6日夕方、大阪府堺市中区内の府道で、信号柱が部材の腐食から突然折れる事故が起きた。自転車に乗ったまま信号柱につかまり、信号待ちをしていた16歳の男子高校生が転倒し、打撲などの軽傷を負っている。
大阪府警・堺南署によると、事故が起きたのは6日の午後4時ごろ。堺市中区八田西町2丁目付近の府道交差点で、高さ約3.2mの信号柱が突然根元から折れた。
当時この信号柱には自転車に乗って信号待ちをしていた16歳の男子高校生が片手でつかまり、前後動を繰り返しながらバランスを取っていたという。ところが突然これが折れたため、自転車は転倒。高校生も左足を打撲する軽傷を負った。
信号柱は長さ約3m、直径は10cmのパイプ状の部材を使用している。設置は1981年で、以後は1年毎に専門業者が確認を行っていた。最終の点検は今年6月で「良好」の判断だった。だが事故後に警察が調べたところ、根元部分に酸化腐食(さび)があり、犬の尿によって腐食が進んだ可能性が考えられるとしている。

恐るべし、犬のオシッコo(;△;)o
我が家のキャスパーの場合、足を上げる癖をつけさせないように電信柱には近づかない。他の子の匂いを嗅げないというのは、ちょっと可哀想な気もするけど、部屋の中で足を上げられたら堪ったもんじゃない!実家のパピヨンはバレリーナばりに足を上げて、冷蔵庫やらソファやら、いろんなところにオシッコをひっかけるので、当時はとても悩んだ俺。考えた末、オシッコシートの真ん中をくり抜いて中心に柱を作ってオシッコをさせたものだ。今はホームピックなどで普通に売ってるけど、一番最初に考えたのは俺!うん、間違いない!
電信柱が倒れてはいけないので、オシッコかけるのはやめましょうw

おすすめの記事