最近キャスパーの口臭がちょっと気になるんだけど、これってもしかして歯周病かなぁ。定期的に歯石取りをすることで予防になってると思ったのに…。歯茎が若干赤くなってるからまず間違いないだろう。といっても、まだ初期段階だと思うので早めに対処しようと思う。まず、いろいろ調べてわかったことは…犬の場合はほとんどが歯周病なんだって。歯周病には歯肉炎と歯周炎があって、歯肉(歯茎?)が炎症を起こしてしまった場合は歯肉炎で、歯肉以外の歯根を被っているセメント質や歯根膜、歯を支えている歯槽骨が炎症を起こしてしまった場合が歯周炎にあたるらしい。3歳になると8割以上の犬猫が、どちらかに冒されているとのこと…。
では、歯周病はどうして起きてしまうのかというと…。唾液中のネバネバした物質が歯垢の原因で、その中の細菌が歯の表面や歯茎のところで繁殖して炎症を誘発しているというのだ。歯垢は唾液中の石灰分を吸収しやすいことから、瞬く間に歯石へと進化していくのだとか。歯石を長い間放置すればするほど歯周病になりやすいということだ。
治療方法としては…抗生物質や薬による治療もあるにはあるらしいけど、効果はあまり期待できないとか。やはり基本はスケーラーなどで歯石を取ってあげること。それだけでなく、歯肉も中を綺麗に洗浄して炎症を抑える抗生物質の軟膏を入れてあげる。すると、歯根膜の再生も手伝ってポケットになっていた部分がだんだんくっついて強い歯肉に戻るんだって!肝心なのはポケットの中をしっかり治療すること。ということは…定期的な歯石取りだけじゃなくて、歯ブラシで磨いてあげないといけないなぁ。
そういえば、10月1日にライオンから「うちの子想い ペットキッス 植物性ツイスティ」が発売されるとか。これは歯周病や口臭予防に対する注目が高まっていることを受けて、オーラルケアグッズシリーズの新製品として発売することになったとのこと。原材料には米と大豆を使用することで低脂肪に抑えて、歯垢除去に食物繊維、さわやかな息にクロロフィルとパセリ、ペパーミントを配合したそうな^^@ そのうえ味はバニラ風味だというから、味わいながらお口の中を清潔にするという、まさに一石二鳥のガムなのかな?あくまで嗜好品なので劇的な回復を期待してはいけないのかもしれないけどね。とりあえず赤ちゃん用の歯ブラシを買ってこよう!

おすすめの記事