したときに抗生物質を投与。

【吐出の頻度】 手術(胃瘻チューブ+食道内カテーテル留置)前は一日2回ほどでしたが、術後は一月に2回程度

【対処方法】 生後10ケ月でカテーテルによる流動食のみとなり経口食は一切取れません。何度も生死の境をさまよいましたが、そのつど強い生命力で生き抜いています。
現在の食事等は、一回目は朝4:30、二回目12:15、三回目18:00、四回目22:00 の四回。食道内に溜まる痰や唾液などの液体は鼻カテーテルから吸引の必要があります。
現在、7歳の誕生日まであと2ケ月!
まだまだ、長生きしてもらいます。

[509] daldalmikan | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^43: ◆巨大食道症アンケート◆
2008-02-10 18:40

【名前】 めぐ

【種類】 カニンヘンダックスフント

【性別】  ♀(メス)

【年齢】 6才5ヶ月

【体重】 3kg

【発病時期】 先天性 or 後天性 不明(生後2年目)

【1日の食事回数】  2、3回

【1日の摂取量】   100g~150g

【1日の水分量】   cc 不明

【ご飯の種類】 ウォルサム高栄養免疫サポート

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】 1回50g強を水でとき(とろとろな感じ)片手で抱き膝の上に立たせながらスプーンで

【食後の抱っこ時間】  5分~げっぷを目安

【おやつ】  与えている(petioササミ巻きガム1日3、4本)

【薬の種類】 食道が心臓を圧迫して肥大になっているため、粉状の心臓のお薬1日2回ご飯にまぜて

【吐出の頻度】 1週間に3回(2月から調子よくないです。去年は月3回のこともありました)

【対処方法】 吐出して元気であればそのまま。ぐったりしたり呼吸困難になった時はすぐに病院に行く。

【備考】 おやつはあげたくないのですが、歯も弱るのも心配だし、本人の唯一の楽しみのようで・・上を向きながらカミカミしてササミだけ食べてます。食べた後は水を与えてすぐにだっこします。(水入れは給水口が付いてるものです)

[523] めぐママ | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

◆巨大食道症アンケート◆
2008-02-20 11:16
【名前】  みう

【種類】  猫(MIX)

【性別】  ♀(メス・避妊済み)

【年齢】  7ヶ月

【体重】  3.5kg

【発病時期】 先天性(生後4ヶ月目に診断)

【1日の食事回数】  2回

【1日の摂取量】   350g

【1日の水分量】   30~40cc くらい

【ご飯の種類】     カルカン(総合栄養食)のウエットフード

【栄養補助食】 与えていない。吐出がひどかった頃は、ペット用ミルクを        与えていた。

【与え方】   高さ30cmほどの高さの食事台で、敢えて小さな器で一        口分くらいをじらしながら与える。
ウエットフードに少量の水を混ぜてミルミキサーにかけて        流動食のようにして与える。

【食後の抱っこ時間】 0~15分
調子のいいときはだっこしなくても吐かない。

【おやつ】 ごくたまに与えている。頂き物をしたときなど。
(市販のかつおパウチやささみパウチなど)

【薬の種類】 現在は薬の服用なし。過去に吐き止めを3日分だけ。
(薬の名前がわかりません。)

【吐出の頻度】 平均1日に一回くらい。
吐かない日は全く吐かないが、
1日に4回くらいはいてしまう日もある。

【対処方法】  吐いている間は動かさない。
連続して吐くことが多いので、吐いた後もしばらくそっと        しておく。
吐いたもので部屋が汚れることに対しての対処としては、
床にクッションフロアカーペットを敷いて、
ふき取りがしやすいようにしています。
なぜか布団の上では吐かないいい子です♪

【備考】    みうは、食後すぐに吐くのではなく5~7時間後に吐くこ        とが多いです。食道アカラシアでよくある食道のくびれ?        狭くなる部分がなく、胃まで食道が広がったままでした。
(4ヶ月目のレントゲンを見た様子では)
手術は成績が悪いようで踏み切れませんでした。

ブログでみうのごはんの記録や吐出の記録をほぼ毎日つけ        ています。
みうの元気予報☆http://ameblo.jp/miuhime-58/
↑管理人様、不適切でしたら削除してください。

[549] たぁ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^45: ◆巨大食道症アンケート◆
2008-05-31 18:34
はじめまして、生後2ヶ月のゴールデンレトリバーを飼っています。
まだ、家に来て20日ですが・・その半分くらいは入院していました。
一週間前に、バリウム検査で巨大食道症と判明。
ネットで調べてる時に この掲示板を見つけました。
これから、どうやって育てていけばいいのか・・
助言など頂けたらと思います。
【名前】 大地

【種類】  ゴールデンレトリバー

【性別】 ♂(オス)

【年齢】  生後2ヶ月

【体重】  2.1kg

【発病時期】 先天性(生後1.5ヶ月で)

【1日の食事回数】  3回

【1日の摂取量】   a/dを3/4くらい

【1日の水分量】   不明cc

【ご飯の種類】  a/d

【栄養補助食】 ミルクを40ccを3~5回ほど

【与え方】  抱っこして

【食後の抱っこ時間】  1~2分 (暴れて抱かせてくれないので)

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 薬の名前は分からないのですがステロイドとビオフェルミン

【吐出の頻度】 吐き出すのは2日に1回くらいですが、口の中までは毎回        出てきてる様です。またそれをそのまま食べてますが。

【対処方法】  吐きそうになっている時は、見てるしかないです。

【備考】

[609] 大地ママ | メール
編集 | △

 

 

Re^46: ◆巨大食道症アンケート◆
2008-07-07 14:46
【名前】 ゆうた

【種類】 ラブラドール・レトリーバー

【性別】 ♂(オス)

【年齢】 11才

【体重】 26.5kg

【発病時期】 後天性(生後7年目)

【1日の食事回数】 3回

【1日の摂取量】 ドライ230g+缶詰100g

【1日の水分量】 1000cc+欲しがった時に少量

【ご飯の種類】 ボッシュパピー用(ドライ)・ウォルサム退院サポート(缶詰)

【栄養補助食】 パピーミルク・ヨーグルトなど形のない物

【与え方】 ドライフード⇒ぬるま湯でふやかし、フードプロセッサーでドロドロにし、水でのばしてシャパシゃバにする
缶詰⇒粉ミルクを加え、水でのばしてシャバシャバに。

【食後の抱っこ時間】 15分~25分

【おやつ】 ボーロ・ジュース

【薬の種類】 現在⇒チラーヂン(甲状腺ホルモンの薬)
過去⇒吐き気止め・胃腸、食道の薬etc
【吐出の頻度】 吐出がなくなって間がないのですが、現在5日間続けて吐出なし

【対処方法】 吐出・誤嚥を防ぐために、寝ているときはクッションを首に当てて頭が下がらない状態にする。現在は浮き輪状のエリザベスカラーを巻いています。

【備考】 一番大切なことは、食べたものを食道にいつまでも滞らせずに、確実に胃の中に送り込む方法を見つけることだと気づきました。
一年間、一日数十回も吐き続けたワンコが今は吐出なしです☆

[625] ゆうたママ
編集 | △

 

 

◆巨大食道症アンケート◆
2008-07-09 20:37
【名前】 ドンキー

【種類】 ラブラドールリトリバー

【性別】  ♀(メス)

【年齢】  12才

【体重】  26kg (発病前は、37キロでした)

【発病時期】  後天性(生後11年目に診断された)

【1日の食事回数】  3~4回

【1日の摂取量】   400g

【1日の水分量】   450cc

【ご飯の種類】  ウォルサム退院サポート 子犬用高栄養缶詰

【栄養補助食】  与えている(ニュートリカル) (人間用粉ミルク)

【与え方】  缶詰のフードを粉ミルクでドロドロ状にします そこにニュートリカルを3センチくらい搾り出して混ぜます。時には、パンを溶かしてパンがゆにすることもあります。

【食後の抱っこ時間】 0~10 分 (抱っこを極端にいやがるので今はほとんどしていません)

【おやつ】  与えている(おやつというより 食事の合間に粉ミルクを100CC位 少し濃いめの濃度であげています。) 1日2回

【薬の種類】 今は、飲ませていません 以前は、ステロイド剤や吐き止めの薬 ガスターなどの胃腸薬
【吐出の頻度】 3日に1回くらい(その時の状態により1日2回吐くときもあります。

【対処方法】 無理に止めずにそのまま吐かせます。あまりかまうと余計に吐きます。草を食べたがるので その時は、外に出して草を食べさせています 草と一緒に泡のようなものをはきますが 少し落ち着いた症状になります。

[634] labdonky | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^49: ◆巨大食道症アンケート◆
2008-10-06 11:09
【名前】杏子(あんず)

【種類】M.シュナ

【性別】♀(メス)

【年齢】3才

【体重】5.4kg

【発病時期】先天性(生後2.5年目に診断)後天性の可能性あり

【1日の食事回数】2回

【1日の摂取量】手作りなので適当に様子を見て与えます。

【1日の水分量】手作りなので適当に水分入っています。

【ご飯の種類】ご飯は必ず吉野葛でとろみをつけて、流動食のような状態にしています。
当初かかっていた病院ではドライフードにするように指導されました。しかし、量を食べられないのと、必ず吐出するため、いろいろ試しました。
試したのは、①ドライフード、②ドライフードをふやかしたもの、③ふやかしたものに葛でとろみをつけたもの、④手作りを固めたもの、⑤手作りを葛で流動食状態にしたもの。⑤は別の病院にセカンドオピニオンを求めたところ、教えていただいた方法です。結果、⑤が吐出頻度が低く、この方法とすることにしました。

【栄養補助食】与えている(DHA、マルチミネラル)

【与え方】人間用の錠剤をそのまま食べる

【食後の抱っこ時間】15分

【おやつ】与えている(豚足、食べさせて大丈夫なものはあげています)

【薬の種類】現在はなし。過去に消化を促進するという薬を数ヶ月上げていました。

【吐出の頻度】1週間に1回

【対処方法】吐出したものはそのままふき取り捨てています。殺菌を兼ねてクエン酸水でふき掃除します。

【備考】ドライフードを上げていたときは膀胱炎になってしまいました。もともと手作りご飯で、積極的に水を飲む習慣がなかったので水分不足になってしまったものです。今は手作りなので全く心配がなくなり安心しています。

[678] 杏子 | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^49: ◆巨大食道症アンケート◆
2008-11-09 00:51
【名前】レオ

【種類】 ミニチュアダックス

【性別】 ♂(オス)

【年齢】  享年11歳4ヶ月

【体重】  元気な頃5.2~6.2kg  亡くなる前日3.8kg

【発病時期】  後天性 11歳2ヶ月で診断されました

【1日の食事回数】 3回~5回

【1日の摂取量】   大さじスプーン5,6杯

【1日の水分量】   200cc ぐらい

【ご飯の種類】  体調によって好き嫌いがあったので色んなものを与えていましたトリビュートパピー用、成犬用(カリカリ)をお湯でふやかしたもの
シーザー絹ささみ
デビフのひな鶏のミンチ                         霧島鶏のレトルトをさらにほどいたもの
【栄養補助食】 流動タイプのものを与えても口にしてくれませんでしたのでお医者さんにすすめられてポカリスエットを水で薄めたものを一時あげていました

【与え方】    テーブルに手をついて立たせた状態で顔が正面に向くように器を顔の前にもっていったり、立ち抱っこより少し仰向け気味に抱き、おはしで少しずつ食べさせていました。スプーンだと舐めようとして顔を斜めにしてしまうのではしを使っていました。

【食後の抱っこ時間】1時間半~1時間、亡くなる1週間前はイヤがるので5分ぐらい
【おやつ】  豆乳クッキー、ブロッコリーが大好きだったのでみじん切りにしたもの、さつまいも、消化が早く体調が良い時はジャーキーを細かくちぎったもの

【薬の種類】 毎日点滴、胃酸を抑える薬、咳止め、気管支の動きを良くする薬、抗生物質、カリウムが2.0だったのでカリウム
【吐出の頻度】 体調がいい時1日1回(二ヶ月間で2度)                 平均3~15回 亡くなる前々日20回ぐらい

【対処方法】 背中をさする、落ち着いてから仰向け気味に斜めに抱く

【備考】

[705] レオ
編集 | △

 

 

Re^50: ◆巨大食道症アンケート◆
2008-11-28 20:51
【名前】 マリー

【種類】雑種

【性別】  ♀(メス)

【年齢】 1才2ヶ月

【体重】 12 kg

【発病時期】 1歳1ヶ月

【1日の食事回数】 3 回

【1日の摂取量】 150  g

【1日の水分量】  ? cc

【ご飯の種類】  アイムス

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】  立位

【食後の抱っこ時間】 当時(30分)
現在(5分)

【おやつ】 与えていない

【薬の種類】 人間用(重症筋無力症)ステロイド
現在は、病院の処方箋

【吐出の頻度】 当時(明け方、興奮した時)咳の様に呼吸が乱れ常に涎を        たらしていました。
現在は、戻す事も無く安定しています。

【対処方法】  吐いている最中は誤嚥の危険があるので注意しましたが
様子を見て話しかけ落ち付かせながら背中をさすると大分
楽になったようです。
当時は、吠え続けて興奮しても吐いていたので食後はなるべ
く安静にしていました。

[721] マリーの母 | メール
編集 | △

 

 

Re^51: ◆巨大食道症アンケート◆
2008-12-11 17:44
【名前】 らら

【種類】 チワワ

【性別】 ♀(メス)

【年齢】 5才

【体重】 1.5kg

【発病時期】 後天性(生後5ケ月)

【1日の食事回数】 2回

【1日の摂取量】 24g

【1日の水分量】 ?cc

【ご飯の種類】 発病から半年はヒルズa/d缶とドックフードを粉末状に砕いて混ぜ流動食にしシリンジで注入していましたが、現在はビルジャック(セレクト)を粉末にしたものとヤギミルクをまぜてあげてます。

【栄養補助食】 与えている(ヤギミルク)

【与え方】 ミルミキサーで粉末状にしたドックフードとヤギミルクを水で溶いてどろどろ(耳たぶより軟らかめ)にしてレンジであたためてから普通の姿勢であげてます。トッピングに牛肉の赤身のミンチや蒸したササミをみじん切りにしたものをあげるとペロリと食べてくれます。

【食後の抱っこ時間】 発病した時~半年間は15~30分やってましたが今は大丈夫になりました。

【おやつ】 与えている(ヤギミルクのボーロ)

【薬の種類】 なし

【吐出の頻度】 1ケ月に1~2回(例1週間に3回)

【対処方法】  完全に吐くのを静観する。吐出物を吐き戻さないようすばやく
取り除く。吐いた後はケロっとしているけど、暫く休ませる。誤嚥しているか肺
炎を起こしてないかなど様子を見る。

【備考】 ドックフードは少量で栄養とカロリーが高いビルジャックを時間のあ
るときにまとめてミルミキサーで粉末にしておいて、ヤギミルクと混ぜて水で溶
いて一日2回与えてます。病気は完治することはありませんが、おかげさまで体
重も増えて今では元気になりました。ただ気になることは歯が虫歯だらけという
こと。フードがドロドロなので付きやすいようです。仔犬のころから入院し、シ
リンジで口をこじあけて与えていたせいか歯磨きをさせてくれなくて虫歯だらけ
になってしまいました。つい先日奥歯が抜け落ちてしまいました。もう生えるこ
とのない永久歯だと思います・・・

[726] ららまま
編集 | △

 

 

Re^52: ◆巨大食道症アンケート◆
2009-02-05 23:00
【名前】 アリス

【種類】 ミニチュアダックス

【性別】 メス(避妊済み)

【年齢】 4才

【体重】  4.2kg

【発病時期】 先天性 (生後まもなく)

【1日の食事回数】 2回

【1日の摂取量】   約20g

【ご飯の種類】  ユーカヌバ メンテナンス 小型犬用 超小粒

【栄養補助食】 与えていない

【与え方】  熱湯でふやかして立位

【食後の抱っこ時間】 5~10分

【おやつ】 与えている (ガム)←固いものの方が一気食いをしないため

【薬の種類】 スクラルファート(液状のアルサルミン)

【吐出の頻度】 多い時は毎日・・・。
最近は全くなし!!

