先日、ある番組で「逆流性食道炎」の特集をやっていた。残念ながら犬ではなく人間の番組なんだけどね。でも、巨大食道症にまったく関係ないということもないだろうから、ここに記しておくことにする。みなさんは大丈夫ですかー!少しでも胸やけがあるという人はチェックしてみてください!テレビを見ながら打ち込んだ内容なので、箇条書きであったり、文のつながりが悪いところは時間があるときに調整しまぷ…


逆流性食道炎とは…胃酸が逆流して食道を溶かしてしまう病気で、アメリカでは急増推定1900万人がかかっている。この病気が食道癌の引き金となり年間およそ14000人が命を落としているとのこと。日本でも4~5年前から倍々で増えている。
危険度チェック
・暴飲暴食をする機会が多い。
・早食いだ。
・食後、すぐに横になる。
・猫背である。
・昔に比べてお腹が出た。
この中で1つでも当てはまる人は食道炎の注意が必要!
奥さん大丈夫?!
胃酸は身体の中で最も酸性の強い消化液で、pH(ペーハー)でいうと、
1~2。化学薬品に例えるなら強塩酸
0酸性~~~7中性~~~14アルカリ性
胃酸と同じ強さの塩酸にアルミ板を入れると、15分で激しく溶け出す。
胃酸は、食べたものを溶かしたり、有害な菌を殺菌したりしている。
胃は特別な粘液によって保護されているから大丈夫なのだ。
胃酸は食事の匂い味の刺激、胃の反射でコントロールされている。
胃酸の分泌量は1日に2リットル以上にもなると言われいている。
日本で逆流性食道炎患者が急増している理由に…欧米型の食生活がある。肉や脂っこい食べ物は胃酸の分泌を活発にし、逆流を起こしやすくさせるのである。アルコール摂取や喫煙も胃酸の逆流を促進させる。
何らかの原因で噴門が緩くなると逆流しやすくなる。
胃から食道に戻りやすくなると逆流性食道炎になりやすくなる。
妊婦や経産婦の人も腹圧が非常にかかるため噴門の締りが悪い。
男性の肥満、内臓の中に脂肪がたくさんあると腹圧が高くなるから
逆流性食道炎になりやすい。
噴門を緩める原因になるのは腹圧の上昇。
胃の中の圧力が高くなると噴門をしたから押し広げる。
猫背、肥満、前かがみ姿勢は胃酸逆流の引き金になるので要注意。
食べたあとに横になるときは、左下のほうが戻りにくい。胃の構造上。
いずれにしても食後すぐには横にならないほうがいい。
牛は意外と食べたものを逆流させるが、胃袋が4つあって一つ目の胃にはほとんど胃酸がないから逆流性食道炎になりにくい。
逆流性食道炎の症状・・・
例として・・・激しい咳、喘息のような咳。
肺の病気を疑って病院に行ったところ、逆流性食道炎と言われた。
胃のもたれ感。みぞおちから胸にかけての胸やけの症状に似ている。
胃が荒れてるだけだと思っていた。。。。。
原因はストレスにあったと診断。。。。。
背中が痛んだ。食道というのは心臓よりも背中側にある。
胸やけの原因は逆流性食道炎の可能性あり
放っておくとバレット食道が起きやすい。結果、食道癌ができやすい。
炎症が続いた食道には変化が起こる。↑
バレット食道とは…炎症をおこした食道の細胞が胃の粘膜に似た細胞に変化したもの。バレット食道には要注意。
バレット化した食道の細胞は正常な細胞に比べ不安定食道がを引き起こす可能性が高い。アメリカでは食道癌患者年間16000人
アメリカでは約50%以上がバレット食道からの食道癌との報告もある。
バレット食道になってしまうと正常な食道に戻ることはない。
いつ発症するかわからない恐怖に怯えながら生活しなければならない。
逆流性食道炎になってしまったら、食生活を改善するのが一番である。
薬の治療はかなり有効である。
胸やけ・・・胃酸の分泌が活発になり逆流した食道が炎症を起こしている状態。
胃もたれ・・・胃酸の分泌が少なく消化不良を起こしている状態で胸やけとは正反対。
胃薬の中には両方に効果があると書いてあるものもあるが
胸やけ⇒胃酸の分泌を抑える薬
胃もたれ⇒胃酸の分泌を促す薬
症状がある場合は医師に相談して適切な処置をすることを勧める。
炭酸は胃の粘膜を刺激するので食べ始めるときに少し飲むにはいい。
えだまめは繊維質が多いので胃への負担が大きい。
温度の変化に粘膜は弱い!!!!!!!!!!!!!!!
逆流性食道炎の人が控えたほうがいい食べ物。
脂っこいもの・消化するために胃酸を大量に分泌するため長時間胃の中に滞在し逆流を促す
あまいもの・糖分を消化するためには多量の胃酸が必要。
チョコレート・ココアに含まれている成分「テオブロミン」は噴門の括約筋を緩めると言われている。
あついもの・食道を直接傷つけてしまう。
アルコール・たばこは噴門を緩め、胃酸も多量に分泌させる。
ガムを噛むということは唾液がたくさんでて、胃酸を薄める働きもある。
弱アルカリ性だから胃酸を中和してくれる。
胃酸を抑える食品
粘膜の保護、胃酸の分泌を抑制する。(牛乳のタンパク質や卵)
豆腐には炎症を緩和する効果
大根
良質な牛乳のタンパク質や卵は粘膜を保護し、胃酸の分泌を抑制する
豆腐には炎症を緩和する効果。大根消化の促進。キャベツのビタミンU胃酸の分泌を抑える働き
粘膜を強化してくれる山芋。

おすすめの記事