いやだねぇ・・・
(キャ「ねぇねぇ…僕が誘拐されたら4000万円払ってくれる?」
(俺「あ、あた、あたた、あたたたた、当たり前じゃないかぁ…」
先日、南米コロンビアの首都ボゴタで、お金持ち夫婦の愛犬アルド君(シェパード)が誘拐される事件があったそうな。犯行グループは身代金35万ドル(およそ4000万円)を要求…(汗) 支払わなければアルド君の脚を切断すると脅したうえ、鎖で縛った状態の写真を飼い主に送りつけてきた。後日、身代金の受け渡し場所に犯人が現れたところを、捜査員が銃撃の末に拘束したのである…。なんとも恐ろしい事件だね…(ー.ー")
「犬の誘拐かよー!」って呆れる人もいるのかもしれないけど、愛犬家にとって、我が子同然に可愛がっている犬が誘拐されることは、身を引き裂かれる以上の苦痛であり、苦悩なのである。アルド君は無事に保護されたけど、犬の誘拐事件ということで、罪もそんなに重くないんじゃないかなぁ。もちろん、それをわかったうえでの犯行なのだろうけど、卑怯極まりないね…。我が子が誘拐されることなんて考えたくもないけど、もしも誘拐されて身代金4000万円なんて要求されたら…払えない…(¬ー¬)
守ってね♪
(ティ「払えないなら私たちのことをしっかり守ってよね~♪」
(俺「はい!何があってもティアラとキャスパーを守ります!」

おすすめの記事