【対処方法】 粘り気が強い時は自分で吐けないので、鼻カテを入れて吸引し、プリンペランとガスターの注射。クロロマイセチンの投薬。

【備考】私は動物病院で動物看護士をしています。アリスはあるブリーダーに安楽死を依頼されてうちの病院に来ました。栄養失調で犬種が分からないくらいだったアリス・・・。人間を恨んだまま逝ってほしくなかったので私が引き取りました。どうにか今まで維持できていて、とてもかわいい子に成長しました。最近、ますます食道が拡張して迷走神経を圧迫しています。
目は閉じられないし、よだれは垂れるし、涙は止まらないしかわいそうですが、最期の時を迎えるまでずっと傍にいます!!

[787] しの | メール
編集 | 返信 | △

 

 

始めまして。
2008-11-28 20:35
はじめまして1歳になる雑種を飼っています。
1ヶ月ほど前に愛犬が突然「食道拡張症」になりこちらのサイトを参考にさせていただきました。

うちの場合、1ヶ月ほど前の出来事ですが2週間ほど食べては戻し散歩に行っても戻し水を飲んでも戻し・・と言った状態が続き近所の医者にかかって胃薬をもらっても症状が改善されないので地元でも評判の医者にかかりました。結果レントゲンにて「食道拡張症」と診断され翌日にバリウム検査となりましたが診断の結果3時間経っても6時間経ってもバリウムが食道に滞ったままで胃に落ちていないと言う事でした。そして症状は食道だけではなく下肢の麻痺に現れ「重症筋無力症」と診断されました。
入院当日まで散歩に行き元気だった姿は全く無く腰砕け状態の愛犬を見るのはとても辛かったです。

病院の方でもあまりにも稀な難病の為?いまだに文献を調べながらの治療ですがとりあえず1週間人間用のステロイドの入った薬を処方され現在はステロイドの入っていない薬を与えています。

当時は食事も立位で食べさせその後30分立たせた状態・・・と言った感じでしたが現在では立位で食べさせて5分ほどお座りをさせ散歩にも行けるほど回復しています。

私自身愛犬がこの病気にかかり「完治」というサイトが見つからずかなり悲観的になった時期もありました。が、うちの子のように良くなる事もあります。何かお力になれればと思い書き込みいたしました。

[720] マリーの母 | メール
編集 | 返信 |

 

 

Re^1: 始めまして。
2008-11-30 20:51
マリーの母さん、はじめまして。
1ヶ月ほど前に食道拡張症、重症筋無力症と診断されたとのこと。
さぞ驚かれたことでしょう。マリーちゃんの吐出も、おそらく相当なものだったはずです。
治療としては、やはりステロイド治療をされることが多いようですね。
我が家のティアラも、発症同時はステロイド治療をしました。
ティアラの場合は、ステロイドによる効果というものは見られませんでしたが、
マリーちゃんの場合は、ステロイドが効いてくれたと考えてもよいのでしょうか。
ご飯を食べさせてから5分ほどのお座りだけでも吐出がないほどに回復されたのですね。
ティアラは今でも食後の抱っこは毎日1時間しています。
これを5分ほどに短縮したらどうなるのかなぁ。。。
もしかしたら吐出することもないのかもしれませんが、念には念を入れての抱っこです(照)
ティアラもいつかはマリーちゃんのようになってくれればと思いました。

マリーの母さんの書き込みが、私や他の飼い主さんの勇気になりました。
アンケートにもご協力いただきありがとうございました。

[722] アステカ
編集 | △

 

 

Re^2: 始めまして。
2008-12-04 19:56
ティアラちゃん1時間の抱っことは大変ですね。

今の所2週間に一度の受診で薬の方はステロイド抜きの処方ですが昨日辺りから足に力が入らないのか立位での食事が出来なくなりました。
再発・・・と不安もよぎりますが食後の抱っこ時間を増やして様子を見たいと思っております。

[724] マリーの母 | メール
編集 | △
Re^3: 始めまして。
2008-12-05 21:44
立ち食いができなくなったというのは少し心配ですね・・・食欲がないのかなぁ。
重症筋無力症のこともあるので、足に力が入るかどうかというのは注意が必要ですね。
抱っこの時間は、その家によって全然違いますけど、短くても吐かない子は結構多いです。
ラブラドールやゴールデンの子では抱っこすることはできませんしね。

マリーちゃんのこと、またいろいろ教えてください。

[725] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

はじめまして
2008-11-14 21:50
こんばんは。
うちのこ、パピヨン オス 8歳
です。

10/30夜に吐いたと思ったら、よだれがたれてきて、呼吸も苦しそうにして、ふるえていたので、とにかくかかりつけの病院にTELしましたが、
つながらず、とにかく電話がつながる病院にいきました。

先生一人の為、レントゲンを取るお手伝いをしました。

診断は、誤嚥性肺炎でした。

抗生物質の注射などを打ってもらい、このまま預かってもらおうか悩みましたが、家で見ることにして、お薬をもらって、また明日詳しい検査をすることにしました。

半日入院して、検査結果は、やっぱり肺炎。【色々説明は受けましたが、細かい所までは覚えていないので省きます)
とりあえず安静にして、ちょっとでも心配だったらすぐつれてきてくださいとのことでした。

しかし、次の日からはだいぶ元気になり、多少安心していました。

1週間たったくらいでしょうか?やけに咳をして、透明なタン?のようなものを吐くようになりました。もともと食欲も落ちていたのですが、食べたりのんだりしてもむせることが多くなりました。

そして今日、病院でバリウムの検査をしたところ、聞きなれない「巨大食道」と診断されました。

家に帰って調べているうちに、

思えば、良く吐いていました。消化されないフードが、長細い形で出てきたこともあります。

こちらで読んだ症状にもそっくりでした。

今はまだ、(バリウムでへコンでいる事もアリ)苦しそうにしていますが、まあまあ安定しているかな?
と思います。

甲状腺か、副腎皮質機能なのか、精密検査も考えてみたほうがいいかも知れないとのことです。

なんだか、どうすればいいのか、分からない状態での書き込みで
申し訳ありません。

まずは、肺炎が早くよくなればと思っています。

[706] ももんが
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: はじめまして
2008-11-15 10:07
はじめまして、アステカです。今掲示板を見ました。
これから仕事になりますので、返信は深夜になるかと思います。
よろしくお願いします。

[708] アステカ
編集 | △
Re^2: はじめまして
2008-11-16 02:23
ももんがさん、こんばんわ。

わんちゃんの様子はどうですか?
肺炎ということでとても驚かれたことと思います。
巨大食道症という病気は、あらゆる病気に波及していくことがあるので注意が必要です。
一番注意しなければいけないことや、やはり誤嚥性肺炎でしょう。
吐いたものが気管支や肺に入ってしまうことで炎症を起こしてしまうそうです。
実際、巨大食道症の子で、誤嚥性肺炎になってしまったものの、
飼い主さんの手あつい介護のおかげで、回復に向かっているというケースもあります。

minaさんの愛犬、小雪ちゃんも肺炎を患いましたが、元気に生活しています!
(http://blog.goo.ne.jp/4cogi-log)

ダメージを受けてしまった肺を、完全に元に戻すのは難しいらしいですが、
これ以上悪くならないために、いろいろとケアしてあげることが大事だと思います。
それには、やはり吐出や嘔吐の回数をできるだけ減らす努力が必要かと考えます。
わんちゃんによって、食べるものや食後の抱っこの時間も違いますが、
ももんがさんのお家のわんちゃんにあった方法を、できるだけ早く見つけてあげましょう。

この掲示板にある、巨大食道症アンケートを見ていただくと、
みなさん、いろんな方法をとられているのがよくわかります。

わからないことがあったら、どんなことでも構いませんので書き込んでくださいね。
これからも わんちゃんが長生きできるように、私たちで頑張りましょう!

[711] アステカ
編集 | △

 

 

Re^3: はじめまして
2008-11-17 19:00
アステカさん、こんにちは。

返信有難うございます!!

レオは、落ち着いてはいますが、時々むせるような咳をしています。

病院で、立位での食事を、と言われたのですが、なかなか食べてくれません。

ごはんもあまり自力で食べようとしないので、しょうがなしに、四つんばいか、お座りの状態で、ウエットフードや、ふやかしたフードを少しずつ
あげています。だいぶ食欲も戻ってきたので、一安心です。

色々、試行錯誤しながらがんばりたいと思います。

[715] ももんが
編集 | △

 

 

Re^4: はじめまして
2008-11-18 20:50
ももんがさん、こんばんわ。

立ち食いというのは、慣れない犬にとってはとても食べにくいものなのかもしれませんね。
レオくんに食欲があるのであれば、ご飯に何か食欲をそそるようなものをかけてあげてはいかがでしょう。
たとえば、ヨーグルトを少しかけてあげるとか。
鰹のふりかけなんかは、魚の匂いが強いので、目の色を変えて飛びつくかもしれませんよ。
茹でた鶏肉を、ミルミキサーなので粉砕すると、細かくするときの熱も手伝って、乾燥したふりかけのようにもなります。
あくまでご飯を食べさせることが目的なので、ほんの少しふりかけるだけにしましょう。

[718] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

はじめまして
2008-11-14 23:57
はじめまして。たろこと申します。
3ヶ月前に愛犬(ゴールデンRのもも、13歳)が星になりました。
食道が巨大化しているとわかったのは亡くなる前日で、その時にはもう誤嚥性肺炎で手遅れの状態でした。
亡くなってから時間が経っているのに、どうしてあんなに苦しまなくてはならなかったのかと、気持ちの落ち着かない日々を送っています。

ご飯(ドッグフード)を食べた後、すぐに吐く状態が何日も続いたため、病院に行ったのは水曜日でした。
胃酸が出過ぎて胸焼けをおこしているだけだと言われ、プリンペランと胃酸抑制剤を処方されました。
その日の夜、食前に薬を飲ませました。それまで飲んでいた肝臓の薬も一緒に。
その時は、食後の吐き戻しはしなかったのですが、夜中になって激しく水様のものを何度も吐きました。薬を飲んでから約8時間後です。

次の日、木曜日の朝は薬を与えず病院に行きました。
その時は、もう吐いていなかったので、お腹がすきすぎて吐いているだけだから薬を続けてくださいと言われました。
お昼頃家に帰り、ご飯と薬を与えました。この時は肝臓の薬と心臓の薬も一緒に与えました。
夕方までは吐かなかったのですが、やはり薬を飲んで8時間後くらいに、また激しく水様のものを吐き始めました。
今度は吐くだけではなく、だんだん呼吸が荒くなりました。
今思えば、よだれも出していたのです。
でもたくさん吐いていたので、よだれだとは気づきませんでした。

かかりつけの獣医は、私の住む地方都市では一番大きな病院で、夜間救急もやっていました。
この時に病院に行っていれば、あんなに苦しませることもなかったかもしれません。
でも、病院に行って薬を飲ませてから明らかに状態が悪くなったので、もう病院に行くのも薬を飲ませるのも怖かった。
胃炎だったら、このまま家で養生すればなんとかなると思ってしまいました。
1回目に薬を飲ませた時も、しばらく吐いてから落ち着いたので、薬が切れれば元に戻るのではと思いました。
もともと心臓が悪くて、昨年の夏もその時以上に呼吸が荒くなった時があったので、夏の暑い盛りだったこともあって、まさか肺炎をおこしているとは思いませんでした。

次の日、金曜日の朝、相変わらず水様のものを吐き呼吸も荒かったのですが、自分の足で庭に出て排泄をすませました。
しかしお昼過ぎになって四肢が立たなくなり鼻汁を出したので、明らかに胃炎や夏バテとは違う、自宅で養生するレベルではないと、あわてて病院に連れて行きました。
レントゲンをとったところ、食道が巨大化していること、肺炎をおこしていることがわかり、そのまま酸素室に入院しました。

次の土曜日の朝、面会に行くと、立たない足で一生懸命立ち上がろうとし。。。
きっと家に帰りたかったのでしょう。
そしてその日のお昼にお星様になりました。
面会に行った時に、家連れて帰ればよかった。。。
でも、酸素室で楽に過ごせたから病院で良かったかなぁ。

最初に病院に行った時に、もう肺炎になっていたのか? 食道に異常があることはわからなかったのか?
ももの死後、この掲示板に出会い、プリンペランはNGだと知りました。
薬(プリンペラン)を飲ませなければ、あんなに苦しまずにすんだのか?
老犬だったので、薬の種類が多くて負担になったのか?
疑問が頭から離れません。

病院へ行く前の吐き戻しは、食べたそのままのドッグフードが白い泡に包まれた塊状でした。
白い泡は胃酸。ということは一度は胃に入っていたので、食道の異常とは考えられたかったのかもしれません。
皆様のワンちゃんの吐出は、白い泡は混じっていませんか? 教えてください。

長い文を読んでくださり、ありがとうございました。
病院に治療について聞きに行こうか、迷いながらの3ヶ月間です。

[707] たろこ
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: はじめまして
2008-11-15 10:11
はじめまして、アステカです。
3ヶ月前にももちゃんが亡くなられたとのこと。
まだたろこさんの心の傷も癒えていないことと思います。

私はこれから仕事ですので、深夜にもう一度じっくり読ませていただきます。
宜しくお願いします。

[709] アステカ
編集 | △

 

 

Re^2: はじめまして
2008-11-16 02:42
たろこさん、こんばんわ。

まずは、ももちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
最近は、巨大食道症で亡くなる子が急激に増えたことに驚くとともに、
ティアラの今後のことを気にかける毎日であります。

これはいつも思うことなのですが、病院や獣医師によって、診断結果がまったく違います。
正直、ティアラを最初に診断してもらったときも、巨大食道症という病名は聞かされませんでした。
ひどい吐出、高熱、血便、白血球の数値が以上に高い。。。
この状態での診断結果は「わからない」でした。
夜間救急だったんですけど、「わからない」に苛立ちをもったのを今でも覚えています。
翌日、同じ病院の違う獣医師に診察してもらった結果、巨大食道症と診断されたのです。
同じ病院ですら、こういう状況が起こるのです。

簡単なことは言えませんが、もしかしたら、ももちゃんも別の病院で診てもらったら
違う結果になっていたのかもしれません。
しかし、その逆もまた然りです。
世間一般で、巨大食道症と診断された犬が最初に処方される薬はプリンペランです。
これは、動物などの医学書にも載っているそうです。
ですから、その病院が間違った治療方法をとったということにはならないと考えます。

最後はお家で看取ってあげたかったという気持ちもわかりますが、
最後までももちゃんの回復を願った結果なのではないでしょうか。

みなさん、愛犬を亡くされることで自分を責める気持ちはよくわかります。
私もたろこさんと同じ立場になればそうするでしょう。
原因を究明することは悪いことだとは思いませんが、
今はももちゃんのご冥福を祈ってあげましょう。
決して 蔑ろにしたわけではないことは ももちゃんが一番わかってくれていると思いますよ。

白い泡に関しては、ティアラも経験があります。
ブログでも書いたことがありますので、アドレスを貼っておきますね。
(http://blog.livedoor.jp/welsh_corgi_pembroke/archives/50965743.html)

返信の内容が的外れになっているかもしれませんが、お許しください。

ももちゃんの治療法方について、病院に聞いてみるのもいいかもしれませんが、
果たして たろこさんの納得のいく答えが得られるでしょうか。
聞いたことで、さらに気持ちが沈みこむようなことがなければいいのですが。

どちらにしても、心が癒されるまでには時間が必要です。
私で力になれることがあれば、どんなことでも書き込んでください。
メールでも結構です。すっきりした心で ももちゃんを天国へ送ってあげましょう。

[712] アステカ
編集 | △

 

 

Re^3: はじめまして
2008-11-16 22:29
アステカさん、お返事ありがとうございました。

呼吸が荒くなってから12時間以上も自宅で様子を見ていたことが一番いけなかったと、自覚しています。
病院を責めようとか、問いつめようというわけではないのです。
ただ、ももの体の中で何があったのか、少しでも知りたいのです。

かかりつけの病院には何人も先生がいて、水曜、木曜、金曜それぞれ別の3人の先生に診てもらいました。
先生によって、得手不得手があるし、全ての可能性を疑って検査をするのは難しいので、知識と経験を生かして、ある意味、勘で診察するようなものですよね。

吐出の時には巨大食道症の可能性があることや、プリンペランを処方しない方がいい例があることなどを他の先生方に周知してもらうことができれば、今後に生かしてもらえるのではないかと思うのですが、甘いでしょうか。

白い泡についても、ありがとうございました。
胃液が逆流して食道に入ってくることもあるのですね。

ももの亡くなる前の4日間、全て1人で対応し、亡くなってからも1人で抱え込んでいました。
この掲示板に書くことができ、アステカさんにお返事をいただけたことが嬉しかったです。
ありがとうございました。

[714] たろこ
編集 | △

 

 

Re^4: はじめまして
2008-11-18 20:45
そうなんですよね。そのときは「もう少し様子を見たら良くなるんじゃないか」って思って
病院へ行くのを躊躇してしまうものなんですよね。
たろこさんだけでなく、そういう対応になる家はたくさんあると思います。
ももちゃんの体の中で何があったのかを知るには、やはり病院の先生に聞くしかないでしょう。

巨大食道症という病気は、あまり症例がないらしく、
実際に目の当たりにする獣医師もそれほど多くはないとのこと。
ティアラを診てもらった動物病院も都内では有名な病院なのですが、
巨大食道症と診断したのはティアラが2~3頭目だったそうです。

近年、巨大食道症と診断されるケースが増えてきています。
とても残念なことですが、これからはもっともっと増えると思っています。
たろこさんがおっしゃるように、少しでも参考になるのであれば、
先生方にこういった掲示板に目を通してもらうだけでも、治療に役立つはずですよね。

ももちゃんの死をむだににたくないという たろこさんの気持ちが伝わってきました。
どうもありがとうございました。

[717] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

はじめまして。
2008-11-07 09:37
昨日の朝巨大食道症の子が2ヶ月の闘病生活の末亡くなりました。
11歳4ヶ月でした。
もっともっとやってあげられることはあったのに、この子に任せてしまいました。

毎日病院で点滴をして、毎日吐いて(調子がいいときは一日1回、悪いときは15回ぐらい)抱っこしてもすごいイヤがって意地でも手から抜けようとして、亡くなる一週間前ぐらいは5分ぐらいしか抱っこできませんでした。

闘病生活に疲れがでてきたこともあって、亡くなる前々日は吐いても放っていました。

あの時救急にでもかかっていれば助かったはずだと思うと後悔でなりません。

その朝すぐに医者に連れて行き、なんとか意識をとりもどし少し動くようにはなったのですが、その翌日の朝胃液があがってきた咳を
したので吐かせようと地面と水平に抱え背中をさすったら咳がぴたりと止み、(ゴホゴホゴホッピタッ)お腹も動いていませんでした。

窒息だったのでしょうか?でも苦しかったら暴れたりしそうなものですが
ピタッと動きが止まり、そのままでした。
あの時どうしたらよかったのでしょうか?
本人に任せたほうがよかったのでしょうか?
本人はぐったりで起き上がる体力もなさそうでした。
悔やんでも悔やみきれずどうしていいのかわかりません。

私が死なせてしまったようなもんです。
闘病中の本人のほうが辛いのにそれに甘えてしまった自分が情けないです。

亡くなってから27時間経ちますがずっと一緒にいます。
腕枕、ひざの上、片時も離れずにいますが遅いです。

今日火葬します。
二度とこの子に触れることができないと思うと辛いです。
後悔だらけなので吹っ切ることすらできません。

こんなことアステカさんに相談するだなんて迷惑だと思うのですが、咳こんだときアステカさんはどうしていますか?

よろしくお願い致します。

[700] レオ
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: はじめまして。
2008-11-07 09:45
レオさん、はじめまして。
たった今読ませていただきました。
レオさんの気持ちは痛いほどよくわかります。

これから仕事なので伝えたいことを書く時間がありません。
帰宅は深夜となりますので、あらためて返信させていただきます。

どうか自分を責めないで、気をしっかりもって。

[701] アステカ
編集 | △

 

 

Re^2: はじめまして。
2008-11-08 01:41
レオさん、こんばんわ。

2ヶ月間の闘病生活の末に、わんちゃんとお別れされたのですね。
11年間を共に歩んできたレオさんにとってはとても哀しいことだったのではないでしょうか。

巨大食道症にとって、食事中、食後の立たせや抱っこはとても重要なのですが、
これらの動作を嫌がるわんちゃんはとても多いと聞きます。
「吐かないように」という飼い主の想いをわんちゃんに伝えるのは難しいですよね。

>>闘病生活に疲れがでてきたこともあって、亡くなる前々日は吐いても放っていました。

この文章を読んで、私は涙が止まりませんでした。
わんちゃんが可哀想なのはもちろんですが、
それとともに、レオさんの気持ちも痛いほどよくわかったからです。
わんちゃんを愛する気持ちは誰よりもあったと思いますよ。

このようなことは、犬だけに限らず、人間の世界でも同じことが言えるのではないでしょうか。
介護というのは、それほど大変なことなんですよね。

今のレオさんは、いろんなことを考え、後悔ばかりされているのでしょう。
ですが、世間では、心無い飼い主が平気で動物愛護センターに「飼えなくなった」と
処分の依頼を頼んでくるそうです。
たとえは悪いかもしれませんが、「後悔」など微塵も感じない人もたくさんいるということです。

もしもレオさんが「後悔」をされているのなら、レオちゃんにお水を供えてあげてはどうでしょうか。
吐出で苦しい毎日だったと思いますが、今は天国で美味しい食べ物を食べたり飛び跳ねて遊んでいるはずです。

つい先日ですが、やはり巨大食道症のわんちゃんが他界されたとのメールをいただきました。
以前、ブログのほうにコメントいただいた方です。
その方も「窒息」に関することをおっしゃっていました。

>>咳き込んだときアステカさんはどうしていますか?

の問いに、正直 考えてしまう自分がいました。
実際に「窒息」するほど咳き込む姿を見たことがありませんので、
あくまで想像ですが、もしも私なら「背中を叩く」「喉の辺りをひっぱったり揉んだりする」
意識を失うような、窒息しているように痙攣したら「人工呼吸」のようなことをしたかもしれません。
そのときに獣医師に電話をしたとしても「症状を診てみないとなんとも言えません。連れてきてください」と言われたでしょう。
急を要するとは思いますが、やはり専門の獣医師に診てもらうのが一番だとは思います。

あのときああすればよかった、こうすればよかった という想いはきりがありません。
愛情が深ければ深いほど後悔の念が押し寄せてくるでしょう。
それよりも、亡くなったことで苦しみから解放され、天国でのんびりしているわんちゃんを想像してあげましょう。
その気持ちがあれば、一生レオさんの心の中で わんちゃんは生きて続けてくれると思います。
「後悔」は「愛情」でもあると私は信じていますよ。

乱文をお許しください。

わんちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。

[702] アステカ
編集 | △

 

 

Re^3: はじめまして。
2008-11-08 14:54
アステカさんお返事ありがとうございました。

アステカさんのお言葉があまりにもありがたく、涙がとまりません。
すぐに水や大好きなおやつを供えました。
どれだけ食欲がなくても水だけは一生懸命飲んでいました。

なのに亡くなる前日は、飲みたいという意思はすごくあったのですが、舌を出すのが精一杯でチョロッチョロッとしか飲めませんでした。
あの姿を思い出すと辛いです。

あの子は水を飲むとき器の向こう側に舌を付けてじゃないと水を飲めない子で、少しでも器をずらすと舌が付くように自分も動いていました。
とってもかわいくて、我慢強くて、頭が良くて、下の5わんたちのリーダーで他のわんこがケンカをすると自分が止めに入っていました。

私と彼がケンカしても間に入って吠えて止めてくれました。

私が泣いていると、顔を舐めてたくさん慰めてくれました。

私がお風呂に入ってるとき、寝ているとき、ずっと守ってくれました。

誰かが私を起こそうとすうると起こすな!といわんばかりに威嚇していました。

なのに私はあの子を守れませんでした。

考えると後悔と自分への情けなさでどうしたらいいのかわからなかったのですが、アステカさんのお言葉で救われました。

もう悔いのないように下の子たちに精一杯尽くしてあげたいと思います。

本当にありがとうございました。

[703] レオ
編集 | △

 

 

Re^4: はじめまして。
2008-11-18 20:29
思い出というのはいつまで経っても色褪せることはありません。
レオさんや彼の心の中で、大事に大事にしてあげましょう。

[716] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

嚥下を促す(食べ物を送り込みやすくする)刺激
2008-10-26 23:31
アステカさん、みなさま、はじめまして。ペーテルと申します。

1歳7ヶ月になる愛犬が、どうも食道拡張のようで、この2ヶ月で2度、窒息して死にかけました(涙)。2度とも咄嗟に手を入れて運良く助かったのですが、いつまたあの状態になるかと思うと不安で頭がおかしくなりそうで、藁をも掴む思いで検索していてこちらの掲示板に出会いました。大変に心強いです。

それで、1つは嚥下についての情報を見つけたので、ご意見伺えればと。既出でしたらすみません。食道拡張ではなく「逆くしゃみ」と呼ばれる症状についての対処法が書かれたページですが、嚥下を促して食べ物を送りやすくする刺激について書いてありました。

http://pet.goo.ne.jp/contents/cn_197.html

抜粋--------------------------------------------------------

愛犬が「逆くしゃみ」をした場合、どのように対処すればよいのでしょうか?愛犬の舌を触ってつばをゴクリとのみこませるようにしたり、咽頭(のど)や胸部をマッサージしたり、鼻孔を閉じる方法を良いとする学説もあります。これは、嚥下(水分や食べ物を口の中に取り込んで、咽頭から食道・胃へと送り込むこと)を刺激することで、「逆くしゃみ」をコントロールすることが出来る、という考えから来ている対処法です。補助的にトライしてみる価値もありそうです。

------------------------------------------------------------

もちろん無理はしませんが、ちょっとトライしてみようかと思うのですが、どうでしょうか? マッサージはやっている方が多いようですね。

それともうひとつは質問なのですが…。うちの愛犬は今はまだ症状から推測される「食道拡張の疑い」の段階です。(でもほぼ確定かと思っています…。食後4?5時間たって、胃液がまったく混ざっていない無臭のフードを吐き、どろどろした透明の液体が喉に詰まって窒息しました…。)

それで近々、大学病院で造影検査をすることになりそうなのですが、バリウムそのものが詰まってまた窒息してしまう危険があるのではないかと今から心配で…。

窒息の対処法と心臓マッサージについてもきちんと身につけたいとただ今必死です。はじめから長文ですみません。これからもお世話になると思います。管理人さま、皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

[689] ぺーてる
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: 嚥下を促す(食べ物を送り込みやすくする)刺激
2008-10-27 01:19
ペーテルさん、はじめまして。管理人のアステカです。

1歳7ヶ月のわんちゃん、症状は落ち着きましたか?
突然のことでペーテルさんも驚かれたことでしょう。。。
最近は、何かわからないことがあればインターネットで検索することで
何かしらの答えが見つかる便利な時代になりました。
ネット上の情報がすべて正しいとは思いませんが、私たちにとっては心強いですよね。

「逆くしゃみ」に関しては、我が家のティアラも経験しました。
ちょうど「巨大食道症」と診断された頃でしょうか・・・頻繁に逆くしゃみをするようになりました。
ティアラだけでなく、巨大食道症にかかった他の子たちも逆くしゃみで悩んでいました。
やはり少なからず巨大食道症と関係しているものと思われます。

ティアラが逆くしゃみになったときは、鼻の少し上の辺りを親指と人差し指でつまんであげます。
「鼻孔を閉じる」ことで発作的な逆くしゃみは落ち着くと思います。
必死になって押さえ込むというよりは、軽く鼻孔をマッサージしてあげる感覚がいいでしょう。

これは僕の勝手な解釈ですが、逆くしゃみになるのは、呼吸がし辛くなることから起こるのではと。
巨大食道症などは、食道が大きくなることによって気管支を圧迫します。
そうすることで、気道の確保ができなくなって 大げさに言えば一時的に窒息状態になるのではないでしょうか。
これはあくまで僕の想像なので、参考にはしないでくださいね(汗)

どちらにしても、逆くしゃみになったら わんちゃんに近寄って安心させてあげましょう。
話しかけながら鼻を軽くつまんだり、喉の辺りを軽く揉んであげたり、背中を軽く叩いたり。
僕は、ティアラが逆くしゃみになったり吐きそうになったときは、必ず話しかけるようにしています。

それから食後の嘔吐に関して。
ティアラの担当の先生曰く、健康な犬であれば、食べたものは数秒~数分で胃に到達するそうです。
食後4~5時間が経過しても原形のままのフードがでてくるのは心配です。
たしかに食道拡張の疑いがありますね。
ただ、一時的なストレスによるものかもしれないので、しっかりと検査することをお勧めします。
今までいろんな方の相談を受けましたが、そのうちの半分は誤診であったり、一時的なものでした。
もしも後天性の巨大食道症であったとしても、早期発見であれば食道の肥大も少ないでしょう。

落ち着くまでは、ご飯の与え方に注意してみましょう。
フードをふやかしてあげたり、流動食にしてあげたり。
窒息して死にかけたとなると、ふやかしたとしても包丁で軽く細かくしてあげたほうがいいですね。
先生と相談しながら検討してみてください。

以上のことからも、やはり検査は必要でしょう。
バリウムの造影検査をすればすぐにわかるはずです。
バリウムの量はそれほど多くはありません。量にして50cc~100ccほどだと思います。

いつも言っていることですが、私は獣医師ではありませんので、あくまで参考程度にしてください。
専門的なことは、動物病院の先生に聞くのが一番です。
ご飯の与え方や食後の抱っこなどは僕たちのほうが詳しいと思いますけど^^@

これからも何か気になることやわからないことがあったら気軽に書き込んでください。
一緒に考えましょう。わんちゃんの一日も早い回復を心から祈っています。

[691] アステカ
編集 | △

 

 

Re^2: 嚥下を促す(食べ物を送り込みやすくする)刺激
2008-10-27 02:58
こんばんは、さきほど初投稿させていただいたペーテルです。

アステカさん、ご丁寧な即レスをいただき、本当に感謝しています。現在、家族が長期留守中で、いざという時にも自分ひとりで対処しなくてはならないため、よけいに不安でいっぱいなのですが、アステカさんの「一緒に考えましょう」という暖かいお言葉に本当に勇気づけられました(リアルで涙目でした)(;O;)。

逆くしゃみ(…私はムセているのだとばかり思っていて、今日はじめてこの言葉を知りました。)については、うちのワンコも以前からよくしているかも…。アステカさんの説、あながち外れていないような気がします(拍手!)。

>わんちゃんに近寄って安心させて

はい! お恥ずかしながら窒息事件以後、ワンコのちょっとした息づかいや仕草の変化にビビリまくっていまして、逆くしゃみのときもこのまま吐くのでは?!とつい自分のほうが緊張してしまいます。これではワンコが不安になってしまいますよね(反省)。

自分自身が窒息恐怖症状態で(汗)、吐く前兆があると心臓が口から出そうなほどどきどきしてあせってしまうので、なんとかそれを抑えてワンコを安心させられるようメンタルも鍛えないと、と思っています。ワンコを助けられるのは自分しかいないと自分に言い聞かせながら、アステカさんのお言葉を励みに頑張ります(;O;)。

>ご飯の与え方や食後の抱っこなどは僕たちのほうが詳しいと思いますけど^^@

先生のアドバイスに加えて、みなさんの実践方法をすぐ参考にさせていただいたおかげで、昨日の日曜は終日吐きませんでした!(窒息事件は土曜日)

バリウムの件もありがとうございます。明日、かかりつけの先生とよく相談してみますね。

おかげさまで随分気持ちも落ち着きました。お忙しいと思いますので御返信は不要です、本当にありがとうございました!

ところでティアラちゃん、ものすごい美人さんですね♪(お世辞ではアリマセン(^_^))

[692] ペーテル
編集 | △

 

 

Re^3: 嚥下を促す(食べ物を送り込みやすくする)刺激
2008-10-28 07:13
ティアラがものすごい美人だなんて・・・やめてくださいよもぉー
(と言いながら顔がニヤけているアステカ)

わんちゃんの調子が悪いときに家族が誰もいないというのは、とても心細いですね。
ネットという手の届かない空間ですが、僕だけでなく、いろんな人が見守っていますよ。

吐出や嘔吐というのは、精神だけでなく、体力的にもわんちゃんを消耗させます。
ご飯を数回に分けてあげたり、栄養補助食などでカロリー調整をしてあげてください。
といっても、まだ病気が確定したわけじゃないですもんね。
何かわかったら教えてください。頑張りましょう!

[693] アステカ
編集 | △

 

 

Re^4: 嚥下を促す(食べ物を送り込みやすくする)刺激
2008-10-29 21:21
はじめまして!カルーと申します。
窒息して死にかけたとは・・本当に自分の心臓も止まりそうなくらいの気持ちですよね><小春も呼吸困難になり、助けを求めて走ってくるなりバタンと倒れた事がなんどもあります。すぐに抱き上げて鼻から出ている粘液やドッグフードの混ざったものを拭いてやると落ち着いてきます。

逆クシャミとは、鼻がブーブー鳴って息苦しそうにしている事でしょうか?私もむせているのだと思ってました^^;

小春もバリウム飲みましたが、飲んでレントゲン撮った後、胃まで運ばれる時間(30分くらい)立て抱きにしてあげればいいと思います。
小春の場合は液体は時間が経っても吐きやすいので、ドックフードを食べさせて立て抱きです^^

愛犬ちゃんが巨大食道症じゃなければいいなぁと願っています!
もし診断されたとしたらその子に合ったドッグフードの与え方や抱っこする時間などいろいろ試していってあげる事で少しでも愛犬ちゃんの苦しみが減ると思います!少しでも参考になっていただければと思います!

[695] カルー
編集 | △

 

 

Re^5: 嚥下を促す(食べ物を送り込みやすくする)刺激
2008-10-31 01:15
今日のティアラは久しぶりに「逆くしゃみ」がひどかったです。
鼻をつまんだりしながら症状を見てみたんですけど、先日書いた内容

>>これは僕の勝手な解釈ですが、逆くしゃみになるのは、呼吸がし辛くなることから起こるのではと。
>>巨大食道症などは、食道が大きくなることによって気管支を圧迫します。
>>そうすることで、気道の確保ができなくなって 大げさに言えば一時的に窒息状態になるのではないでしょうか。

は間違ってるかなぁって感じました。「ひきつけ」とも違うような気がするし。
ここ数ヶ月は「逆くしゃみ」がなかったのに、今日の朝になって発作的に起こったので驚きました。
いつもと違うことといったら、昨日久しぶりに大きな公園で長めの散歩をしたことと、
今日の朝はいつもよりも冷え込んだということ。
思い返せば、いつも寒い時期に逆くしゃみがでてたような気がしないでもないです。

今日は鼻をつまんでもあまり効果がなく、鼻先がとても冷たくなっていたので
毛布の中に入れて身体をさすって温めてみました。

午前1時現在で室温は24度です。24~26度を保てば大丈夫かなぁ。

[696] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

お返事ありがとうございました!
2008-09-25 01:44
アステカさん、いろいろ調べていただいてありがとうございました!

食糞防止の薬は最後の手段にしますね!まずは小春のストレスから改善していこうかと思います。私が仕事の時は実家に預けていますが糞を食べる事はないそうです。連れて帰り、食事の支度をしている間、トイレにいっている間、洗濯物をしている間の少しの間にクチャクチャと食べています^^;
早く私の相手してよ!っていうサインかもしれませんね><
散歩などして小春とのコミュニケーションを取っていこうと思います^^

誤嚥性肺炎の防止としてお口の中を清潔にする事と免疫力を高めるとの事。
小春は皮膚にアレルギーがありカロリーが高いエサを食べるとかゆがります。
ですので出来るだけカロリーの低いエサを与えて栄養補助食品は与えていませんでした。皆さんの書き込みのなかにサプリメントの事が書かれていて、その中でトランスファーファクターを調べてみました^^
免疫力を高め、アレルギーが緩和されると書いてありどきどきしています^^

一度に飲む分量や人間のものでもいいのか、エサに混ぜても嫌がらず食べてくれるのかが少し不安ですが、病院の先生に相談してみようと思います!

アステカさん、忙しいのにいろいろ調べて頂きありがとうございます!!
アステカさんも身体に気をつけてくださいね!
返事は時間の空いた時でいいですので、ゆっくり身体休めてくださいね^^

ではでは、また小春のレントゲンや血液検査など一度調べてもらいますので
結果が出たら報告します!おやすみなさい!

[672] カルー
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: お返事ありがとうございました!
2008-09-25 01:51
小春の写真褒めて頂きありがとうございます!

なかなか写真の取り込みやUPの仕方がわからず載せる事できませんでした。夕べの書き込みも写真が上手く載せる事が出来ず、失敗だったようです。デジカメの写真はまだ上手くできませんが携帯の写真なら大丈夫なようです^^

小春は携帯のカメラもデジカメも怖いようでなかなか上手く撮れませんが
ベストショットが撮れるようがんばります^^

またデジカメの写真もUP出来るよう主人に教えてもらいますね^^

[673] カルー
編集 | △

 

 

Re^2: お返事ありがとうございました!
2008-10-06 22:58
かなり前にレスしたつもりでしたが、エラーで反映されてなかったようです。
またまた小春ちゃんの写真!ありがとうございます( ̄ー ̄)
ティアラと同じ病気をもつ子たちが元気にしている姿というのは、僕にとtっても力になります。
最近はブログを書いていないので、ティアラの写真をUPする機会がありませんが、元気な毎日を送っております。

カルーさん、今度はデジカメの写真を期待していますよ!
食糞のほうは落ち着いたかなぁ。。。
これからは寒い冬がやってきますので、小春ちゃんやティアラだけでなく
私たちも風邪をひかないように気をつけなければいけませんね^^@

[679] アステカ
編集 | △

 

 

Re^3: お返事ありがとうございました!
2008-10-11 10:10
なかなかお返事書けなくてすみませんo(;△;)o

最近は食糞もなくなりました。なぜ食べなくなったのかわかりませんが
少しホッとしてます^^でもまた食べ始めるかわからないので気をつけています!

実は2週間前に小春を車の座席から下に私の不注意で落としてしました。
爪が剥れてしまい出血がすごかったのですぐ病院で手当してもらいました。

少し爪が伸びていた為怪我させてしまいました;;

毎日化膿止めを飲んでようやく治ってきました。

まめに爪きりや体のケアをやらないと小春を苦しめてしまいますね;;
反省しながら肝に銘じて育てていきます・・・

またティアラちゃん達の最近の姿を見たいのでUPしてくださいね!
ブログが終わってしまったのを随分前に見てショックでしたが、毎日更新していく大変さもよくわかります!でもここでまた書き込みした時にでも写真をUPして頂くとうれしいです!楽しみにしてます!

[680] カルー
編集 | △

 

 

Re^4: お返事ありがとうございました!
2008-10-12 22:01
小春ちゃん、食糞はなくなったんですね!よかったです^^@
爪が剥がれてしまったのは なんとも痛々しいお話しです・・・。
犬や猫の爪の部分って、ほんとデリケートにできてるから怖いですよね。
完璧に治るまでは根気よく消毒してあげるのがいいでしょう。

ブログを更新しなくなってしばらく経ちました。
ブログを書くことが生活の一部だっただけに、たまに書きたくてうずうずすることがあります(笑)
おかげさまでティアラは元気なので、今度写真をUPしますね☆

[681] アステカ
編集 | △

 

 

Re^5: お返事ありがとうございました!
2008-10-15 00:31
はい!よろしくおねがいします!!

今日は小春の腰の調子が悪く注射を打ってきましたo(;△;)o

今ヒート中でタオルやぬいぐるみを相手にしてたのが腰に来たようです^^;
なるべくそばに置いておかないようにしてますが、ストレスたまらないかと
少し心配です。まだ避妊の手術してませんが、全身麻酔とか不安ですしね。

かわいそうですが、我慢してもらわないとですねぇ;;

[682] カルー
編集 | △

 

 

Re^6: お返事ありがとうございました!
2008-10-15 21:20
小春ちゃんもヒートだったんですね^^@
ティアラもですよー!あと数日で終わると思うけどどうでしょう。
近所のシェルティー君を相手に興奮しているティアラを見て若干引きました・・・(笑)

巨大食道症の子に全身麻酔はリスクが高いと聞きます。
だから、ティアラちゃんは避妊手術は諦めましたよ。
そのかわり、子宮のチェックや全身の腫瘍のチェックは欠かせません。
毎日毎日全身を触ってコミュニケーションをとりながらチェックしてます。

久しぶりにティアラの写真をUPします。抱っこ中ですよ~!

[683] アステカ
編集 | △

 

 

Re^7: お返事ありがとうございました!
2008-10-23 00:29
きゃ~!かわいいぃ(*'▽^)ъ

写真ありがとうございます!!久しぶりの元気ティアラちゃんだ!
だっこされていいですねぇ^^

仕事が忙しくなかなかPC開く体力もなくすみません><
でもティアラちゃんに癒されました!!ありがとうです!!

ティアラちゃんもヒートだったんですね^^もう今は落ち着いた頃でしょうね!小春はまだまだのようです^^;
腰振りは男の子だけだと思っていた私には、小春の腰振りは最初はビックリというかショックというか^^;本当に驚きました^^でも他の子もそうだと聞いて、そういうものなんだと納得してました^^

避妊手術していないと病気(子宮がんなど)になる確率が高いと聞いていたので最初に飼う時から手術しようと思っていましたが、巨大食道症の小春には無理ですもんね><小春もティアラちゃんのようにきちんと検査していかなくちゃですね!まだ若いので大丈夫かなぁと思っていました^^

アステカさんの返事を頂ける事で本当に勉強になります!
ありがとうございます!!また何かわからない事あったら教えてください!
よろしくお願いします!

[685] カルー
編集 | △

 

 

Re^8: お返事ありがとうございました!
2008-10-27 01:18
カルーさん、こんばんわ!

ヒート以外のときに子宮が腫れるようなことがあったら注意が必要ですね。
あとは、脇腹の辺りからお乳のラインに乳腺があるらしいので触ってみてください。
そのラインにシコリのようなものがあれば乳腺腫瘍ということになると思います。
シコリが大きくなると悪性の可能性が高いそうなので、定期的に見てあげましょう!

お仕事が忙しいようですね^^@ 返信は結構ですからね♪
また気が向いたときに写真見せてくださーい!

[690] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

おひさしぶりです^^
2008-09-22 01:47
小春も2才を過ぎ落ち着いているとは言えませんがとても元気です!
最近は誤嚥肺炎が1ヶ月に1~2回のペースでなっています。

夜中に呼吸困難や吐出の後、呼吸が早くなり苦しそうになると抗生剤を飲ませている状態です。寝る時腕枕したり、顔の下にタオルなど挟ませてなるべく頭を上にして寝るようにしてますが、それでも唾液が逆流してしまうようです。前はすぐ病院に行ってましたが、結局抗生剤打たれて帰されます。ですので今では抗生剤のシロップを常備しています。そんなに強い抗生剤ではありませんが、月の半分は飲ませているので心配ではあります。

バンビちゃんのように年を重ねていった時に、小春も同じように肺の硬化などになる可能性大ですね><。夜は熟睡しないようにしていますが、なかなか肺炎を防げないのが辛いです;;。

酸素吸入は考えつきませんでした^^小春は呼吸困難になる事も多いので参考になりました!早速買ってこようと思います!ありがとうございます!

それと困っている事が一つ。小春はウンコを食べる癖があります^^;
ほんの少し目をはなしたすきに食べるのです><。食べた事に気がつけば
すぐご飯を食べさせて押し込ませますが、気づかず吐くと肺炎間違いないのです^^;この癖は直らないと先生に言われましたが、何かいい方法はないものかと思います><みなさんの子はそんな癖ありますか?教えてください
お願いします。

[660] カルー
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: おひさしぶりです^^
2008-09-23 01:07
カルーさん、お久しぶりです!
小春ちゃんの写真可愛いですね!ペットボトルのキャップで遊んでるのかな。
表情もとても穏やかで優しそうな顔をしてます。
カルーさんが溺愛するのも頷けますね!

誤嚥性肺炎は、あれから続いているようですね。
レントゲンでは白い影がなくなったって以前話してましたけど、その後はどうでしょうか。
誤嚥性肺炎を繰り返すことで、肺への負担も相当なものになってしまいますね。
これだけ小さい身体で、一生懸命頑張っているなって思いました。

毎日世話をしていると、調子が悪いときや、吐きそうなときがわかってくるようになりますね。
調子が悪くなるたびに病院に連れて行っても、治療の内容が変わることもないし。
それなら家で対応できるものは常備して、すぐに対応してあげたほうが全然いいと思います。

吐出がおさまっている状態であれば、誤嚥性肺炎の治療にも集中できるでしょうけど。
”誤嚥性肺炎の予防”で検索してみると、「口の中を綺麗にする(細菌の増殖)」「食べ物にとろみをつける」「栄養改善筋力トレーニング」とでました。
やはり、免疫力を高めることが大事なのかもしれませんね。
吐出することによって、体力、免疫力の低下がおこり、それによって誤嚥性肺炎になりやすくなるのでしょう。

健康な犬に比べて「巨大食道症」の犬や猫の場合、栄養価の高い補助食を与えることも重要だと思います。

食糞に関してはですね、ティアラもたまにありましたよ。
家を長時間留守にしたときなど、ストレスから食べてしまうことがあるようです。
そして、食べたときはかなりの確率で吐いていました。
なので、我が家の場合は、散歩のときに出し切ってもらうようにしてます(汗)
その子によって、できるできないはあると思いますけど、そういうことで対処するのもひとつの手ですね。
食糞に関して、少し調べてみようと思います。
わかったらUPしますね!
カルーさん、小春ちゃんの写真ありがとうございました!
ほんとに可愛いです。また気が向いたときで結構ですので、写真お願いします。

[661] アステカ
編集 | △

 

 

Re^2: おひさしぶりです^^
2008-09-24 21:44
食糞する理由に「ただ単に食餌が足りないのでは?」という書き込みを見つけました。
食餌というよりも、身体の栄養不足を補おうとしての行動かもしれませんね。
ネットで検索したところ、食糞防止の錠剤がありました。
その錠剤を毎日食べることにより、糞がとうがらし味になるそうです。
身体に害はないとのことですが、とうがらしと聞いただけで躊躇してしまいますよね^^;
http://item.rakuten.co.jp/smilewan/sup-3192/

他にもいろいろなものがあったので、参考までに貼っておきます。
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_832299.html

できることなら、こういうものを使わずに済むのが一番いいんですけど。

[668] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

返信できず・・・
2008-09-24 02:52
お返事ありがとうございました!
3回書き込んだのですが上手くいかず・・
また明日にでもo(;△;)o

[666] カルー
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: 返信できず・・・
2008-09-24 21:38
書き込みエラーになってしまいましたか。
せっかく書き込んだものがエラーで消えてしまうとがっかりしますよね(汗)
僕はどんなときでも、書き込んだあとは必ずコピーするようにしてます;;
何回書き込んでもエラーになってしまう場合は、お手数ですが 右上の「問い合わせ」から
本文を貼り付けて送ってください。宜しくお願いします。

[667] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

咳が止まりません
2008-08-29 00:27
こんばんわ。
いつもこの掲示板の皆さんにお世話になっています。
7歳半の先天性のダックスです。
元気食欲はあり吐出も無いのですが最近一日中すごく咳が出ています。
かなりの回数なので誤嚥しそうで怖いです・・・
大学病院を回ってみたりしていますが
肺炎・咳・誤嚥の繰り返しで肺や食道・気管がダメージを負っているのと
それが原因で気管支の入口が拡張していて刺激になり粘液が増え
咳が出やすくなっているのだろうと言われました。
あとアレルギーのせいも少しあるかもしれないと言われています。
鼻水もかなり出ています。
咳止めを試してみましたが完全に止めてしまうと悪いものが出ないからなのか逆に体調を崩してしまったので使用中止しています。
抱っこして立てるとその時は咳が少し治まります。
もし何か咳を軽減させるお薬や生活習慣などなんでも良いので
お分かりになる方や同じ状態の子がいる方などいらっしゃったら
アドバイスよろしくお願い致します。
P.S 以前こちらで教えていただいた
アウレオforペットに加えてメシマコブゼウスを飲ませてから
咳は出ますがとても体調が良さそうです♪
教えてくださった方ありがとうございました。

[650] バンビ
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: 咳が止まりません
2008-08-29 22:56
お久しぶりです。
バンビちゃん、一日中咳がでているんですか。
なんとかして咳を止めてあげたいですね。
やはり、以前の誤嚥性肺炎が影響しているのではないでしょうか。
肺の繊維化、硬化のお話しもされていましたが、今もダメージが残っているのでしょう。
食道や胃が炎症を起こしている可能性もありますね。
それが原因で、イガイガチクチクして咳き込んでいるのかもしれません。
痰が絡んでいるようであれば、去痰剤のことも獣医師に相談してみてください。
ティアラがそうでした。そのときは、去痰剤とガスターを飲ませることで対応しました。

咳き込んでいるのであれば、喉もかなり違和感があるでしょう。
バンビちゃんの喉の辺りを優しく揉んであげてください。

咳を軽減させる方法、いろいろ調べてみようと思います。

[651] アステカ
編集 | △

 

 

Re^2: 咳が止まりません
2008-08-30 01:24
アステカさんこんばんわ。
早速のお返事ありがとうございます。
確かに痰が絡んでいるような感じがありますので
主治医に相談してみますね。

先日のアステカさんのゆうたママさんへのお返事を見て
とても感激しました。
この病気はまだわからない部分が多いので
オーナーさんみんなの情報交換がとても大切ですよね。
わたしもこの掲示板にとても励まされています。

私は今の主治医に出会うまでに20~30件ほど動物病院をまわりましたが
対応も様々で中にはもうダメだといわれ安楽死を勧めた病院もありました。
安楽死を勧められてから4年生きています。
肺炎を起こして病院に行っても心肥大と間違えた病院が2件ありました。
巨大食道なので誤嚥性肺炎の可能性を説明しても聞き入れてもらえず
心臓病で心肥大を起こしてると言われ利尿剤を使用され
危険な状態に陥った事もあります。
すぐに別の病院に行きましたがやっぱり誤嚥性肺炎でした。
肺炎の時に利尿剤を使用されたので脱水して衰弱し、
1週間集中治療室に入っていました。
その後大学病院で心臓の検査をしましたが異常無しでした。
今まで受けた肺のダメージで現在苦しんでいるので
自分の勉強不足がとても悔やまれます。

同じ思いをして欲しくないので皆さんお気をつけください。
長文失礼いたしました。

[652] バンビ
編集 | △

 

 

Re^3: 咳が止まりません
2008-08-31 20:15
バンビさん、こんばんわ。
正直なところ、もっと掲示板を充実させたほうがいいのではと思います。
ただ、今は何かと忙しく、そこまで手がまわらないのが現状です。
ティアラの状態が落ち着いているというのも理由のひとつでもありますね。
ティアラが病気になって3年が経ちましたが、この病気の根本というのは、
もしかしたらストレス、精神的なものもからきているのではないかと考えます。
これはティアラの場合なので、すべてに当てはまるとは思ってませんが、
安定した毎日を送っていても、私の帰りが遅かったりすると、吐出したりします。
ご飯、水分の量、与える時間、食後の抱っこの時間、すべてにおいて誤差はありません。
にも関わらず、吐出をする日があるのです。もちろん、体調が毎日同じというわけではないですけどね。
毎日毎日、その日の流れをチェックすることで、吐出した日は何があったのかを見直せば、
何か答えが見つかるのかもしれませんよね。

巨大食道症という病気は、原因や症状を特定するのが難しいのだと思います。
それが、獣医師によって診断がわかれる要因ではないでしょうか。
信頼できる獣医師に愛犬を委ねるのが一番ですが、悲しいかな、運もあるでしょう。
町に1件しか動物病院がないというところもたくさんありますからね。
バンビさんの「自分の勉強不足がとても悔やまれます」という言葉、私も同じ気持ちですよ。
そして、病気になった子の飼い主さんは皆そう思うでしょう。
過ぎたことは仕方ありません!これから少しでも過ごしやすい環境、状態にしてあげましょう!

[653] アステカ
編集 | △

 

 

Re^4: 咳が止まりません
2008-09-04 00:05
アステカさんこんばんわ。
お返事ありがとうございます。
ティアラちゃん病状が落ち着いてるとの事で本当に良かったですね!
バンビも一進一退ですがお陰様で少し落ち着いてきました。
軽い抗生物質を使用しています。
うちも確かにお留守番の時間が長いと病状が悪くなるので
主観ですが私も精神的なものは関係していると思います。

このHPを立ち上げお忙しい中掲示板の管理、
カキコミに丁寧な返信をされているアステカさんに感謝&尊敬です。
これからもよろしくお願いいたします(^^)

[656] ばんびママ
編集 | 返信 | △

 

 

この掲示板にお礼が言いたくて…♪
2008-07-04 17:00
はじめて書き込みいたします。
ラブラドール 11才オスのゆうたです。
7才のときに巨大食道症だと言われ、症状が悪化したのが去年の夏からでした。ひどい時は一日50回、吐くのが少ない日でも20回とかで、正直夏を越すことはできないだろうと思っていました。でも秋になってから少し元気になり、なんとか冬も越すことができました。問題はこの夏だなぁ~と思ってた矢先に、腰椎椎間板ヘルニア(食後の抱っこや斜め寝かせなどが負担になったのだと思います)になり、ステロイド錠の副作用でしょうか? 体重が激減りし(ベスト体重31kgが26kgまで落ちました)筋肉が落ち、歩くことすらままならなくなりました。
以前から重症筋無力症を疑われていて、3度検査を受けましたが、すべて陰性でした。でも、筋力はどんどん落ちていき、尿失禁が続き、便まで漏らすようになっていました。

以前にこの掲示板に出会い、あれこれ試してみましたが、どうしても吐く回数は減りませんでした。
今回さすがにもうこのまま召されるのかなと泣きながら世話をしていましたが、どうしても諦めきれずに試行錯誤を繰り返していた時、この掲示板のことを思い出し、むさぼり読みました。
こんなことってあるんですね♪
あれだけ吐きまくっていたゆうたがこの2日間一度も嘔吐していません。
調子が良くなって1週間になります。 散歩にまで行きたいと言うようになりました。

ゆうたが吐かなくなった方法をご紹介します。
あまりに痩せてきたので、少量で高カロリーが摂取できるように、パピー食にしました。 朝晩をメインに、昼はウォルサムの退院サポート+パピーミルクで、一日3回の食事です。いづれも流動状でシャバシャバな状態にします。
ゆうたは胃の入り口に問題があるようで、形がある状態では通さないようです(それに気づくのに1年もかかってしまいました(。>_<。)
あとは立て抱っこを15~30分ほどします。私がソファーに座り、下に置いたクッションの上にゆうたを座らせて、脇の下に手を入れ引き上げて、立て抱きの状態にします(わかってもらえるかなぁ?)
それとゆうたの場合、首が下に付いた状態になると、吐いたり、気管に入りかけるのか?呼吸困難を起こしたりするので、首の下のクッションが必需品でした。すごくいいものを見つけました。この写真です。首に巻く浮き輪のようなエリザベスカラーです。これで夜間に寝返りを打っても、首が下に落ちることはないし、吐くこともなくなりました。
誤嚥性肺炎の予防にも役立つのではという気がします。

長々と書き込んでしまいましたが、こんな日が来ようとは、夢にも思いませんでした。正直、私も介護疲れでダウン寸前までいっていましたので、この喜びをどう表したらいいのか分からないくらいです。
アステカさんに感謝いたします<(_ _)>
そして、巨大食道症で苦しんでいらっしゃる方々の励みになればと思います。その子にあった方法が必ず見つかると思うので、諦めないでガンバッテほしいです☆

[621] ゆうたママ
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: この掲示板にお礼が言いたくて…♪
2008-07-04 22:37
ゆうたママ、はじめまして。

まずは、ゆうた君の症状が安定したとのこと・・・本当によかったですね。
7才のときに巨大食道症と診断されて、去年の夏までは安定した生活を送られていた様子。
何かきっかけがあったのか・・・私も、いつティアラの症状が悪化するかと心配になるときがあります。
一日に50回の吐出となると、ゆうた君も辛かったことと思います。
ママさんも、その横でどうすることもできなくて歯痒い思いをされたでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアの直接的な原因が抱っこかはわかりませんが、
毎日のこととなると負担がかかるのかもしれませんよね。
ティアラも毎日食後に1時間(食事は2回なので計2時間です)抱っこしてますが
抱っこから解放してあげると、そのままうつ伏せで眠りにつきます。
もしかしたら腰に負担がかかってるのかもです。
なので、最近は抱っこが終わった後に10分ほどマッサージをするようにしています。
ゆうた君はティアラよりも数倍大きいだろうから、抱っこも大変ですよね。
体重が激減したのは、やはり吐出を繰り返すことで体力を消耗したことと、食欲もなかったからでは。
ティアラの場合、ステロイド治療のときはむしろ体重が増えましたから(照)勝手な推測です!

この掲示板は、書き込みこそ少ないものの、みなさんがアンケートに答えてくれたおかげで
情報という形で、悩める飼い主さんの手助けになっていると思います。
巨大食道症といっても、これほどまでに症状が違う病気も珍しいですもんね。
結局は、その子にあった食事やケアが何なのかを、なるべく早く見つけるのが重要ですが、
何もわからない状態ではお手上げですもんね。
いろんな人たちのやり方を真似してみたり、応用してみたりすることで近道になるはずです。
ゆうたママが諦めずにもう一度読み返したことで、劇的な変化をもたらしたわけだから、おみごとです!

パピー食にすることで少量でも高カロリー摂取を可能にしたことと、食事を一日3回に分けたこと。
立て抱っこも理想的ですね!それから首に巻いている浮き輪もすごいです。
ティアラもゆうた君と同じで、噴門のところがあまり機能してないように思います。
だから、寝てるときにちょっとでも頭のほうが低いと逆流してくるような気がするんです。
ゆうた君も、これがあったほうが楽なんじゃないかなぁ。。。

とても詳細に書いていただきありがとうございました。写真にも感謝です。
これからも、私たちと同じような悩みを抱えた人が、検索をしてここを訪れるでしょう。
そんなとき、たくさんのアンケート結果を目にすることで、参考にしていただきたいです。
何かとお忙しいと思いますが、よろしければアンケートにご協力くださいませ。
何ccとか、具体的でなくて結構です。食事の与え方など、先ほど書き込みいただいた内容を
コピーペーストしていただくだけでも^^@

これからも、ゆうた君が元気で笑顔でいることを心から祈っています。がんばりましょう!

[622] アステカ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^2: この掲示板にお礼が言いたくて…♪
2008-07-05 17:04
アステカさん、さっそくのご返信ありがとうございますo(^ー^)o
一人ひとりの書き込みに返事をするだけでも大変な労力でしょうに…巨大食道症に悩む飼い主のお役に立ちたいという誠意に頭が下がります<(_ _)>

アンケート書かせていただきますね♪ 症状が回復した現在の事でいいんですよね?!

ゆうたの症状が悪化した原因は、夏場だったので水分摂取の回数が増えていたのがきっかけになったのでは?という気がします。以前から水を飲むとよく吐いていましたので、水を飲む・吐くの繰り返しで食道が炎症を起こしてしまい、吐き続けることになってしまったのだと思います。
今でも水分を摂ると吐くことがあるので、食事の直前に飲ませたり、欲しがって飲んだ時は、飲んだ後10分ほど抱っこをしたりと工夫しています。

こんなひどい状態でよくぞ生き抜いてくれたとゆうたの生命力には驚かされます。どんなに調子の悪いときでも、食欲が落ちたことはありません。胃まで到達する量が少なかったのですから、ひもじくて仕方がなかったことでしょう(>.<) 以前は一日に4~5回の食事でした。なるべく食道の負担を軽くしようと考えて…。食事の形状もティアラちゃんのようにふやかしたものにしたり、ドロドロ状にしたり、立て抱っこも1時間していた時もあります。 今は、高カロリー食にしたことで少量で必要カロリーが摂取できるようになり、それをシャバシャバ状にして与えて、あと立て抱っこという形でやっと胃に食物が納まるようになりました。シャバシャバなので、20分くらいでも大丈夫なようです(ゆうたは抱っこが一番嫌いで、すぐ暴れます) ステロイドの件ですが、ゆうたはある種の薬や注射で体重が落ちることがあります。食欲が落ちることは皆無ですが。。。 なぜだかわかりませんが、今回も3日で1kg減ったり、トータルで3kg近くも減ってしまいました。 今回はゆうたのニコニコ写真です。 おかげ様で、こんないい顔ができるようになりました。 浮き輪のエリザベスを外している時は、必ず顎下にクッションです(^-^)v [623] ゆうたママ 編集 | △ Re^3: この掲示板にお礼が言いたくて…♪ 2008-07-06 21:31 ゆうたママ、こんばんは! やはり夏場の水分量は調整が必要ですよね。 ここ数日、急激に暑くなったことで、ティアラの呼吸もゼェハァするようになりました。 そろそろエアコンで室温調節しなければいけないかなぁ。。。 仕事で家にいない間は、エアコンをつけっぱなしにするしかないのか・・・ 窓を開けっぱなしでも風が入らないときはかなり暑いですからね(悩) ティアラの場合は、水分を摂るのは食事のときだけです。 それ以外は飲ませないようにしていますが、 留守中に自分のオシッコを飲んでるようなので、考えなければいけないです。 せめて100ccぐらいのお水は置いておいたほうがいいのかもしれませんね(汗) ここ数日は、吐出することなく安定していますが、たまに呼吸が臭いときは もしかしたら炎症を起こしてるのかなって思ったりします。 そういうときは、迷わずにガスターなどの胃薬(犬用)を飲ませたほうがいいのかもしれないですね。 なるべく薬は飲ませたくないけど、胃が痛いときの感覚って人間でもわかりますから(照) ゆうた君、調子が悪いときでも食欲が落ちないなんて素晴らしいです! 吐出はつらいだろうけど、それでも「食べたい」という意欲は生命力の強さとも言えます。 試行錯誤の結果、ゆうた君に合う食事法が見つかったわけですから これからは安定した毎日を送りたいものですよね。 ステロイドに関しては、効果も様々だと思いますが、なるべくなら使用は避けたいものです。 ティアラのときも、内心はドキドキでしたよ。副作用がでたらどうしようって・・・^^; 写真、ありがとうございます!枕を上手に使ってますねぇ! 巨大食道症の子たちの顔って、みんな本当に穏やかな顔してます。 アンケートの件、ありがとうございます。時間があるときで結構ですから。 [624] アステカ | ウェブ 編集 | △ Re^4: この掲示板にお礼が言いたくて…♪ 2008-07-08 16:52 暑くなりましたね! 留守の間の室温・水分調節は難しいですよね?! 夏場はゆうたのため、エアコンと扇風機はつけっぱなしです。 でも、カミナリがなったりしてると停電では?とハラハラしますしね! ティアラちゃん、オシッコを飲んでいるのはちょっと可哀想です。 犬にとって必要な水分量が何ccなのか知らないですが、熱中症や脱水症状には気をつけないといけないですものね! 食道の炎症は、吐くという刺激が続くことによって起こるような気がします。 ゆうたが吐出しなくなって6日目になります。炎症も治まったようで、えづくこともなくなりました。 食道の炎症を防ぐためには、吐出の回数を抑えること。 その吐出を防ぐには食道に食べ物が滞った状態にしないこと。 それが鍵のような気がしますが、それだけではないですよね?! 唾液で誤嚥しそうになることもあるし。。。 むずかしいですねぇ(>.<)

アステカさんがおっしゃったとおり、巨大食道症の子たちって、ホントに穏やかな顔してるんですね!
そのみんなの顔が穏やかなまま過ごせますようにと祈ります☆

[627] ゆうたママ
編集 | △

 

 

Re^5: この掲示板にお礼が言いたくて…♪
2008-07-08 20:17
ゆうたママとアステカさんへ

突然割り込んでしまって、申し訳ありません。
こちらの書き込みを読んでいて いてもたってもいられなくなってしまいました。
私も、アステカさんのページに出会っていろいろ助けていただきました
巨大食道症と診断されたときは、病気の事もわからず こちらのページでいろいろ勉強しました。

うちのドンキーもゆうたくんと同じラブラドールです
今 現在12歳のおばあちゃんです!病気がわかったときは、11歳でした
私も 何度もフードに関して 試行錯誤の繰り返しです。
最初は、ドライフードをふやかすのから始まって いろいろな銘柄を試しました そして落ち着いたのは、ゆうたママと同じウォルサムの退院サポートに赤ちゃん用の粉ミルクを加えて あとは、パピー用の缶詰やチューブの栄養補助食品を加えたりしています ドンキーは、ブツブツ感があるとどうしてももどしやすいので 缶詰が適していたようです。 食後のお水や食前のお水の摂取は、やっぱりよくないみたいで むせて吐いたりします。
やはり 同じラブラドールなので症状も似ているのでしょうか?
ドンキーは、かなり肥満気味な犬だったのですが この病気になって
10キロ以上も体重が減ってしまいました。食べたい気持ちは、すごく強くて でも食べると吐出するの繰り返しで 本当に辛かったと思います。
今は、少し落ち着いてきて 吐出は、あるものの以前のようには、はげしく
吐かなくなりました。やはり少量でも栄養価の高いものをあげないと体力的にもきついし どんどん痩せてしまいます。時には、大好きお肉をミキサーでつぶしてミックスしてあげたり カステラを混ぜてみたり 人間用の食べ物だから・・・なんて考えずに ドンキーの好きそうなものをあげるようにしています。 それと粉ミルクですが 今は、人間の赤ちゃん用のものを
あげています いろいろ成分を比べるとあまり変わりはないし経済的にも
人間用のほうが負担になりません。 ドンキーの食事は、1日3回で その合間に、粉ミルクのみを2回あげています。
こんな感じで 今は、巨大食道症とうまく付き合っていくことを考えています。 最近は、肺炎も起こしていませんし 点滴をしなくてもよくなりました。病院も行っていません。まだまだ油断は、できませんが こうしていろいろな悩みも話せる場所があって すごく助けられています。
ラブラドールは、とても食いしん坊な犬種なので どんなに吐いても
ご飯をすごく楽しみにしています。だから 食欲も落ちないし そういう点では、すごく助かります これからも大好きなパートナーのために お互いがんばっていきましょう! これからもよろしくお願いします。

ゆうたくん ティアラちゃん 一緒にがんばろうね♪

[628] labdonky | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^6: この掲示板にお礼が言いたくて…♪
2008-07-08 22:10
ゆうたママ、こんばんは。

やはりエアコンもつけっぱなしですか。。。
設定温度は何度ぐらいなのかな。26度じゃ少し寒いような気もしますが、
28度だとそれはそれで暑いかなとか。間をとって27度がいいでしょうかね(汗)

一日に必要な水分摂取量に関しては、あるサイトでこんな計算式がありました。
「132×体重の0.75乗」だそうです。(猫ちゃんの場合は132を80に)
これは、飲料水だけでなく、フードの水分も含まれるとのこと。
カリカリのフードでも約10%の水分が含まれているそうなので、
その辺も考慮したうえで計算しなければいけないのかもしれません。
↓のサイトを参考にさせていただきました。
体重を入力すれば累乗計算してくれるので、その数字に、犬であれば132、猫であれば80を掛けてみましょう。
http://blog.pekebatu.com/archives/50456357.html

ちなみにティアラの一日に必要な水分摂取量は約860mlでした。

ゆうたママが言うように、良くも悪くもひとつの流れがありますよね。
ひとつ悪い箇所ができると、そこから連鎖していく病気なんだと思います。
なので、日頃の食事、水分、室温、湿度管理はとても大切ということですね。
家にいる間は、一時間に一回とか 抱っこしてあげると、たまにゲップしたりしますよ。
ちょっとしたことがとても重要なんだと考えます。

[629] アステカ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^7: この掲示板にお礼が言いたくて…♪
2008-07-08 22:24
labdonkyさん、こんばんは。

巨大食道症とは、本当に大変な病気ですが、同じ犬種の子がいると、
いい意味で勇気がでてきますよね。一緒に頑張ろうって。
小型の子もいれば、ティアラのように中型の子もいる。
そして、ゆうた君やドンキーちゃんのように大型の子もいるわけで
それぞれにケアの仕方が全然違いますもんね。

病院の先生からいただいた資料や、図書室などで読んだ本には
ほとんどが「流動食」を与えると書いてあります。
実際に、流動食を与えている家庭も多いですしね。
ティアラも最初はそうでしたが、どうしても吐出を抑えることができませんでした。
ある方の助言で、ふやかしフードにして、それ以来、吐出は劇的に減りました。
流動食はたしかに胃に流れやすいですが、食道と胃の境目の噴門が機能していないと
逆流しやすくなるのも事実です。巨大食道症の子でも、どこが機能障害を起こしているのか、
それをいち早く獣医師と相談しながら見つけることが大事ですね。

ゆうた君にしてもドンキーちゃんにしても、食欲があるというのは嬉しいですよね。
お肉やカステラ、いいじゃないですか!細心の注意をはらいながらも、
できるだけ美味しいものを食べさせてあげたいという気持ちが伝わりました。
人間用の粉ミルクは考えたこともありませんでした。
ティアラには牛乳を飲ませているのですが、最近いろいろ調べてみると
牛乳の与えすぎは良くないということがわかりました。
なので、別のものをと考えていたところです。
犬用の粉ミルクって高いんですよね(汗)
参考にさせていただきます!ありがとうございます。

[630] アステカ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^8: この掲示板にお礼が言いたくて…♪
2008-07-09 16:07
labdonkyさんへ

labdonkyさんって、猫ちゃん4匹飼っていらっしゃる方ですかぁ???
以前、「ドンキー」名で書き込みしていらした方ですよね??
昨日、この掲示板を少し読み返していて、捨て猫に捨て犬まで世話している奇特な人もいるんだなぁと感心していたところなので、レスに驚きました(◎.◎)
書き込みくださって、ホントに嬉しいです♪

ドンキーちゃんも症状が落ち着いてきたようで、よかったですね!!!
私もlabdonkyさんのように、早くゆうたを楽にさせてあげれたらよかったのですが... ここに行き着くまでには1年間という歳月が必要であったのだと理解するようにしています。

ドンキーちゃんも食欲旺盛なんですね!
ゆうたも液体状の食べ物ではすぐ消化してしまうようなので、「お腹がすいたヨ~」が始まります。
そんなときは、バナナジュースを作ってあげたり、人間用の乳酸飲料を薄めたものやヨーグルト・豆腐etc形のないものをあげています。
ゆうたも今年の夏で12歳になるので、我慢させずに食べさせてあげたいのです。
でも吐出が治まった今、必要摂取カロリーはあまり超えないようにしています。
体重が増え過ぎると弱った足腰に負担をかけてしまうし、椎間板ヘルニアが再発するのも怖いですので。。。

人間用のミルクの情報ありがとうございました♪
次回にトライしてみますね!

labdonkyさんのこと心強いです☆
ゆうた共々よろしくお願いします☆

[631] ゆうたママ
編集 | △

 

 

Re^9: この掲示板にお礼が言いたくて…♪
2008-07-09 16:36
アステカさん、こんにちは。

昨年のエアコン設定温度は26度でした。
今年はゆうたの体調も良さそうだし、エコにも協力して27度にします。
ハアハアが続くと誤嚥が心配ですから、それが限度です(∩.∩)v

一日に必要な水分摂取量を教えてくださって、ありがとうございます♪
さっそく計算してみたら、ゆうたの必要量は1540mlでした。
少し足りないくらいで、だいたいその分量をあげていました(^^)
必要な水分量が分かって安心しました。
どうもありがとうございました♪

アステカさんがおっしゃるとおりだと思います。
ちょっとした工夫と観察が大事ですよね!
それだけで劇的に変わったりするのですから...
これも愛情のなせるわざですよね!!!

[632] ゆうたママ
編集 | △

 

 

ゆうたママさんへ
2008-07-09 20:02
お返事ありがとうございます!
そうですよ~~ 猫を4匹飼っているドンキーことlabdonkyです!
今は、猫たちは私の実家に移動して暮らしています。
実家で仕事をしているので ドンキーも一緒に出勤して猫たちとも仲良くしていますよ!ゆうたくんも 本当にがんばってますね!何回も苦しそうにしている様子を見てると 私自身がおかしくなりそうで 泣き暮らしていたときもありましたが ゆうたくんと同じく ドンキーもすごくがんばって 吐きたくてもすごく我慢できるようになったし 大量の吐出は、なくなったんです! 治らない病気っていう先生もいますが 私は、治る病気=うまく付き合っていけば生きていける病気 だと思っています。
バナナジュース いいですね~~甘いもの大好きだし!! ドンキーは、人間の赤ちゃん用の粉ミルクが大好きです!それにパンをふやかしてパンがゆ風にしたり いろいろ工夫しています 缶詰にもまぜたりしていますよ!
やはり お腹は、常にすいているようで・・・ちょっとかわいそうですが 一度の量を増やすと吐きやすくなるので回数を増やしています!
ドンキーは、以前は関節の病気で介護用のハーネスを使わないと歩けなかったんです それが、この病気になって体重が減って(10キロ以上減りました)今は、ハーネスなしでも歩けるようになりました。だから今の体重をなんとか維持させて 痩せることも太ることもなく 過ごしていけたらいいな~って思っています!ゆうたくんも ヘルニアがあるみたいで 体重維持が大切ですね! 何だか歳も同じくらいだし すごく心強い お友達ができたみたいで嬉しいです! これからも少しでもゆうたくんとドンキーが快適に過ごせるように またいろいろ情報を交換してください。よろしくお願いします。

[633] labdonky | メール | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^11: この掲示板にお礼が言いたくて…♪
2008-07-10 21:00
我が家もエコに協力ということで27度に設定しようと思います^^@
一緒に家にいるときに、27度で過ごしてみようかな。
それで、どんな感じなのか試してみることにします!ありがとうございます。

水分摂取量は、あくまで目安だと思いますけど、知っているだけでも心強いです。
ティアラの場合は、ちょっと少なかったみたいでちょっと反省してます。
おしっこを飲んでしまうほど喉が渇いてたのかもしれないっす。
水分量を一気に増やすのは怖いので、少しずつ増やしてみようと思います!

ドンキーちゃんも人間用の粉ミルクが好きだというのを聞いて、
俄然ティアラにも飲ませてあげたくなりました♪♪♪
ふたりとも体重を維持することで、腰への負担も軽くなるでしょう。
ママさんたちの腕の見せ所ですね(¬ー¬)がんばりましょう☆

ゆうたママ、 labdonkyさん、アンケートのご協力ありがとうございます。
写真もとっても可愛らしいです。心から感謝いたします。

[635] アステカ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^12: いまさら質問なんですが~...
2008-07-12 18:05
『噴門が機能していないと、逆流しやすい』という意味は、一度胃に入った物でも食道に逆流することがあるという意味なんですか?
そうだとすれば、私はとんでもない思い違いをしていました。
胃におさまりさえすれば吐出することはない、食道にとどまっているから吐出するのだと思っていました。
ゆうたの場合は固形物は通らないのですが、液状の物でも一度胃に入ると逆流はないようです。
噴門には閉じたまま機能していないタイプと開いたまま機能していないタイプとがあるのでしょうか?
そうならば、ゆうたは閉じたままのタイプになりそうです。
でも普通、胃に入った物は数時間で消化するはずなので、5時間も6時間も経って吐出するということは、早い時間に胃から逆流してきて食道に停留していた物と考えていいのでしょうか?

まだまだ勉強不足ですね!!!
そのうえ、理解力に欠けていて申しわけございましぇん(;´o`)
labdonkyさんもごめんなさいねぇ。
ドンキーちゃん、捨て犬なんかじゃないですものね!
ちょっと考えたらわかりそうなものなのにね~~(・・;)

[636] ゆうたママ
編集 | △

 

 

Re^13: この掲示板にお礼が言いたくて…♪
2008-07-15 22:05
ゆうたママ、こんばんは。
「噴門」に関しては、僕もあまり詳しくないのに適当なことを言って申し訳ありませんでした。
ただ、噴門というのはとても重要な役割をしているようで、食道と胃の出入り口というか、
ドアの役割をしているものと考えていいと思います。
蠕動運動によって、飲食物が食道を通って胃に入るわけですが、
胃の中にはとても強い酸が出ていますよね。それが逆流しないように噴門があるのではと・・・。
最近は調べる時間がないので、正確に答えられなくてごめんなさい。憶測の域をでません。
食道の病気というのは、意外と多いらしく、たとえば、食道アカラジアや、食道裂孔ヘルニア、
食道憩室、逆流性食道炎、巨大食道症、食道癌、食道静脈瘤などなど。
突発性食道拡張症=噴門けいれん症とも言われているようです。

胃捻転などは、噴門(胃の入り口)と幽門(胃の出口)が閉塞するために、
胃液とガスによってお腹が膨れてぐったりするなんて話もありますね。

↑これらに関しては、もっと詳しく調べてから、改めて書かせていただきます。

[638] アステカ | ウェブ
編集 | 返信 | △

 

 

大型犬の犬の食事後の姿勢維持
2008-05-16 21:19
15歳の英国系ゴールデン(32キロ)を飼っているものですが、
老衰と石を喉に詰まらせた事などが原因で巨大食道症に
なってしまいました。

石を喉から取り出した後に、嘔吐がひどく肺炎も併発して
体力も低下して「2、3日の命」と医師からは宣告され帰宅
しましたが、なんとか持ち直しました。

当初、身体を手で起こして食事させ数分維持しておりましたが、
嘔吐がまったく止まらないため、偶然家にあったシェーズロング
というリクライニングソファのフレームに毛布をひいて横に
寝かせて、シェーズロングの台にも角度をつけて、45度の傾斜
姿勢で1時間半寝かせておくようにしたところ、今のところ嘔吐
も止まり体力も回復してきております。

難点は、すぐに居心地が悪くなって姿勢を変えようとする事ですが、
角度を変えてやったり、寝る向きを変えてやって対応しています。

大型犬の場合、姿勢維持だけでも相当介護する方の負担が大きい
ので、なかなか良い方法ではないかと思っております。

[602] Sky Walker
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: 大型犬の犬の食事後の姿勢維持
2008-05-16 21:20
以下のようなソファのクッションをはずして毛布をしいて
横に寝かせて使用しています。

[603] Sky Walker
編集 | △

 

 

Re^2: 大型犬の犬の食事後の姿勢維持
2008-05-16 21:56
Sky Walkerさん、はじめまして。
巨大食道症は小型犬、大型犬関係なく発症する病気ですが
食事の与え方となると、やはり大型犬には辛いものがありますね。
ブログリンクさせていただいている方にも大型の子が多くいます。
みなさん、食後の体勢に関して様々な工夫をされていて関心させられます。
慣れないうちは、わんちゃんもすぐに体勢を変えてしまいがちですが、
根気よく続けることで、我慢するようになり、その体勢がだんだんと楽になっていくはずです。
我が家のティアラも最初の頃は抱っこを嫌がりましたが、
今では抱っこ中は熟睡してくれるようになりました。

写真付きで教えていただきありがとうございます。
リクライニングソファで角度をつけるというのはいいですね!
この掲示板を訪れた人にも参考になると思います。

これからもお互い頑張りましょう。

[604] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

相談させてください
2008-04-25 11:07
こんにちは。

フレンチブルドッグのおこめ(2歳・アンケート32です)について、相談させていただきたく、今回書き込みさせていただきました。

おこめが巨大食道症と診断されてから、もう2年以上経つのですが、
ここまで試行錯誤を繰り返しながら、改善を重ねてきました。
水を飲むと吐きやすいとわかってからは、なるべく水を飲まずに水分が摂取できるよう、
食事を手作り食に変え、しばらくはその形に落ち着いていました。

しかし、去年の秋、椎間板ヘルニアを発症してしまい、下半身麻痺になり、
少しずつよくなってきてはいるものの、まだ現在もリハビリ中です。
ずっと前足で立たせて食べさせ、食後はおんぶ紐で1時間おんぶという生活でしたので、
正直、腰への負担はずっと心配していたのですが…(犬種的にも腰が弱いので)
今は、もう下半身に麻痺がありますので、立たせて食べさせる事もできず、
食後も腰への負担を考えて抱っこやおんぶはしなくなりました。
今は、座らせた状態で、スプーンであげるという形です。
その形でも目立って吐出したりする様子もなかったので、安心していたのですが、
下半身麻痺により、ずっとオムツ生活を続けている事もあり、
尿検査で、結石症のもととなる結晶が見つかり、
食事療法で、専用のドライフードをあげる事になりました。
「ドライフード=水を飲む=吐出が増える」という危険性を考え、
毎回ミルでフードを粉末にし、十分な水を加えてペースト状にしてから、
スプーンであげるという形でなんとか落ち着いたのですが…、
この形が問題なのか、フード自体が問題なのか、
最近、食後もしくは食べている途中で、ゲップと一緒に戻してしまう事が多くなり、
量を減らしたり、急がずにゆっくりのペースであげてみたり、
ちょっとずつ水加減を変えてみたりするのですが、どうもうまくいきません…。
その時によって、食べた量の半分を戻してしまう時や、ほんの少しだけの時など、様々なのですが…。

以前から、食後のゲップを待っていると(背中やお腹をさすって)、
うまくゲップしてくれる時と、ゲップと一緒にあがってきてしまう時があったのは事実ですが、
ここ最近はそれがほぼ毎回なので、非常に心配しております。
これは、何が原因なのか、突き止めて対処法を考えなくてはと焦っているのですが、
皆様の知恵をお貸しいただけないでしょうか。

手作り食から今回の療法食に変える前に、もう1種類別のドライフードも試した時期があり、
その時は、ゲップで戻すという事はあっても今ほどはひどくなかったように思います。

このままでは、誤嚥性肺炎を起こしかねないのではと心配です。
おこめはよく、からえづきをしています。

どんな事でもかまいません。
ご協力宜しくお願い致します。

長文失礼致しました。

[585] えりか | ウェブ
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: 相談させてください
2008-04-26 22:21
えりかさん、お久しぶりです アステカです。
おこめちゃん、椎間板ヘルニアから下半身麻痺になっていたんですね。。。
巨大食道症だけでも大変だというのに・・・えりかさんの辛さもよくわかります。
専用のフードとはウォルサムのフードですか?
ミルでフードを粉末にして水を加えてペースト状にしているとのこと・・・
以前、ティアラも同じようにして与えていました。
流動食を与えている家庭もあるので一概には言えませんが、
ティアラは流動食(ペースト状)のときは逆流することが多かったです。
ゲップをしたときに一緒に出てきてしまうことはよくありました。
同じ巨大食道症の子の飼い主さんからアドバイスをいただいて、
フードをぬるま湯でふやかして与えるようにしたところ、吐出は格段に減りました。
フードの種類によっても食後の症状がまったく違うので、その辺りもチェックしてみましょう。

足腰に負担を与えることは避けなければいけませんが、それでも食後の抱っこは重要だと思います。
抱っことは言わず、えりかさんのひざの上で少しだけでも角度をつけて10分~15分
安静にしておくというのはどうでしょう。。。
下半身麻痺ということで不安もあると思いますが、吐出が続くことによって
誤嚥性肺炎になってしまうのはとても怖いことですよね。

もうすぐ5月だというのに、まだ寒い日が続いています。
からえづきは もしかしたら寒さも影響しているような気がするので
少しでも暖かい状態を保ってあげるのがいいんじゃないかと思います。

おこめちゃんが少しでも早く良くなりますように。
これからもどんなことでも構いませんので経過を教えてくださいね。
一緒に頑張りましょう。

[588] アステカ
編集 | △

 

 

Re^2: 相談させてください
2008-04-30 13:25
>アステカさん

ご無沙汰しておりました。
ご回答、本当にありがとうございます。

最近食道の問題は、ずいぶん落ち着いていたように思えていたので、
白内障やヘルニアの方の心配を優先していたのですが、
やはり、油断はいけませんね。今回身にしみました。

今あげているのはお察しの通り、ウォルサムです。
食物アレルギーもありますので、「低分子プロテインPHコントロール」というものです。
ドライフードで同じようにあげていても、種類が変わるだけで、
戻しやすさにずいぶん差がつくものなのですね。正直驚きました。
ドライフードに変えたばかりの時、ふやかす形であげてみたのですが、
どうも水分量が足りない感じが気になってしまい、(結石症の心配で水分を多くあげたいので)
結局粉末にするという形に辿り着いていました。
しかし、ふやかす方がゲップで戻さないのであれば、もう一度対策を立て直し、試してみようと思います!!
粉末でも、水加減を計りながら、微調整したところ、少し戻しにくくはなったようなので、
やっぱりほんのちょっとの違いでも大きいのだと実感しています。

抱っこについてですが、確かに今の状態で腰への負担は絶対に避けたいところなので、
食後は、しばらくお座りをさせて動かないようにさせています。
ひざをななめに立てて座って、少しの間太ももの上におくこともしていたのですが、
今、私が妊娠中でお腹が大きくなってきてしまいまして。

からえづきしているのは、食べ物がおかしなところに入ってしまったのでは?と
とても心配していたのですが、そういうわけではないのでしょうか。

皆さん、いろいろ創意工夫されていらっしゃるのを拝見し、励みにさせていただいております。
この掲示板の存在は、本当にありがたいです。
今後とも宜しくお願いいたします。

[590] えりか
編集 | △

 

 

Re^3: 相談させてください
2008-05-02 10:00
えりかさん、こんにちは^^@
まずは妊娠中であるとのこと、おめでとうございます!
おこめちゃんのことで大変なところもあるでしょうけど、
元気な赤ちゃんを産んでくださいね <(_ _)>

おこめちゃんが食べているのは「低分子プロテインPHコントロール」でしたか。
キャスパーに皮膚疾患があったときにサンプルをもらって食べさせたことがあります。
「低分子プロテインPHコントロール」は皮膚疾患や消化器疾患の子が食べるフードでしたよね。
ただ、ふやかした状態だとティアラには粒が大きかったような気がして
変更したような記憶があります。幸いキャスパーの皮膚疾患が治ったこともあって
ウォルサムの「セレクトプロテインライト(コッド&ライス)」にして
以来、ずっとそれを食べさせているんです。
やはりこれも皮膚疾患や消化器疾患の子が食べるフードなので、
「低分子プロテインPHコントロール」と大差はなかったような気がします。
「コッド&ライス」のコッドとは鱈のことらしく、魚がメインになっています。
たしかブログで少し触れたことがあるのでそのアドレスを貼っておきます。

http://blog.livedoor.jp/welsh_corgi_pembroke/archives/50779631.html
(ウォルサムに関して)
http://blog.livedoor.jp/welsh_corgi_pembroke/archives/50781982.html
(セレクトプロテインに関して)

水分量はたしかに難しいですね。我が家の場合は、軽量カップ1杯少し切れるぐらいに対して
ぬるま湯を130cc入れてすぐにラップをして30分ほどふやかしています。
(熱湯だとグチャグチャになります。)

前の晩に2食分をふやかしておいて冷蔵庫に閉まって、翌朝レンジで40秒ほどチンして与えています。
(チンしすぎるとグチャグチャになります。)
(時間に余裕があれば、出来立てをあげるのが一番いいですよね^^;)

食前に、お湯と牛乳を混ぜてぬるい状態にしたミルクを少し飲ませて食道を潤わせて
テーブルに両手をついて立った状態で食べ、食後にまたミルクを飲んで
胃に流し込む感じだと思ってください。(ミルクは150ccほど)

あくまでこれは我が家の場合ですが、ペースト状だとなかなか胃に落ちにくいかもしれませんね。
食道壁にまとわりついてスムーズに流れていかないかもです。
分量に関しても、おこめちゃんならもっと少ない量になるでしょう。
何を与えるにしても、とにかく微調整が重要になりますよね(汗)

抱っこに関しては、やはり腰への負担を考えると えりかさんがやっているやり方が最善ですね。
妊娠中でお腹が大きくなってきていることで、ひざを立てて座ることも大変でしょう。
よく、ディスカウントショップなどで座椅子が売ってると思いますが、
あのような椅子を斜め45度ぐらいにして座って、おこめちゃんを股の間に
寝かせるというのもひとつの方法かもしれません。
完全に仰向けの状態にすると、いきなりの吐出のときに誤嚥してしまう可能性があるけど
それこそ おこめちゃんも45度ぐらいになるように座らせれば、お互い楽かもです。
実際に食後に仰向けで安静にしている子もいますから。。。
(これについては 再度言いますが、完全仰向けは誤嚥の恐れがあるので注意が必要です。)

からえづきは、鼻からきているものだと思っていましたが、
胸、もしくは喉の辺りからなのかもしれませんね。もしそうなら
食べたものが途中で停留していて、時間の経過で酸化して炎症を起こしているのかな。
いがいがしている状態なのかもしれませんね。
憶測でものを言っている部分が多いので、病院でも診察してもらってください。

この病気は、口で説明するのがとても難しいと思います。
なので、返信が少なかったりしますが、必ず皆さん見ていますからね!
ティアラもとても頑張ってます!

[593] アステカ
編集 | △

 

 

Re^4: 相談させてください
2008-05-07 17:12
>アステカさん

こんにちは。返信が遅くなり申し訳ございません。
そして、お祝いのお言葉、ありがとうございます。

アステカさんは、これまで本当に熱心に研究されてきているのですね。
心から尊敬し、見習いたいと思ってます。
アステカさんもお忙しい中、本当に親身になってご丁寧にご回答いただきまして、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

貼り付けていただいたURLぜひ拝見させていただきますね。
おこめにウォルサムのPHコントロールの低分子プロテインをものをあげているのは、
食物アレルギーに合わせた結果、肉類や穀類がよくドライフードに使われているものはほとんどあげられないからなのです。

あれからすぐ、ふやかしたものをあげる形を試してみましたが、
ゲップによる吐き戻しは、減ったような変わらないような微妙なところです…。
やっぱり結局は、水加減の問題なのかもしれません。
ふやかしの程度も重要なのかもしれませんね。
ただ、おこめの場合、とにかく水・ミルクなどの液体は、すぐ戻す事は確かなので、
なるべくごはんと一体にした形で水分を取らせたいと思う為、
どうしてもある程度のふやかしが必要なんですよね…。
おこめ自身もよっぽど喉が渇いたり暑かったりしなければ、
水を飲む事を嫌がって、あまり飲まないので。
確かに、アステカさんのおっしゃる通り、ペースト状は、落ちていきにくいのかもしれません。
だからといって、そこでもっと水っぽくしては結局戻してしまいますし、
含ませる水を減らすと今度は、ごはん以外で水分取らせる必要が出てきますし…。
こればっかりは少しずつ微調整してここだっていうラインを見極めるしかないのかもしれませんね。

そうこうしていたら、また膀胱炎をおこしてしまい、(どうしても癖になってしまうようで)
今は病院の指示で、一時的にs/d缶をあげてます。
これにも軽くアレルギー反応が出てるようで、食後多少顔を赤くしてますが、
数日間は結晶をなくす事を最優先して、やむをえず。
これは、ちょっと固めの缶詰ですが、細かくしていつものようにスプーンであげると
ほとんどゲップによる戻しがないので、その点はかなりいいなぁなんて思ってます…。
そのかわり、水分も別でしっかり取らなきゃいけないのに、おこめはほぼ飲もうとしませんが…。

いろいろ頭悩ませる事はありますが、アステカさんのお話も参考にさせていただき、
もっと研究してみようと思います!!貴重な情報、本当にありがとうございます。

抱っこも食後しばらくお座りさせる作戦では、ちょっと調子よくない時や、
おこめが食後すぐ眠くなって、寝ようとしてダメな時なんかは、
自分の太ももを立ててそこに乗せて、少しでも傾斜をつける形をとってみますね。

からえづきは、フレンチブルドッグだけにおこめの鼻ぺちゃによる影響もかなりありそうな気がします。
でもアステカさんのおっしゃるように、もし食道のあたりがイガイガする事によるものであるとも考えられますので、
今度、病院に行った際に相談してみます!!

こうやって相談できる場があるって事、本当に心の支えになりますね。
ありがとうございます。

[596] えりか
編集 | △

 

 

Re^5: 相談させてください
2008-05-11 12:45
えりかさん、こんにちは。
早速ふやかしたものをあげたんですね。おこめちゃんは喜んで食べたかなぁ。。。
与え方を変更したことで、劇的な改善が見られればよかったですが、
そんなに単純なものでもないでしょうから難しいところですよね。
正直、最近のティアラは吐出が続いています。
引越しをして新しい環境になったということが、一種のストレスになって
安定していないのかもしれません。
引っ越す前までは、ほとんど吐出が見られなかったことを考えると
やはり、精神的なものも影響するのかなぁ。。。って頭を抱えたりもしています。

いつも偉そうなことを言っているアステカでありますが、我が家のティアラちゃんも
気を抜くとすぐに状態が悪くなりますから油断はできません。
これから暑くなりますので気温や湿度も気にしながら室温調節するつもりです。

また落ち着いたらブログのほうも再開するつもりなので、
そちらのほうでもいろいろと勉強していきたいと思っています!
暑くなったり寒くなったりと変な天気が続いてますけど
やっぱり天気がいいとティアラちゃんも笑顔です^^@

膀胱炎のほうも大変でしょう。何か力になれることがあったらいいけど。
いつでも声かけてください!!!どこでも跳んでいきますからね!

[597] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

先日はありがとうございました!
2008-03-19 23:48
こんにちわ。
先日こちらで色々教えていただいたバンビです。
おかげさまで症状の悪化は止まりなんとか小康状態を保てています。
相変わらず咳は止まりませんが、薬も5種類から2種類へ落ち着きました。
サプリ類など教えていただいた物全てこのまま続けていきます。
最近はグルカン水とDフラクションも追加しています。
くーさん、アステカさん、元気ワンコさん、MARUさん
本当に助かりました。
どうもありがとうございます。
心から感謝しています。
もし良いものがありましたらまた教えてくださいね♪

[569] バンビ
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: 先日はありがとうございました!
2008-03-21 23:25
バンビさん、咳はまだのようですが、少し落ち着いているようで、良かったですね。
まだまだ、ご心配でしょうが、頑張って下さいネ。
応援しています♪

[570] くー
編集 | △

 

 

Re^2: 先日はありがとうございました!
2008-04-26 21:48
バンビさん、お返事遅くなりました。
症状が落ち着いたようで何よりです。
その後、お変わりありませんでしょうか。
もうすぐ暑い夏がやってきますから、水分の調整には
お互い気をつけましょうね。

[587] アステカ
編集 | 返信 | △

 

 

知恵を貸してください。
2008-02-15 13:50
はじめまして。
先天性の巨大食道症のダックスを飼っています。
4歳までは誤嚥性肺炎を繰り返しながらもあまり他の子と変わらない生活ができました。
5歳くらいから流動食になり6歳半でひどい肺炎を起こして死にかけてから咳がひどく薬を常用しないとすぐ肺炎を起こしかけるようになってしまいました。
そして7歳になり5日位前から薬(抗生剤、気管支拡張剤など)を飲んでいるのに咳が日に日にひどくなっていくので病院に行ったところレントゲンでは肺はきれいなので多分肺の繊維化、硬化がはじまったのでしょうと言われました。
とりあえず薬の種類を変えて様子を見ることになりましたがこのまま硬化が進めば助かる方法はありませんよね・・・
少しでも長く一緒にいたいのでどなたか細胞の老化を遅らたり免疫を上げるサプリメントや食事、薬などどんな事でもいいので知ってる方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

[538] バンビ
編集 | 返信 | ▲

 

 

Re^1: 知恵を貸してください。
2008-02-15 19:42
はじめまして、管理人アステカさんとはアステカさんのブログが始まった頃から、おつきあいさせて頂いております、くーことcoomcooです。
何かしてあげたい!そのお気持、痛いほどわかります。
コレを知ったのは、くーがお星様になってしまってからでしたので、試した事はなかったのですが、私のブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/cooqoocoo/diary/200607180000/ で紹介しました。
体験談のページも記載してあります。
ご参考になればと思いまして。
どうか頑張って下さいね!

[540] くー
編集 | △

 

 

Re^2: 知恵を貸してください。
2008-02-15 21:35
バンビまま、以前は巨大食道症のアンケートに答えていただきありがとうございます。
バンビちゃん、度重なる誤嚥性肺炎も乗り越えてきたんですね。
現在の状況として、レントゲンでは肺は綺麗とのこと・・・
肺の繊維化、硬化 とうい症状を初めて聞きました。
さっきいろいろと検索したのですが、どうもうまくヒットしませんでした。
石綿肺や肺線維症というのはまた違うのでしょうか。。。
それらについて有効なサプリを探しているのですがなかなかでてきません。
くーさんがブログでサプリメントについての記事を書いてくれてますね。
参考にしてみてください(くーさん、いつもありがとうございます)

繊維化・硬化が進行すると対処する方法が限られるようですけど
少しでも遅らせる方法、サプリメントがあればいいですよね。
バンビちゃんにはまだまだ長い生きしてもらわなきゃです!
微力ですが、いろいろと情報を集めてみたいと思います。
バンビままも気を落とされずに バンビちゃんにたくさんの愛情を注いであげましょう。

[543] アステカ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^3: 知恵を貸してください。
2008-02-16 13:55
くーさん、アステカさんお返事ありがとうございます
くーさんのブログ拝見しました。
とても参考になりました。
うちは6匹飼っていてそのうちの6歳のダックスが先日乳ガンが発見され
手術したばかりでもう片方の乳腺にも腫瘍があり来月再手術予定なので
バンビと一緒に教えていただいたサプリを試してみたいと思います。
早速注文しちゃいました♪
あきらめないでいろいろ試して見ようと思います。
貴重なアドバイス本当にありがとうございました!

[544] バンビ
編集 | △

 

 

Re^4: 知恵を貸してください。
2008-02-16 16:57
こんにちは。
我が家にもたくさんのワンコが暮らしてますが、病気持ちや難有りの子も数頭いますので経験談をお話しさせてもらいますね。
参考になるかどうかわかりませんが。。。
スポーツ酸素はご存じですか?
咳が出たり呼吸が苦しいときに酸素吸入ってすごく効果がありますよ。
病院にあるような高性能の機器ではなくても、手に入る物があります。
薬局などで売っている携帯用とかのスプレータイプの酸素缶。(数百円程度)
もう一つは、コンセントにさして酸素を発生するスポーツ酸素発生装置。(2~3万円程度)
こちらは大型家電用品のお店とかで置いてあります。
酸素濃度は医療用ではないのでさほど高くはないですが、呼吸をスムーズに行えるようになります。
お薬ではないですが緊急時には頼りになる優れものです。
プラスチックの衣装ケースを使ったり大きめの水槽を使って酸素室を作り具合が悪いときに入れてあげます。
酸欠気味で顔色の悪い子の血色が数分の内に戻ってきますよ。
色々なときに役立ちますのでよかったら試してみて下さい。

[545] 元気ワンコ
編集 | △

 

 

Re^5: 知恵を貸してください。
2008-02-16 18:33
早速購入されたのですね。^^
保坂さんのワンコさんのように、効き目がある事を祈っています。
そうそう、元気ワンコさんの言われる、酸素、ゴールデンのワンコさんが使っていたのを思い出しました。
そのワンコさんは、かかせなかったそうです。
少しでも呼吸が楽になるようにして欲しいですね。
頑張って下さいネ。

[546] くー
編集 | △

 

 

Re^6: 知恵を貸してください。
2008-02-17 19:52
バンビまま こんばんは!
なんとダックスが6匹ですかぁ(=^_^=)毎日賑やかそうです♪
お世話のほうも大変だとは思いますが、愛情一杯育ててらっしゃるんですね。
くーさんから教えてもらったサプリ、早速注文されたとのこと。。。
薬にしてもサプリにしても、合う合わないがあるだろうし
試してみないとわからないでしょう。でも、何もしないよりは全然いいですよね。

元気ワンコさんが教えてくれたスポーツ酸素も気になるところです!
情報どうもありがとうございました!

またいつでも書き込みしてくださいね!ここは必ず誰かが見ていますから
力になってくれると思います。バンビままも気軽に書き込んでください。
バンビちゃん頑張れ!

[547] アステカ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^7: 知恵を貸してください。
2008-02-22 23:01
元気ママさんお返事ありがとうございました。
返信が遅れて申し訳ありません。
情報ありがとうございます。
とても役立ちそうで本当に嬉しいです。
是非購入して試してみようと思います。
同じような思いをされている方が何人もいて
アドバイスをくださり、とても心強く感謝しています。
またちょこちょこ遊びに来ます。
みなさん本当にありがとうございました。

[550] バンビ
編集 | △

 

 

Re^8: 知恵を貸してください。
2008-02-29 03:31
はじめまして
こちらの掲示板に掲載させていただいてるRe^42のMARUと申します。家のクゥーは巨大食道症・ぶーは肥満細胞腫とゆう癌でした。
クゥーには病院の先生に進められたトランスファーファクターを飲ませてました。ネットで調べたら免疫力がすごく上がるみたいです。オークションでも購入できますよ。それから、ぶーにはアウレオforペットを飲ませてました。これも病院から進められ肝臓の数値が高かったのですが、すぐに半分おちましたよ。ベータグルカンでできているので免疫もあげるし癌にも効果があるとか・・・父も癌だったもので色々な本を見たりネットで調べたりしてました。
それから携帯酸素は何本か用意してるほうが私も良いと思います。
クゥーが自宅で何度か呼吸困難をおこし呼吸が停止したことがあり、
人工呼吸して酸素を吸わせて2度、助かった事があります。
それからは病院に行く時も道中で何かあってはいけないと必需品になってました。
それから肺の繊維化、硬化について動物病院ではないのですが私が通っている呼吸器科の先生にたずねてきました。すでに硬化したり繊維化した肺に有効な薬はないが、今出来てきてる繊維化にはステロイドや免疫抑制剤が効く可能性があるそうです。しかし免疫抑制剤は感染症になりやすいみたいだし、ステロイドも副作用があるとか・・
主治医の先生とよく話し合ってみてください。
今、精神的にも体力的にもお辛いでしょうがバンビちゃんとともに頑張って下さいね。
応援しています!

[553] MARU
編集 | △

 

 

Re^9: 知恵を貸してください。
2008-03-06 21:21
MARUさん はじめまして
お返事が遅くなり大変申し訳ありません。
そして、以前にもアンケートにお答えいただき 重ねてお礼を申し上げます。
クゥー君がお星様になって まだそれほど月日は経ってないですね。
いろいろな思いがあるでしうけど、クゥー君がどれだけ頑張ったかは
MARUさんが一番わかっていると思います。

トランスファーファクター、アウレオforペットの情報ありがとうございます。
このような情報をいただくことで、この掲示板を訪れる人たちへのアドバイスにもなります。

携帯酸素に関しては、我が家ではあまり深く考えてませんでしたが、
呼吸困難に陥ったときのことを考えると、常備しておいたほうがいいなって感じました。

灰の硬化、繊維化について 私のいろいろ調べましたが、有効な治療法を
みつけることはできませんでした。 このような場合、ステロイドを使用することが多いようですが、
やはり副作用が心配になりますね。。。

[555] アステカ | ウェブ
編集 | △

 

 

Re^10: 知恵を貸してください。
2008-03-08 12:19
MARUさんはじめまして。
情報ありがとうございます。
トランスファーファクター、アウレオforペット
どちらもとっても良さそうですね!
またまた早速両方購入してしまいました。
届くのを待って一日も早く始めたいと思います。
主治医とも相談して薬をいろいろ変えてみたりしているのですが
慢性的に咳が止まらなく、少しづつ悪くなっていっています。
でもやはり副作用が怖くてステロイドは使っていません・・
くーさんに教えていただいたプロワンドッグも飲ませていますし
トランスファーファクター、アウレオforペット、酸素も加えれば
なんだかとても心強いです♪
飲ませすぎかもしれませんが一つづつ試している時間がもう無いかも
しれないのでしばらく全部飲ませてみて様子を見たいと思います。
皆さんのアドバイスで本当に助かりました。
どうもありがとうございました!

[556] バンビ

コメント一覧
  1. リンダ より:

    やっぱ、キャスパー君は男の子。ギャルが群がってる
    動画の中でもアステカさんが言ってたけど、キャスパー君が当たり前のようにジャブジャブしてるのに、ビックラこきましたが、これもギャルが見てたからなんだねぇ~ ウップププッ
    ひっさしぶりの、元気なティアラちゃんと、キャスパー君見たから、今夜はぐっすり眠れそうzzz

  2. mikky より:

    アステカさんのブログを見てると、
    東京っていい感じの公園があるのね~っとつくづくうらやましくなります(*^o^*)
    女の子達の「かわいい~♪」攻撃炸裂ですね^^
    りきなら完全にその場でストップして、かわいいでしょアピールしますよ(^-^;
    (さくらも確実に)

  3. shino より:

    なんかドラマに出てきそうなステキ~ンな場所だわ(〃´∀`)
    こんなところで毎日散歩できるワンコも羨ましいし、少し車を走らせれば行けるアステカさんも羨ましい♪
    ギャル共のアイドルになってましたね~!
    この、ハロウィンのクッキーね、実は私も隠してあるので~す。
    ノンにプレゼントしょうと思って^^

  4. くー より:

    あらあら、おじさんになってしまいましたか。^^
    ワンズたち、お水が好きなんですね。
    なんの躊躇もせず、すっと入ったからビックリです。
    ステキな公園があるのですね。
    やっぱり東京は、公園が多いような気がします。
    みなさん、お元気でなにより嬉しいです!
    こういった石鹸は、洗浄力がすこぶるいいですよね。おまけに、しっとりなんて最高じゃないですか!
    ハーブとか入っていそう~。^^

  5. mina より:

    こんなステキな公園でお散歩、楽しそうだな~( ̄∇ ̄+)
    ティアラちゃんの笑顔!!もう嬉しくて楽しくて~って
    お顔してますよね♪キャスパー君もテンション高めで
    二人とも動きが可愛いよォ~(*/∇\*)
    水場でチャポチャポ音を立てながら歩いてる姿が愛らしくて、
    楽しそうに歩き回ってますね!!
    アステカさんもティアラちゃんとキャスパー君の嬉しそうな
    この表情を見たら、ストレスなんて忘れちゃいますよね??
    手作り石けん、私も以前使ってましたよ~。
    侮れないものですよね。月桃が入ったものが人気がありますよ。
    でも、どうしても4コギまとめて洗車するので石鹸で洗うのは
    どうしても時間と泡立てる手間がかかってしまって断念しました…(〒_〒)
    部分洗いなら、使いやすいですよね!!

  6. ピカママ より:

    イチョウのトンネル
    ステキですねー。
    ドラマのワンシーンみたい。
    ホントきれいな公園ですね。
    ワンコともギャルとも仲良くできるティアラちゃんとキャスパーさん。
    さすがです。
    ピカソは人間のギャルは大好きですが、
    ワンコギャルにはなぜか嫌われます。
    おかまだからなのかなー?
    肉球石鹸
    かわいい♪
    一瞬ババロアかと思っちゃった。

  7. リクママ より:

    「っしゃおら~~~」健在ですね♪
    アステカさんは大きな公園よく知ってますね~。
    しかもフットワークがよい!
    元淵江公園も気になっちゃいました・・・
    アステカさんちから近いってことは、我が家も近いかしら。
    後で調べてみよ~っと。
    久しぶりのティアラちゃん&キャスパーくんの動画ですね~♪
    キャスパー君、何の躊躇もなく普通にお水の中入ってるーー。
    お水大丈夫になったのね。
    肉球石鹸よさそうですね~♪

  8. 一度お訪ねした事がありますが、コユパパさんのウェブログコーギーズに入会してアステカさんのブログを見つけて遊びにきました。
    更新してますね!
    ティアラちゃんお元気になったように見えますが?具合はいかがですか?
    今年はいつまでも暖かくてお出かけにはいいですね
    この前お訪ねした時はキャスパー君がトライだと気づきませんでした、お顔だけですとレッドの子のようですね(かわいい)バーディと年もほぼ同じですね!半月くらいキャスパー君の方が上です。
    また、おじゃまいたします

  9. アステカ より:

    ★リンダさん★
    キャスパーは人見知りも犬見知りもしないから
    いろんな人が来てくれますよ!
    ティアラは犬見知り^^;
    お風呂に入ったりするの、あんまり好きじゃなかったんだけど、
    ティアラが喜んで入ってるのを見て
    だんだん風呂場に来るようになりました♪
    だから、これくらい浅いところなら平気なのかな^^
    リンダさん・・・ぐっすり寝ないと疲れとれませんぜぃ☆☆☆

  10. アステカ より:

    ★mikkyさん★
    たしかに東京には素敵な公園がたくさんありますよね^^
    排気ガスが空気を汚染してるから、
    せめて公園ぐらいはちゃんとしてもらわないと♪
    でもね、もっともっと素敵にしてもらいたいと
    欲張りになってるアステカなんですよー^^
    これだけ広かったら少しくらいドッグラン作ってくれてもいいじゃん!
    とかねwかなり図々しいかな(´ー`)
    りき君はアピール上手なんですな!
    キャスパーはあんまりそういうの気にしないみたいw
    ティアラは・・・甘え上手かな♪

  11. アステカ より:

    ★shinoさん★
    なんだっけ?ドラマ。あすなろ白書じゃなくて
    ほら、キムタクとかが出てた・・・
    なんだったかなぁ。石田ひかりもでてたかな。
    なんとなぁくそんなイメージでしたよ♪
    車で1時間かと思ったけど、45分くらいだったみたい。
    それくらいならいつでも行けるしね^^
    この公園は結構気に入りました。
    紅葉が出る頃にもう一度行くかも☆☆☆

  12. アステカ より:

    ★くーさん★
    この子達からしたら立派なおじさんでしょ(≧∇≦)/
    (認めたくないけどwww)
    ティアラは本当に水が好きなんです。
    普通に歩いてて水溜りとかあると黙って入って行きますからね…
    無駄に汚れるとはこのことでしょうか^^
    公園はね、まだまだたくさん素敵なところがありますよー!
    我が家よりももっと都会のほうに行けば
    まだまだ広くて綺麗なところが。
    石鹸はすごくいい感じです。
    ハーブの香りはそんなにしないけど、
    入ってるのかなぁ。

  13. アステカ より:

    ★minaさん★
    いいでしょー!プププε=(>ε<)
    でも、minaさん家の散歩コースもいい感じだもんなぁ。
    その場所によって良さがあるからね^^
    夏だったら俺も裸足になって遊んであげるんだけど、
    この日はもう寒くて寒くてY(>_<、)Y とても一緒に入ってあげる気にはなりませんでしたよw 手作り石鹸minaさんも使ってたの? たしかに、4コギさんを洗うには大変かな^^ 肉球石鹸は手足を洗うにはバッチリだと思いました☆☆☆

  14. アステカ より:

    ★ピカママ★
    んだ!イチョウのトンネル最高でした!
    これからの季節、こういうところを通る度に
    カメラ小僧になってしまいそうですよ( ̄个 ̄)
    カメラは俺の必需品っすw
    ピカソ君、ワンコギャルに嫌われちゃうですか(T_T)
    じゃぁ、ティアラが慰めてあげますよー♪
    いや、おかま同士でキャスパーと仲良くなるか!
    肉球石鹸見たときは、表面がツルツルしてて
    使うのがもったいなかったっす☆☆☆

  15. アステカ より:

    ★リクママ★
    どんなもんじゃぁ~い!って亀田ファンではないけど
    ついつい使っちゃいますw
    大きな公園、知ってるわけではないんですよ。
    当ブログのサイドバーにも載せたけど、
    「公園へ行こう!」っていうサイトで
    いろいろと物色してるんです^-^
    まだまだ行ってないところがたくさんありますよー。
    それに、紅葉が綺麗な公園も多いみたいだから
    これから忙しくなりますわっ☆☆☆
    お水にも慣れてジャブジャブできたし、
    石鹸で綺麗になったし、これでしばらく
    外に連れて行かなくていいかしらw

  16. アステカ より:

    ★バーディまま★
    どもぉ!覚えてますよ!つい最近じゃないですかぁ♪
    ちょっといろいろとあって、久しぶりに更新したんですけどね(。-_-。)
    おかげさまでティアラは元気ですよ♪
    吐くこともほとんどなく、モリモリご飯を食べてます!
    寒くなると病気にも多少影響すると思うので
    用心はしております(´ー`)
    キャスパーは、ペットショップではセーブルって言われたけど
    多分レッドだと思います。というか、勝手にそう思ってますw
    ティアラは純粋なトライカラーっす☆☆☆

  17. バーディまま より:

    失礼しました(^^;)
    逆だと思っておりました。
    キャスパーくん、バーディと同じ女顔?

  18. アステカ より:

    ★バーディまま★
    キャスパーって意外と女顔なのかなぁ^^
    公園でも女の子達にそう言われましたよ!
    まだまだ子供だからかもしれないけど。
    もうすぐ反抗期に入ると思われますw
    気をつけなければ☆☆☆

  19. クロちゃんママ より:

    こんばんは~アステカ様!
    ブログ模様替えで、とっても明るくなりましたね!
    上右端のティアラちゃんとキャスパー君の寝顔が、
    とっても可愛い~!!! 子犬の時ですか?
    とっても広々とした公園でステキですね~!
    キャスパー君、水の中にジャブジャブ入ってたけど
    もう大丈夫になったんですねー。
    女の子ちゃんから「可愛い~」の連呼で、アステカさん
    にまにましてたでしょう? 想像できそうでーす。

  20. アステカ より:

    ★クロちゃんママ★
    こんばんはっ!
    気分転換に変更してみました。
    でも、ちょっと変わりすぎちゃったかなw
    完全に冬モードですよね^^;
    右上の写真は、キャスパーが子供の頃のものです。
    この公園広いでしょ~!
    といっても、全部はまわりきれてないので
    俺もまだわかってないんですけどね♪
    ティアラはあんまり子供が好きじゃないんだけど、
    この日はそんなに嫌がらなかったです。
    機嫌が良かったのかな(* ̄∇ ̄*)

コメントを残す

関連キーワード
巨大食道症の関連記事
おすすめの記事